但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

加藤文太郎山の会

2014年12月14日 (日)

2014 加藤文太郎山の会忘年会

但馬山友会の納会は11月16日に行われましたが、所属するもう一つの山の会、「加藤文太郎山(さん)の会」の忘年会に参加してきました。

忘年会に先だって浜坂県民サンビーチにの清掃活動が行われました。
私は参加できませんでしたが、他に登山道の整備など地域保全活動にも力を入れています。
豊岡市日高町に住む私は浜坂駅まで行き帰りは電車を利用しましたが、片道1時間半の小旅気分が楽しめます。
鎧駅から               地上40mの餘部橋梁から
20141213_163442_2 20141213_163818
会場は○○水産経営のレストラン、海辺のご馳走が並びます。
加藤文太郎山の会の会員は110人、忘年会出席は35人、3分の一の参加です。
田中会長の挨拶で、8月の「南アルプス白峰三山縦走」 、「10月の神戸~浜坂間のリレー縦走」のほか一年の活動が報告されました。
乾杯は昨年制定された条例に基づいて、日本酒が予め紙コップに注がれています。
(新温泉町条例33号 → 「130926nihonsyuzyourei.pdf」をダウンロード )

 
乾杯は日本酒で           海の幸がずらり
20141213_1709390 20141213_170250
開会に先だっておじさまバンドに合わせて会のテーマソング加藤文太郎の歌を皆で歌います。
おじさんバンドとおばさんコーラスにあわせてテーマソング
20141213_171521 20141213_171443
リピート山中 「孤高の人よ~加藤文太郎の歌」
 
会食では、北岳・間ノ岳・農鳥岳の3,000m級の稜線歩きの感動、初日9時間、二日目10時間のハードな行程と山小屋話で盛り上がりました。
厳しかった分だけ思い出も深く、話が弾むのでしょう。
夏の縦走や忘年会参加もこれで3年連続となり、顔見知りの方々が多く、いろいろ声をかけていただきました。
総体的に夏の「南アルプス白峰三山縦走」はハード過ぎたという意見が多く、次回の山行に生かされるものと思われます。
 

2014年8月28日 (木)

南アルプス白峰三山縦走 Ⅲ

体力が要求される高くて厳しくて長い山歩きにいつも思うことですが、もっと若くもっと体力のあるときに山に親しんでおけばよかったと。
私の学生時代は、当時はこんな言葉はありませんでしたが、いわゆる3Kに代表される山岳部に替わって「ワンダーフォーゲル部」が人気を集めていました。
入部はしませんでしたが、山歩きを楽しみ、先輩後輩も平等に仕事を分担し、火を囲みながら歌やゲームを楽しむなどなど、女性部員が多かったのが印象的でした。

60歳を機に始めた山登りですが、遅く始めたぶんよかったと思うこともあります。
負け惜しみに聞こえるかも知れませんが、極めたピークの数や所要時間・コース難度を競うのではなく、「森の息吹を感じ、花を愛で、四方の景色を楽しみ、人と親しむ」ことの意味が分かるようになったことです。
講釈はさておき、白峰三山縦走で森は言うに及ばず森林限界や岩稜帯などのあちこちで 私達を励まし?癒してくれた花たちを紹介してます。
(それらしき名を入れておきましたが、南アルプスははじめてなので不明なものが多いことをお許しください=間違いがあればコメントして頂ければ助かります)

(写真はすべてクリックで拡大され、閉じるボタン×で戻ります)
ミヤマシャジン            キツリフネ
P8220040 P8220043
シシウド               アキノキリンソウ
P8220044 P8220052
ヤマハハコ              ミヤマトリカブト
P8220054 P8220058
センジュガンピ            オンタデ           
P8220060 P8230358
クガイソウ              タカネナデシコ
P8220068 P8220214
タカネグンナイフウロ       ナナカマド実
P8220077 P8230387
○○ショウマ            ヤマホトトギス
P8220101 P8230390
チャルメルソウ            ミヤマキンポウゲ
P8220115 P8220120
ミヤマカラマツ            ミネウスユキソウ           
P8220123 P8220148
キバナノコマノツメ?         イワツメクサ
P8220178 P8220184
ミヤマムラサキ           シナノキンバイ
P8220187 P8220198
イワベンケイ             トウヤクリンドウ
P8220199 P8220202
ジャコウソウ                             ウサギギク
P8220206 P8230364_2
ヤマコゴメグサ           ハクサンイチゲ
P8220209 P8220210
タカネコウリンカ          タテヤマリンドウ
P8220213 P8230376
ヨツバシオガマ           イワヒゲ
P8230360 P8230362
イワギキョウ            チングルマ(穂)
P8220260 P8230355            
ハクサンフウロ           フシグロセンノウ
P8230383 P8240465
ゴゼンタチバナ            お花畑
P8230372_2 P8220220

 

2014年8月27日 (水)

南アルプス白峰三山縦走 Ⅱ

北岳登頂の満足感と疲れで布団一枚に2人もさほど苦にならず、ぐっすり寝込んで目を覚ますと4時でした。
朝食時の予報では朝のうちは霧雨だが、その後回復に向かうとのことです。
ガスの中の出発           小屋前で記念撮影
P8230291 P8230294_2
北岳山荘出発が6時30分、まず南方向に間ノ岳へ、西農鳥岳を経由し農鳥岳へと3,000m級の稜線歩きが始まります。
三山縦走のあとは、大門沢下降点から大門沢小屋まで標高差約1,300mのハードな下りが待ち構えています。
カッパ着用で出発          続く露岩帯
P8230298 P8230295
時折ガスが消える          後ろに北岳
P8230302_2 P8230308
小屋を出発して約1時間40分、標準タイムで間ノ岳に到着しました。
奧穂高岳と並ぶ日本第3位の高峰で日本百名山の一つでもあり、北岳山荘に荷物をデポして、空荷でピストンする登山者も見られます。
間ノ岳山頂3,180m        6班の精鋭6人
P8230317 P8230321
ハイマツ帯を行く           知る人ぞ知る農鳥小屋
P8230328 P8230325
西農鳥岳山頂3,051m      連続する岩場
P8230329 P8230332
最後の長い登り           農鳥岳山頂3,026m
P8230336 P8230347
豪快な稜線歩きの魅力の一つは南アルプスはもちろん八ヶ岳・富士山・中央アルプスの眺めですが、雨は止んだもののガスがかかっていてほとんど展望はききません。
縦走の終点農鳥岳から少しくだって、大門沢下降点からハイマツ帯と樹林帯の急な下りが連続します。
大門沢分岐             急な下りの始まり
P8230368 P8230373
沢渡りも一苦労           大門沢小屋到着
P8230393_2 P8230395
4時前から雨も降り出し、1,700mにある大門沢小屋を目指し標高差1,300mをひたすら下りますが、2日目となると膝のねばりがなくなって結構ダメージとなります。
天候も悪く辺りも薄暗くなった17時前についに大門沢小屋到着です。
休憩を頻繁に取ったこともありますが、6時半に北岳山荘を出てから約10時間の行程は私が経験した中で最長でした。
貫禄の玄関             土間に板張りの天国
P8240405 P8240419
軒下の売店             冷蔵は沢の水で
P8240401 P8240404
大門沢小屋は見るからに歴史を感じさせ、昭和40年竣工以来懐の深い南アルプスの接続ポイントとして貴重な山小屋といわれます。(収容人員100人)
過去3度の縦走で会が経験したどの小屋より素朴で、必要なものの最小限を備えた山小屋の原点という感じがしました。
携帯が通じない・トイレは屋外で灯りや紙がない・シャワー場に着替えスペースがない・冷えたビールが無くなったなど当てが外れた利用客の不満にも小屋の主人は無視したり、淡々と応じています。
「山小屋として必要不可欠なものは揃えている」とでもいうがごとく、近年幅をきかせる中高年や山ガールなんかには媚びるものかとも思わせる姿勢には共感させられました。

真ん中の土間をはさんで左右に板張りの上がりがあり、ここでも敷布団一枚に毛布が3枚で2人が寝ることになります。

北岳山荘と一緒ですが、どうやら少し幅が狭いようで、とうとう足と頭を互い違いにして寝る羽目になり、建て付けの悪い木製窓からのすきま風とともに初体験でした。
小屋から見る朝富士        記念撮影      
P8240413 P8240422
昨夜の雨も朝にはすっかり上がり、天候は曇りとのこと。
ここから1,000mを沢沿いに4時間の下りが待っています。
山歩きも3日目となると疲れもピークになりますが、奈良田まで下ると温泉と食事とビールが待っていることで不思議に元気が湧いてきます。
沢渡り                岩場越え
P8240427_2 P8240442
ロープが頼り             ハシゴ場も
P8240434_3 P8240443_2

小屋を出たのが6時、沢にかかる幾つかの丸木橋を渡りハシゴも越えて進むとやがて広葉樹林帯に出ると少し傾斜が緩くなります。
歩くこと3時間半、奈良田のバス停でチャーターバスと合流し、3日間の長い山行も終わりました。
 
入浴後の昼食風景
 
P8240470 北アルプスや八ヶ岳と比べて懐が広くアプローチが長いとは聞いていましたが、身をもって体験することで理解できました。
併せて自分の体力の限界を知ることになり、登りたい山と登れる山とは同じでないこともあらためて知らされました。
経験豊富で気配りの行き届いた役員さんと気心の知れた仲間達のおかげで、憬れの南アルプス白峰三山縦走を無事終えることができました。

苦しい登りや下りのしんどさを和らげてくれた高山植物たちは
別にまとめて紹介します。
   

2014年8月26日 (火)

南アルプス白峰三山縦走 Ⅰ

3,000m級が連なる南アルプスで日本第2位の高峰北岳3,193m、第3位の間ノ岳3,190mと農鳥岳3,026mを白峰三山と呼び、スケールの大きい稜線歩きと富士山を始め周囲の山々の眺望や多彩な高山植物が楽しめます。
(第4位とされていた間ノ岳は、新たな計測で、奧穂高岳と同じ3,190mとされ、3位タイとなりました)

主催は加藤文太郎山の会、昨年は白馬岳縦走、一昨年はで常念山脈縦走で、今年で3回を数えます。
「加藤文太郎山(さん)の会」は、新温泉町浜坂出身の不撓不屈の岳人加藤文太郎を尊敬し、その足跡を広めようと活動を続ける熱心な方々の集まりです。
今回は山と加藤文太郎を愛する有志も加わって、総勢33人のメンバーでした。

21日(木)夜但馬を出発し、22日(金)は広河原登山口から北岳に登り北岳山荘に宿泊。
23日(土)は間ノ岳・農鳥岳を縦走し、1,710mまで下って大門沢小屋で泊まり、翌24日(日)に奈良田まで下ってバスと合流、温泉と食事のあと帰但する車中一泊、山小屋2泊の高齢者にとってハードな行程です。
(写真はすべてクリックで拡大され、閉じるボタン×で戻ります)

広河原インフォメーションC    登山スタート
P8220020 P8220025
最初は林間歩き          大樺沢を登る(荷揚げのヘリも)
P8220033 P8220080
天候は晴れ時々曇り、抜けるような青空に時折雲が流れ、登る途中で振り返ると北や東方向の眺めが抜群で随分元気づけられました。
二俣で大休憩            雪渓横の登り        
P8220086 P8220094_2
登り始めて一人が足のけいれんが出てリーダーとサブリーダーがフォロー、続いて高山病の症状が出る人も。
広河原から北岳までの高度差は1,700mで、南アルプスの厳しさを知らされることになりました。
遅れた人に気を遣い全体としてペースダウンしながら、八本歯のコルまでの長い登りを6時間かけて到着しました。
鳳凰三山              遠くに南八ヶ岳の峰々
P8220103 P8220109
八本歯のコルまでの後半はハシゴ場の連続
P8220129_3 P8220133_2
三点確保でハシゴ登り 有名な北岳バッドレスを望む
P8220138 P8220140
6時間かけて八本歯のコル到着  昼食休憩
P8220151 P8220161
左奧は南八ヶ岳、中央から鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳)
P8220157_3
富士山も顔を出す         山頂までさらに2時間の登り
P8220188 P8220193_3
きつい露岩帯            にぎあう北岳山頂3,193m
P8220169_3 P8220234_2
雲がかかる甲斐駒ヶ岳      地蔵岳山頂のオベリスク
P8220239_2 P8220243
南アの女王 仙丈ヶ岳       間ノ岳までの稜線
P8220240 P8220248
一時はどうなることかと心配された組も周りのサポートもあって、少し遅れたくらいで無事到着し、全員が北岳登頂を果たしました。

何もなくとも厳しいのに、体のトラブルを抱えながらもよく頑張りました。
経験豊富で冷静なリーダー達と気の合った仲間にに支えられて頑張るグループ登山のすばらしさですね。
山荘への下り            北岳山荘2,900m
P8220257 P8220249
北岳山荘から富士を望む     富士に架かる虹
P8220274 P8220276
北岳山荘               豊富なメニュー
P8230283 P8230284
下りに見られるお花畑を楽しむ余裕もなく、山荘到着が1時間遅れの16時半、朝7時前の出発から9時間を超す長丁場でした。
北岳山荘は07年に亡くなった建築家黒川紀章氏の設計で、機能本位で無骨な山小屋としては珍しくモダンな建物です。
山荘もハイシーズンで登山客が多く、金曜日でも布団一枚に二人が寝ることになりました。
消灯は8時、疲れはあるものの登頂の満足感ですぐに寝つきました。
 
居室は窓から真正面に富士山が見える位置なので、お天気がよければご来光が見えること間違いないのですが、夜から朝にかけて曇りか雨の予報のようです。   

2014年5月14日 (水)

2014加藤文太郎山の会 白峰三山縦走

加藤文太郎山(さん)の会」の遠征登山が決まり、案内が届きました。
  Photo_2

一昨年は常念山脈縦走、昨年は白馬縦走で、今年は北岳・間ノ岳・農鳥岳の白峰三山縦走です。
北岳は富士山に続く第二の高峰(3,193m) 、間ノ岳は4月に奧穂高岳と並んで第三の高峰(3,190m)として格上げされたばかり、農鳥岳(3,026m)までを縦走します。
案内には「レベル=健脚向き、3,000m級の稜線を歩くので、相応の装備と体力が必要」と書かれています。
たまたま、案内が届いた月曜にNHK日本百名山選で、北岳から間ノ岳まで3,000mの縦走を放送していました。
初日の北岳は広川原登山口(1,490m)から標高差1,700mを登ることになり、ハシゴ場が連続するタフなコースでした。

北アルプスを中心に・中央アルプス・八ヶ岳も少し経験がありますが、南アルプスの山は初体験、富士山に次ぐ二・三位の高峰登山に気合いが入ります。
早速予約のメールを入れましたが、8月はじめには但馬山友会で北八ヶ岳の主峰・赤岳(2,992m)の計画があり、12日にぎっくり腰を患い大峰山をドタキャンして迷惑をおかけしたばかりなので、本腰を入れて体力をつけておくつもりです。
 

2014年1月23日 (木)

加藤文太郎 記念マフラータオル

注文していた加藤文太郎記念グッズのマフラータオルが届きました。
P1240011_2
前回はTシャツ
Photo_2 但馬浜坂出身で不撓不屈の岳人加藤文太郎を顕彰し、その偉業を町内外に情報発信する会として「加藤文太郎山(さん)の会」が活動していて、私も三年前から入れていただきました。

同町には加藤文太郎記念図書館があり、資料室は文太郎ファンの「聖地」として知られています。
訪れたファンから「記念グッズを!」の声もあって会が制作したもので、濃紺は但馬の日本海を、山々に降る雪の白で「Buntaro Kato」と表記してあります。

①仕様   綿100パーセント 20㎝×110㎝
        濃紺字に白抜きで「Buntaro Kato」の文字を印刷
        揮毫 西川葉峯さん(加藤文太郎山の会会員)
②製作枚数 300枚            
③通常販売 価格 1,500円(税込)   
        販売窓口 加藤文太郎記念図書館
            669-6702 美方郡新温泉町浜坂842-2
                ℡ 0796-82-5251 Fax 0796-82-5250


別に神鍋マラソンの参加賞としていただいたものを持っていますが、普通のタオルと違い丈も長く肌触りもよいので、登山・ランニングやレジャーなどに重宝しています。

 

2013年12月15日 (日)

2013 加藤文太郎山の会忘年会

新温泉町浜坂は加藤文太郎の出身地、同町を中心に「加藤文太郎山(さん)の会」がつくられ、加藤文太郎の顕彰活動を実施されています。
私も加藤文太郎の足跡を訪ねる北アルプス遠征登山を契機に入れていただきましたが、山登りだけでなく、地区の登山道の整備や清掃など地域保全活動も実施されています。
15日(日)には城山登山口周辺の草刈りやサンビーチのゴミ拾いのあと、恒例の忘年会が行われました。
登山道周辺草刈り       サンビーチゴミ拾い
Dsc03050_2 Dsc03068_5

行きは浜坂まで電車で約1時間半、臨時列車「山陰海岸ジオライナー」で、白波が立つ荒海を眺めながらの一人旅です。
Iv 
                (山陰観光連盟のHPより) 
列車は海岸沿いの風景を車体にラッピングしてあって、切浜海岸の「淀の洞門」や「余部鉄橋」など山陰海岸ジオパークポイントのPR放送も行われます。
来年2月23日までの土曜・日曜・祝日 のみ運転の臨時快速列車ですが、PR不足からか乗客はまばらでした。

忘年会の出席者は30名、過去2回の遠征登山で顔見知りの方々が多く、いろいろ声をかけていただきました。
Dsc03076 Dsc03073_2  
話題の中心は今年の白馬岳縦走で、マイブログの「北アルプス白馬岳紀行」もよくできていると誉めていただきました。 (*^_^*) 
来年の夏山企画は未定でしたが、加藤文太郎が浜坂に帰省した時歩いた「神戸から兵庫の山々を北に縦走し浜坂に至る100km超の道」を会員のリレーで歩くという企画が発表されました。

海の幸が盛られた料理と楽しい会話で美味しいお酒もどんどん進み、和気藹々の雰囲気のなか帰りの電車の時間が迫り途中で失礼しました。
「私がこの会で活動するのはただただ皆と美味しいお酒を飲みたいがためである」はある方のご挨拶でしたが、全く意を同じくする私でした。
  

2013年9月 2日 (月)

北アルプス白馬岳紀行 Ⅴ 高山植物②

大池から雷鳥坂を登り、小蓮華山から三国境までの尾根歩きは高山植物が見られたのでしょうが、強風と寒さでそれどころではなく、期待していたウルップソウも見落としました。
お花畑               トウヤクリンドウ
20130825_075411 20130824_125011_2
ミヤマホツツジ           ○○ショウマ
20130824_140504_2 20130825_075429
ハクサンフウロ           イワギキョウ
20130825_083139 20130825_080152
クルマユリ              ミヤマシシウド
20130825_080248 20130825_080452
イワツメグサ            タカネナデシコ
20130825_083027 20130825_081227_2
ヨツバシオガマ           ムカゴトラノオ
20130825_084026 20130825_091021
イワオウギ              ウサギギク
20130825_112809 20130825_084809
キヌガサソウ             キヌガサソウ       
20130825_120919 20130825_120931_3
団体行動でのんびり写真を撮っている時間はないのですが、6班に分けた最後尾にしていただいたので、遅れ気味ながらも写真を撮ることができました。
コンデジの電池切れで携帯に換えたりして、写真が不鮮明なのをお許しください。
なお勝手に名前を振りましたが、不明のものもあるので併せてご指導をお願いします。
  

北アルプス白馬岳紀行 Ⅴ 高山植物①

白馬岳の魅力の一つに高山植物があり、とくにお花畑には群生が見られます。
とくにミヤマトリカブトの紫が目立ちました。
シシウド                ミヤマトリカブト
P8240026 P8240033
イワオトギリ             ヤマハハコ
P8240176_2 P8240172
松の実                ミヤマダイコンソウ
P8240088 P8240094
オタカラコウ             テガタチドリ
P8240047_2 P8240057
ゴゼンタチバナ           ミヤマカラマツ
P8240064 P8240105
チングルマ             チングルマ(花後)
P8240113_2 P8240177_3
アキノキリンソウ          ジムカデ
P8240173 P8240120
オニアザミ              キイチゴ
P8240137 P8240140
ナナカマド              サンカヨウ(実)
P8240138 P8240050_2
ハイマツ               コイワカガミ
P8240152_2 P8240117_2
イワショウブ
P8240085_2

  

2013年9月 1日 (日)

北アルプス白馬岳紀行 Ⅳ

1時間ほど山頂で眺望を楽しみ記念撮影も終え、7時過ぎに村営白馬岳頂上山荘を経由し杓子岳・白馬鑓ヶ岳を正面に見ながらひたすら東へ下ります。
あちこちにお花畑や小雪渓が見られるのと、通行が解除された大雪渓からの登山者とすれ違うようになりました。
山頂2,932mから猿倉登山口まで標高差1,700mの下りで、大雪渓では落石に注意しながらアイゼンを付けて降ります。
予定どおりなら昨日登っていたコースですが、下りも岩場・ガレ場が多く注意して下ります。
猿倉登山口へ下山開始
20130825_074558 20130825_075644
高山植物 お花畑
20130825_075411 20130825_080028
沢を渡り              大雪渓へ
20130825_091414_2 20130825_090327 
アイゼン装着            登りと下りの登山者
20130825_094021 20130825_095826
雪国育ちのテクニック?     大雪渓入り口のケルン
20130825_100226 20130825_111535
白馬尻小屋             大雪渓をバックにテラスで休憩
20130825_120030 20130825_120629
大雪渓入り口となる白馬尻小屋到着が12時前、4時間半の下りはなかなかハードでした。
猿倉までは1時間弱、急な下りもなく足元もよいとあって、小屋での昼食時に生ビールで乾杯が目立ちました。
小屋の回りも花が多く、近くで咲いていたキヌガサソウがとくに見事でした。
(白馬で出会った高山植物については、別にまとめてアップします)
白馬ハイランドホテルより五輪ジャンプ台や白馬を望む
20130825_154533_2 
猿倉でバスと合流し、白馬ハイランドホテルで2日間の汗を流し、夕食兼慰労会はバイキング料理で盛り上がりました。
1日目の大池から白馬岳への途中では、天候次第で大池まで引き返すことも考えたそうですが、事故や故障もなく全員が無事に全行程を終えられたことは、34名のチーム登山としてなにより喜ばしいことです。
豊富な経験を持つリーダーの皆さんと町の誇りである加藤文太郎を敬い、山を愛する仲間のチームワークのたまものですね。
不撓不屈の岳人加藤文太郎の歌 <音が出ます(4分37秒)>

この後バスは夜通し但馬へ、2日間の疲れと達成感で車中でもぐっすり休みました。
憧れの白馬岳の縦走で大雪渓と高山植物・絶景を堪能できたことで、伊佐屋爺じの夏物語第3弾を終え、来週末からチームF1Bによる花の山白山2,702mに挑みます。
 

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ