但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

旅行・地域

2012年11月 6日 (火)

イタリア大学生とのエール交換

誕生日の思い出から悪のりついでにもう一つ。

1999年11月1日(月)、イタリア研修旅行3日目 
グリーンツーリズム 農家民宿見学
フィレンツェ町並みを抜け、トスカーナ地方の郊外に出る。
ここキャンティはキャンティワインの産地、一面ブドウ畑でちょう
ど神鍋高原の規模を大きくしたような丘陵地帯。
日本のブドウ畑は蔓を天井横にはわせるが、ここではすべて壁
式に垂直にはわせている。
ブドウ間の距離も十分とっていて、収穫や施肥など管理が機械
でできるようになっている。
一面がブドウ畑          農家民宿
Saulina1_3 Bianca_3 
<Villa Saulina(アグリツーリズム)>日本流にいえば農家民宿
トスカーナ地方の丘陵地で一面ブドウ畑。
そしてワイン工場、ホテル、レストランとすべてそろっている。
豊かな農村に滞在し、ゆったりとした休暇を楽しむことがテーマ。
1ヶ月を越える長いバカンスで、金持ちは海外へ、庶民は近場の
地方となるらしい。
いわゆる「自然に帰れ」ということ。

・宿泊は、冬130,000リラ、夏180,000リラ。アンティックの家具。
 4人部屋。
・アグリツーリズムの定義。
  あるがままの自然。
   ドイツ、オーストリア、イギリス、フランスで盛んになり、最近に
 なってイタリアでも増えてきた。
・昼食 = レストラン
 とても美味しい食事と陽気な若者との交流が印象に残る。
 生ハム・ソーセージ・キノコパスタ・肉etc。

レストランで昼食、隣のテーブルにはイタリアの若者男女12名。
女の子はほとんどたばこを吸っている。
皆美人に見えるのは個性的な化粧とワインによる酔いのせい?
聞くと大学生で、皆それぞれがおしゃれをしているが、日本の若
者は画一的な感じがするが、とても個性的である。
ワインやビールが追加され、交流が始まる。
乾杯のエールが交換され、ペルージャの中田の話題も出て、ブ
ラボーの連発。
レストランで昼食         カンツオーネ調の黒田節 
Saulina11_2 Saulina10_2 
日本人といえば中田・名波が定番で、どこに行ってもこの話題。
中田が所属するペルージャの応援歌を歌ってくれるが、歌詞が
続かない。
お返し?になぜか「六甲おろし」を歌う。
またコンサルタントのU先生が、黒田節をカンツオーネ調に歌い
大うけする。
最後に全員でオオソレミオを歌い、記念写真を撮る。
    Saulina3_6
ともかくイタリア人は陽気だ。
あれこれしているうちに夕方になり、フィレンツェに戻る。
 

2012年11月 5日 (月)

特急ユーロスター号事件

お誕生日テーマから脱線して、思い出すまま13年前の
高經友会「イタリア中小企業視察旅行」
のサプライズを。

ミラノ到着市内観光、ミラノ中央駅から花の都フィレンェに
向かうくだり。
「イタリアはスリが多いので気をつけろ」とは常套句。
旅の中で、添乗員からガイドから何回となく聞かされる。
イタリア人に言わせると、「スリはジプシーを中心とする難
民である」、そして「被害を受けるのは殆ど間抜けな日本
人である」と。
つまり、安全に慣れすぎて無警戒でいることと、大金を持
っていること。
これからの展開がその一例であろう。

ヨーロッパで一番大きな鉄道駅として1931年に完成したミ
ラノ中央駅北の玄関口らしく駅は大きくて立派。
Milano36_2 Milano38
大きなアーチ型のホームは難波駅を大きくしたようなもの。
13:00駅出発。特急「ユーロスター」に乗り込む。
スーツケースはバスからポーターの手で列車に積み込ま
れる。
大きなスーツケースは旅行の間持つことはほとんどなく、
すべてポータによって移動される。
日本とは違い料金がいるのは、いいのか悪いのか分から
ないけど、きわめて便利なシステムだ。
2階ホームに続くエスカレータ   特急ユーロスター
Milano25 Milano17
それぞれ手荷物と水をもって乗り込む。
イタリアだけでなく、日本以外の殆どの国で、水は買わな
ければならない。
500ml入りが、BAR(バール)で2000リラ=120円、
ホテルの冷蔵庫では4000リラ、BEERと一緒とは不思
議な気がする。
この水も炭酸入りと、炭酸なし(ノンガス)の二つがある。
日本からのフライト中で、CAに「Water please」と頼むと
即座に、「gas or nongas?」と尋ねられた。
現地ではガス入りが多く、ノンガスは頼りないらしい。

さて、列車に乗り込むと座席指定なので、自席を見つける
と思わず網棚にショルダーを置く。
あれだけ言われていても習慣とは恐ろしい。
KYさんが冗談混じりで「三木さんそれは盗られるでー」と
言うが、カメラのフィルムを入れるのが忙しいので無視す
る。
その時向かいに座ったYYさんが後ろを向いて「泥棒!盗
られた」と叫ぶ。
向こうの席のYMさんが、誰かを追っかけてホームに飛び
出す。
犯人をホームに追いつめて、手を挙げさせたところ手提げ
鞄を差し出したので取り返す。
これはそれで済んだのだが、今度は一緒に追っかけたYY
さんが帰って来て、網棚を見ると自分の手提げがないのに
気がつく。
その横にはわたしのぼろっちいショルダーが残っている。
スリは二人組で、皆が片方に気を取られている間に、悠々
と網棚から手提げを盗んだらしい。
小さい手提げは盗った後隠しやすいのと、貴重品が入って
いる可能性が高いので、ねらわれたらしい。
出発時間が迫り、荷物はあきらめる。
中にはカメラとそのほか細々としたもの。パスポートと金は
入れていないので一安心。
10万円まで保険で保証されるらしい。
列車出発、2時間半の旅。
車内は日本と変わらないが、1.4mの広軌道(日本の新
幹線と同じ)を使っているのと繋ぎ目を溶接しているので、
ごとごと音がしない。
車窓は刈り取り後の畑と丘陵地には葡萄畑が見える。
古都ボローニア近くになると都会らしいが、農村風景の連
続は山陰線で見慣れた景色。
15:40 花の都フィレンツエ到着。

(注)写真は日高經友会ホームページから引用しました。

   

2012年11月 4日 (日)

誕生日のサプライズ

11月4日は65歳の誕生日、1947年(昭和22年)戦後の混乱期に生を受け、ついに65回を数えました。
誕生日といえば、プレゼントやご馳走をすることが日常的になりましたが、伊佐屋では子どもがリクエストしたものを晩に作ってお祝いするのが常でした。
リクエストはすき焼き・巻きすし・鯨カツ・餃子と主役が決め母が腕によりをかけて作ってくれました。
37歳で亡くなった姉が8日生まれで、4日に一緒に祝うことがほとんどで、「私は損をした」と愚痴っていました
我が代も同様にしていましたが、子どもが自立してから特別なご馳走もせずに言葉で祝う程度で、歳を重ねるとあまり触れられたくなくなりました。

記憶にある誕生祝いの中で、印象深いのはイタリア旅行中のハプニングでした。
時は1999年(平成11年)、あと2ヶ月で21世紀となる10月30日~11月6日、日高經友会21世紀投資事業「イタリア中
小企業視察旅行」
の時でした。
ミラノから始まりフィレンツェからローマに移動した6日目が11月4日でした。
市内観光でトレヴィの泉~ヴェネツィア広場~コロッセオ~フォロ・ロマーノを見学した昼食に立ち寄ったレストランで、料理がくるのを待っていて、いきなり電気が消えてびっくりしていたところ、ハッピーバースデイツーユーの歌がひびき、大きなケーキが私の前に運ばれてきました。

           Roma19_3   
Scn_0008_2 Scn_0009

同席した16名の仲間とレストランにいた外国人(多分イタリア人)もそうと分かると、「Happy Birthday」「BUON COMPLEANNO!(ブォンコンプレアンノ!)」と祝ってくれました。

後で聞くと旅行社の差配でしたが、パスポートで誕生日を確認し、旅程中ならば必ずと言ってよいほど祝うそうです。
「場を盛り上げるのに最適で、私らにとっては美味しいお客です」と言っていました。
イタリアでのハプニングはいくつかありましたが、誕生日の度に思い出す嬉しい出来事でした。
 

2012年6月30日 (土)

永沢寺 菖蒲園

山の帰りに三田市永沢寺の花菖蒲園に寄ってきました。
平日ながらも今が盛りでもあり、多くの観光客で賑わって
いました。
Img_4575 Img_4556
Img_4523 Img_4572
Img_4507 Img_4491
Img_4503 Img_4493
Img_4499 Img_4571
菖蒲は池、川など水の中に生え咲くのですが、標高が560
mあるここでは今が盛りといいます。
 

2012年1月19日 (木)

新世界100年まつり 元祖ビンゴゲーム

大阪南の繁華街である「新世界」が、今年で百年を迎える
にあたり、「新世界100年まつり」を開催します。
Uターンする前14年間、岸和田に住み東成区にある会社
に通っていたいた私にとって、ここの玄関口である天王寺
新今宮は乗り換え場所だったので、よく訪れたものでした。
通天閣               ジャンジャン横町
P3070037_2 P3070041_2
通天閣を中心にした各通りには店が立ち並び、ジャンジャ
ン横丁の串カツ・スズメの焼き鳥・Zゲーム・スマートボール
・射的・将棋場・少し贅沢なづぼらやのてっちりなど労働者
の町であり、昭和中期のイメージが色濃く残っていました。
串カツのソース二度漬け禁止のマナーを覚えたのも元祖ビ
ンゴゲームを覚えたのもここでした。

通常知られているビンゴゲームは、カードの該当番号に穴
を開けるのがですが、新世界では購入したカードにおはじ
きを置いて目印とするもので、Zゲームと呼んでいました。
テニス球くらいの大きさで色と番号の付いた球が管から飛
び出してきて、マイクを持ったおばさんが、♪赤の10番青1
8番♪
と独特の調子で前の番号といま出てきた球の色と番
号を読み上げ、それをカードに見つけておはじきを置いて
行きます。
縦横斜めのいずれかが揃うとすかさず、合図して確認して
もらい景品を受け取ります。
すると♪さあ今度のゲームにご期待下さい♪の声を合図
にまた球が飛び出し、読み上げが始まります。
大の大人がボールとカードとおはじきで目の色変えて遊ぶ
のと哀調を帯びたおばさんの読み上げ調子が強く印象に
残っています。

もうZゲームはなくなったようですが、洋服や靴・雑貨のた
たき売りの名口上とともに、下町の自由で猥雑なまでの雰
囲気が性に合うのか、楽しくて美味しい忘れられない場所
でした。
 
 

2011年3月 2日 (水)

マトリョーシカ

マトリョーシカ」とは、女の子の姿をかたどったロシアの民芸
品で、入れ子式になった人形です。
「入れ子式」とは胴のところで上下に分かれて,中からひと回
り小さな人形が次々と出てくるものをいいます。
P1010872_2 P1010878
P1010884 P1010871
娘がモスクワに1ヶ月ほど滞在したとき、土産に買ってきたも
のが、我が家に残っています。
缶ビールくらいの大きさに、なんと10体が納められています。
100年と少し前から作られ始め、ろくろなどの道具を使って作
るのでしょうが、繊細で丁寧な作りは、大味・大雑把などいう
イメージを持ちがちなロシアという国の別な面を教えてくれま
す。
凝ったものは10数体にも分かれるようで、最後の1体がいつ
出てくるのか楽しませてくれます。
 

2011年2月15日 (火)

特急こうのとり

JR西日本は特急北近畿を春のダイヤ改正(3月12日)で、
特急「北近畿」を「こうのとり」に変えて運行することを決め
ていますが、新型車両の試運転をおこなっていて偶然見か
けたので思わずパチリ。
学名はカタカナ表示が決まりですが、先日の宇宙ステーシ
ョンへの補給船といい、ひらがなの「こうのとり」が柔らかく
て好きです。
Img_0050 Img_0060_2
Img_0061 Img_0064
場所は八鹿駅、ヘッドマークはまだ付けられていません。
どんなものになるか楽しみです。

この八鹿駅には明治40年に造られた全国で2番目に古い
跨線橋が現役で頑張っています。
但馬の百科事典 ↓
http://www.tanshin.co.jp/zaidan/3rekisi/08youkaekisya/index.html 
287系の車輌は大阪から南紀を走る『特急 くろしお』にも
採用されます。
奇しくも大阪を起点として、北と南へ純白の車輌が走るこ
とになりますね。
これで別れを惜しむ「北近畿号」を狙う撮り鉄の姿がこれ
から見られるでしょう。 
 

2011年2月 8日 (火)

博多旅行 観光編

旧日高町に拠点を置く経営者の集まり「日高經友会」の例会
として、毎年研修旅行が組み込まれています。
ただ単に、食べ観光するだけでなく、二日間一緒することで
企業や業界・地域の情報交換や個人交流に役立ちます。
筥崎宮
P1010550 P1010558_3
柳橋商店街
P1010563 P1010578
櫛田神社              祇園山笠
P1010672 P1010676_2    
博多ポートタワー      真言の名刹 東長寺
P1010685_2  P1010704_2 
7世紀から国防、外交など対外関係の出先機関として重要
な位置を占めた太宰府がおかれ、大陸との窓口、政治経済
文化の中心をなした歴史の重みと活気を感じる街でした。
 

2011年2月 6日 (日)

博多旅行 グルメ編

博多と言えば、食べ物がうまい。
魚・肉・野菜など物価も安く、単身赴任で一番暮らしやすいの
は博多との声も多いそうです。
旅行一日目は、昼食は長浜ラーメン、豚骨スープに細麺がか
らんで、紅ショウガ添えで頂きます。
もちろん半分くらい食べると「替え玉」を頼みます。
博多ラーメン「信長本家」    替え玉登場
P1010536 P1010534
箱崎宮参拝・柳橋商店街を散策後夜は、もちろん「もつ鍋」
もつ鍋コースに飲み放題で、4,000円。
馬刺し盛り合わせ        もつ鍋スタンバイ
P1010599 P1010600
もちろん〆めは、そばを入れてスープともども完食です。
この後シニア4人組は夜のコース「博多ケントス」に直行です。

2010年12月 4日 (土)

日高地区バイパス2本開通

日高町を南北に縦断する国道312号に関係するバイパスが2本
開通しました。
今までは土居西交差点で突き当たり、右折すると踏切と信号が
並び、スーパーマーケットの出入口ともなっていて、渋滞だけで
なく通学の安全上も問題がありました。
開通式               開通前の渋滞
P1000845 P1000840
開通後の交差点          山の上は但馬空港          
P1000856 P1000862
開通により、直進し藤井区を通って空港経由で国道178号に
抜けるか、同じく空港経由して上佐野で元の312号に合流す
る選択ができるようになりました。

但馬空港は冬期の積雪が心配なのと、地元の通勤者が農道
を通って近道すると信号がないだけに事故が心配ですが、利
便性と安全性が増すことは間違いありません。
 

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ