但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

ペット

2012年11月 3日 (土)

一足早い冬支度

11月に入ると「ハルの館」の冬支度をします。
暑がりで寒がりなわがまま娘ももうすぐ8歳、人間でいえば
中年を迎えています。
お気に入りの防寒毛布   周囲は防風対策
Pb030001 Pb030005
カラビナとロープ
Pb040008_2小屋は日当たりが悪いため、日
向を探して移動できるよう、リー
ドにカラビナを付けて、スモモの
木まで8m移動できるようにして
います。
犬は小屋にいるものものという
既成概念があって、裏の田圃
から屋敷に無断侵入した子どもや大人が肝を冷やすことも
ありました。
普段は暇で寝てばかりいて、朝と夕方の散歩を楽しみにしています。
 
 

2010年10月 3日 (日)

犬洗い

我が家のハルは5.5歳、人間で言うと30代の女盛りです。
臆病な性格が原因か、人になつかず気に入らないと噛むこと
もあるやんちゃ娘です。

柴犬で毛足が長いため汚れるとみすぼらしくなるので、定期
的に風呂で洗います。
暖かい晴天の今日は絶好の「洗濯日」。
風呂の残り湯を使って全身シャンプーして、日当たりのよいガ
レージ前で乾かします。
P1020862 P1020870
昔、アルバイトニュースのコマーシャルに「犬洗い一匹100円」
のシーンがあり、ソフトバンクCMにも例の「カイ君」のシャンプ
ー風景も流されましたね。
慣れもあるのか、シャンプーされる間じっとしていて、終わると
身を振って脱水し、日向でうつらうつらしながら毛が乾くのを待
ちます。
シャンプーは犬用のものではなく、ご主人様の無香料・無添加
のものを使うようにしています。
 

2008年11月25日 (火)

柴娘 ハルの冬支度

初雪もふり、冬型の天候が多くなってきた今、我が家の防
寒対策はまず鉢花と柴娘ハルの住まいです。
日本犬でかつ生まれが但馬と似た気候を持つ鳥取県三朝
なので、順応する力は備わっているはずです。
柴犬は、暑さ・寒さに強く、特に対策をする必要はないので
すが、西向きの小屋なので、北西の風を遮るのと毛布を敷
いてやります。

ビニールで小屋の周囲を囲みます。
ロープを伝って10mは庭を移動できるようにしています。
Photo_2

小屋には入りたがらず、上手に毛布を体に巻き
付けたりします。
Photo_4

寒くなると、毛のない鼻と手足の裏が寒いのか
毛布の中に入れて寝ます。
Photo_3

もうすぐ4歳、娘盛りです。
Img_5940_3

2008年1月23日 (水)

ペットと別れる時(ペットロス)

 日本ペットフード業界がペットの飼育率を毎年発表してい
ます。
http://www.jppfma.org/topics/topics-set.html

調査では「飼育率は犬19.2%(昨年度19.4%)、猫14.7%(同
14.9%)であり、飼育頭数は犬が1,208万9千頭、猫は1,245
万7千頭で、犬・猫合計では2,454万6千頭。飼育されてい
る犬猫の高齢化が進み、犬は約半数が7歳以上である」と
しています。
 2003年の年少人口(0~14歳)が約1,700万人と比べて、
ペットはもはや家族の一員としての地位をしっかり占めて
います。
そういえば、ホームセンターに行くとペットフードや用品が
所狭しとばかりに置かれ、ベビーからシニア用までの品揃
えです。

朝来市がペットの火葬受付を今月から変えました。(  )
http://www.tajima.or.jp/modules/tajimanews/index.php?station=2528
要望に応じて、火葬後の収骨に応じるようになったとのこと。
お隣の養父市では、以前から行っていたことです。
私も2年前に16年飼っていた柴犬の晋平が亡くなったとき
斎場に行き、ダンボールごと炉に置いて線香を上げ、火葬
後は100均ショップで買った壺で収骨し、当家墓地の所定の
場所に埋めてやりました。

(養父市の小動物火葬については  )
http://www.city.yabu.hyogo.jp/www/contents/1189749166189/index.html

ペットも年をとると、目が見えなくなり、鼻がきかなくなり、や
がて散歩が出来なくなり、ご飯が食べられなくなります。
もちろん病気になる場合もあります。
愛するものを失った時、飼い主は大きな悲しみに陥ります。
「ペットロス」という言葉があります。

(ペットロス症候群については  )
http://www.hpmix.com/home/sourumeito/E11.htm

都市部にはお葬式はもちろん供養やメモリアル用品を提供
するビジネスがあるそうですが、それを利用する気持ちもわ
かります。
シニアになったペットをお持ちの方は、心の準備とともに、
豊岡市が火葬を受け付けていないので、割高で高額になり
ますが、他市施設の利用も考えておく必要があります。

ペットと別れる時(ペットロス)

 日本ペットフード業界がペットの飼育率を毎年発表してい
ます。
http://www.jppfma.org/topics/topics-set.html

調査では「飼育率は犬19.2%(昨年度19.4%)、猫14.7%(同
14.9%)であり、飼育頭数は犬が1,208万9千頭、猫は1,245
万7千頭で、犬・猫合計では2,454万6千頭。飼育されてい
る犬猫の高齢化が進み、犬は約半数が7歳以上である」と
しています。
 2003年の年少人口(0~14歳)が約1,700万人と比べて、
ペットはもはや家族の一員としての地位をしっかり占めて
います。
そういえば、ホームセンターに行くとペットフードや用品が
所狭しとばかりに置かれ、ベビーからシニア用までの品揃
えです。

朝来市がペットの火葬受付を今月から変えました。(  )
http://www.tajima.or.jp/modules/tajimanews/index.php?station=2528
要望に応じて、火葬後の収骨に応じるようになったとのこと。
お隣の養父市では、以前から行っていたことです。
私も2年前に16年飼っていた柴犬の晋平が亡くなったとき
斎場に行き、ダンボールごと炉に置いて線香を上げ、火葬
後は100均ショップで買った壺で収骨し、当家墓地の所定の
場所に埋めてやりました。

(養父市の小動物火葬については  )
http://www.city.yabu.hyogo.jp/www/contents/1189749166189/index.html

ペットも年をとると、目が見えなくなり、鼻がきかなくなり、や
がて散歩が出来なくなり、ご飯が食べられなくなります。
もちろん病気になる場合もあります。
愛するものを失った時、飼い主は大きな悲しみに陥ります。
「ペットロス」という言葉があります。

(ペットロス症候群については  )
http://www.hpmix.com/home/sourumeito/E11.htm

都市部にはお葬式はもちろん供養やメモリアル用品を提供
するビジネスがあるそうですが、それを利用する気持ちもわ
かります。
シニアになったペットをお持ちの方は、心の準備とともに、
豊岡市が火葬を受け付けていないので、割高で高額になり
ますが、他市施設の利用も考えておく必要があります。

2007年11月25日 (日)

犬洗い

 昔アルバイトニュースのコマーシャルでしたか「犬洗い100
円」という歌がありましたね。
 100円はともかく、子犬ならペットショップでシャンプーして
くれますが、小型犬でやんちゃ娘がじっとしているはずはあり
ません。

 三連休の最終日も快晴が続き、日差しも出て暖かいので
ハルを洗うことにしました。
風呂場に連れて行って、残り湯をかけながら洗うのですが
あきらめているのか、ただただ終わるのを待っています。
時々ぶるぶると身震いをするので、首を持ってそれを防ぎ
ます。
終わると暖かい日向において、自然に乾燥するのを待ちま
す。
 この日から2週間ほどは、シャンプーの臭いがしますが
冬に向けて毛替えをするので、ボソッボソッと毛が抜けてき
ます。
すぐに綿毛が体中に生えて、寒い雪国に適応できるような
体を作ります。
過去に柴犬を3頭飼いましたが、犬は寒がりで暑がりだと思
います。
寒くなって毛布を敷いてやると、気にいって動こうとしません。
夏は一番風通しのよく、石を置いた場所がひんやりするのか
居場所となります。

洗った直後のすまし顔です。
Photo

ぶるぶるに要注意。端にいると水滴が飛びます。
Photo_4

気持ちがよいのか、うとうとしています。
Photo_2

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ