但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

お天気・気象

2015年5月23日 (土)

水平な虹

今朝の朝日新聞但馬版「虹いろいろ」の記事に豊岡市内で昼前に現れた珍しい虹を載せていました。
実は私も伊佐屋菜園で作業中見て、携帯のカメラで納めています。

環水平アーク
20150522_105604_5
記事によると「氷の結晶(氷晶)でできた雲が高い空に現れると、太陽の光が氷晶で屈折。場所によって、ほぼ水平な虹が見えることがあるという。」

太陽に暈(かさ
20150522_105838_richtonehdr
こちらは、太陽の周囲に虹の輪、太陽に薄い雲がかかった際にできる光の輪だそうです。
実は私が懸命に農作業をしていたところに嫁さんが知らせに来てくれました。
あちらには空を見上げる余裕があったのか、それとも「気づき力」の差でしょうか?

2015年2月 9日 (月)

久しぶりの積雪

久しぶりにまとまった雪、雪予報はあるものの平野部は除雪が必要なほどの積雪は多くありません。
早朝出動する除雪車の音を聞くと降雪量がわかります。
今日でたしか3回目、15CM以上の積雪で出動するのです。
伊佐屋周辺の積雪
P2090012 P2090005
小学生の通学風景
P20900112015年1月の積雪は元日と7日だけ、2月は初めての積雪ですが、蛇口付近の凍結も見られません。
平野部に雪がありませんが、神鍋山・鉢伏・ハチ北の各スキー場には充分積もっていて、そこそこ賑わっているようです。

32年前家族4人で大阪からUターンした年は、’83-84(58-59)豪雪でした。
クリスマスイブから降り出した雪は、春まで解けることはなく、最初は喜んでいた子どもたちも、降り続く雪にうんざりしていました。
私の子供の頃は道の雪と屋根から降ろした雪で、一階部分は暗くなるほどでした。
積雪で居室の戸が開きにくくなれば、雪下ろしのサインです。
いまは降っては解け、解けたら降るの繰り返しで、屋根の雪下ろし風景は山間部でも見られなくなりました。

 
昭和後期ごろからか暖冬雪不足で、スキー場の運営が難しいこともありましたが、近年は雪不足で泣くことは見られなくなりました。
スキー場へのタイムリーな積雪に助けられていますが、確実に暖冬現象はすすんでいます。
道路網の整備と暖冬のおかげで但馬への観光客も、雪遊びから松葉ガニ目当てのグルメ客が増えてきました。
「山には十分な雪を、里や港には雪景色程度を」そんな勝手を願いたい但馬人です。

2014年12月 6日 (土)

2014年 初雪

12月に入ったとたん寒気が押し寄せ、木枯らしが吹きすさび予報どおり早朝から雪が降り続き、2014年の初雪となりました。

Pc060002 Pc060004
屋根の上に数センチ程度で、気温が比較的高いのか降っても積もることはありません。
昨日のうちにタイヤ交換を済ませておいたので、慌てることはありません。
今日は土曜日、通学もなく通勤も少ないので混乱はないようです。
 
 
P3030034強い寒気によるものでしょうが、時折雷が鳴ります。
我が家の柴犬ハルは雷が大の苦手、稲光の段階で泣き出し、音が聞こえるともう小屋を飛び出して「HELP ME!」状態、体をがたがた震わせ、外に出て助けを呼びます。
人のいないときは、ロープ伝いに6m離れたスモモの木まで移動して震えています。
どこの犬も雷は苦手と聞きますが、三方を囲った安全なはずの小屋から飛び出すのは解せませんね。
そこでご主人様の出番、玄関横のシャッター付きのガレージに入れると治まります。
そんな人騒がせな初雪ですが、マイブログのサイト内検索「初雪」で調べると・・・
・2010年 → 12月25日
・2011年 → 12月16日
・2012年 → 12月 6日
・2013年 → 12月 4日  ・・・となっています。
そうすると今年は少し早いほうでしょうか。
 
 
寒気のピークは明日まで、松の剪定は終えましたが庭木の雪囲いと合わせて野菜の収穫と保存など本格的な雪対策にかかります。
 

2014年10月15日 (水)

タイムライン防災 JR利用者評価

三連休に日本列島を直撃した台風19号に備え、JR西日本がとった「タイムライン(事前防災計画)防災」による列車運休をめぐって賛否両論が聞かれます。
 
13日に岐阜でよんどころない用事があって、行きは在来線の特急で岐阜駅、帰りは岐阜羽島駅から新幹線で京都、京都駅から特急で江原駅に帰るいつものパターンを予定していました。
D_07413727_2 行きの電車で検札に来た車掌さんから、安全を最優先し京阪神の在来線全24線区で午後4時をもって全面運休すると聞かされました。
帰りの予定時間を言うと、『京都駅から最終特急15:25分の「はしだて7号」で福知山駅へ、ここで大阪を15時過ぎに出る当日特急「コウノトリ15号」に乗り換えるしかない』と教えられました。
 
乗り換えた特急で確認しても同様なので、用事を早めに切り上げて指示どおりの列車で帰ることにしました。
京都からの「はしだて7号」は本来は宮津駅までのところ福知山駅で打ち切りということもあって乗客も少なく、混雑を予想していたので驚かされました。
台風に接近した福知山駅からの「コウノトリ15号」は、近くを流れる川の増水や強まる雨のためのろのろ運転で1時間半近い遅れもでましたが、なんとか家に帰れました。
 
私鉄と対応が分かれたこともあって、「何かあってからでは遅い」「ぎりぎりまで動かすことで、かえって混乱を大きくする」という意見や「公共交通機関としての運行責任」や「路線によって危険性も異なり、すべて止めた判断はどうだったか」と疑問視する意見など賛否両論でした。
強大な台風で近畿直撃の情報による早めの判断でしたが、総体的に「早めの運休はやむおえない」との意見が多かったようでした。
 
私も朝の段階でこの情報に接していなければ、どこかの駅で立ち往生して、台風やJRを怨んでいたことでしょう。
三連休最終日でも、乗客のなかに子供やお年寄り連れもなく、早めの判断とその後の情報伝達で、冷静に対応できていたようでした。
タイムラインによる混乱リスク回避の例として今後検証されるでしょうが、私の場合は「賛」に一票です。
  
 

2013年12月14日 (土)

初雪とスキーシーズンの到来

周りの高山に雪が降ること数回、ついに私が住む麓に降りてきました。
国府平野は数センチ       妙見山・蘇武岳
Img_0131 Img_0132
タイミングよく奥神鍋スキー場 人工造雪コースも今日からオープン。
昨日からの降雪でゲレンデは約20cmの積雪で雰囲気満点です。
奥神鍋、山田の積雪       奥神鍋ゲレンデ
Img_0173 Img_0159_3
今日のところは人工造雪コース以外はまだ滑降はできませんが、近いうちに各コースの滑降が可能になり、本格的なスキーシーズンが到来します。
アップかんなべ中央        中央のイチョウ並木
Img_0149 Img_0152
こちらは一足早い11月15日からオープンのアップかんなべ みやの森人工造雪コース。
コースもなだらかでファミリー客が目につきます。
Img_0140 Img_0140_2 
松葉ガニもシーズンを迎え竹田城跡ブームもあってか、城崎温泉や城下町出石にも例年以上の観光客が目立ちます。
麓の住民には迷惑な雪ですが、グルメにスポーツに但馬が賑わう季節になりました。

 

2013年9月16日 (月)

台風18号の影響

13日早朝発生した台風18号がみるみるうちに発達し、大きな雨雲を伴って四国・関西から東海関東を伺う事態となりました。
当地も15日(日)に小学校の運動会が予定されていましたが、早朝から雨が降り続き、大雨洪水警報が発令され、昨夜は夜通し強い雨が降り続きました。
河川の増水が心配されましたが、昼前になってやっと止んで日が差してきました。
円山川の水位            マイ菜園も水びたし
20130916_102106 20130916_102223
大阪市や京都市内で河川に近いところでも非難勧告が出され、台風は愛知県に上陸、さらに関東地方に向かい東日本を縦断するようで被害が心配されます。

豊岡市は範囲が広く、何カ所かは道路被害もあったものの、河川の増水も一段落しています。
作物へも影響も、稲刈りはほとんど終わり、畑もゴーヤやインゲンの支柱が倒れたくらいで大きな被害はありませんでした。

先週末は17号台風で、今週末は18号台風と前線の影響で山登りどころではなくなり、白山行きは再延期しました。
「二度あることは三度ある」のか「三度目の正直」 を狙うか思案中です。
  

2013年1月27日 (日)

この冬一番の積雪

今冬最強クラスの寒気が流れ込んだ日本列島は、日本海側を中心に大雪となりました。
但馬では28日まで続くとされていて昨年一昨年ほどではありませんが、昨日今日と降り続き我が家付近でも25~30cm近い積雪になりました。
26日の吹雪模様          自転車通学の生徒
P1260017 P1260015
昨年の2月に積雪1mとなり28年ぶりの豪雪となった豊岡市は全国報道され、県外の家族や知人に心配をかけました。
うってかわって今年は数度の積雪はあったものの10cm程度で収まっていて、降っては溶けるの繰り返しでした。
とはいうものの大寒(だいかん)から立春までの期間はもっとも寒い時期となります。
同じ町の神鍋高原(車で20分)がスキー場にはそこそこの雪を、里には手心を加える冬であって欲しいものです。
             今朝の積雪
P1270029 P1270030_2


 

2012年8月22日 (水)

晩夏の朝焼け

子どもの頃から寝起きがよく、また早起きだったのが老い
ても続いています。
ハルの散歩は朝と夕方の2回、明けやらぬ頃から散歩道
の一つ、円山川沿いの桜堤に出かけると見事な朝焼けが
見られました。
朝焼け                 朝顔
P8220010 P8220011
キツネのカミソリ           宵待草
P8220017 P8220028_2
涼しい時間を狙って散歩する人もチラホラ見られ、河原で
咲き始めた朝顔やしぼみつつある宵待草・キツネのカミソ
リが迎えてくれます。
日の出                娘3のハル
P8220038 P8220067_2
山でのご来光は山登りの特権ですが、里の朝焼けもなか
なかのもので、暑い暑いといって嫌う陽の光のありがたさ
を感じさせてくれます。
 

2012年6月21日 (木)

夏至の楽しみ

今日は夏至、二十四節気の1つで、一年で最も昼の時間が
長く、大阪では日出4時45分、日没19時14分で昼時間14時
間29分となります。
実際は夏至は梅雨の真っ只中なので、日照時間はそれほど
多くなく、今日は日本列島も雨模様です。
もともと早起きな私ですが、寝室のカーテンを開けたままに
しているので、5時前には目が覚め起床し、この時期忙しい
家庭菜園を楽しんだり、散歩やレクレーションを楽しんだり
一日を目一杯使います。

高緯度のため日射量が少ない北欧各地では、1年で最も昼
間の時間が長い日を祝福し、広場に集まって踊り、ごちそう
を楽しむ「夏至祭」が有名です。
また一日中太陽が沈まない白夜が見られるのもこの頃だそ
うです。

一日の時間は同じ24時間なのですが、太陽の働きが人間生
活に与える影響は図り知れません。
北欧ほどではありませんが、寒さに向かう冬至と比べて、日
照時間=行動時間が多いことで、得をした気分になります。
アウトドア派なので暑さは気にならないず、大好きな夏の到
来を告げる梅雨明けを心待ちにしています。
 
 

2012年5月21日 (月)

豊岡市の日食

日食というより虫が徐々に食べて形を失う「蝕(むしばむ)」
の表現が似合う現象ですね。
天候もまずまずということで、ホームセンターで日蝕メガネ
を購入しました。
P5210097_4 P5210089 
豊岡市では部分日蝕ながらも最大時では、ほぼ9割が欠
けた状態になりました。

欠け始め                最大蝕手前
P5210047_2 P5210086_2
6月6日には金星が太陽を横切る「金星太陽面通過」が
全国で見られるそうで、日蝕メガネが活躍するでしょう。
 

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ