但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

ニュース

2013年2月26日 (火)

2013植村直己冒険賞

2013植村直己冒険賞の第17回受賞者に、東京都の登山家竹内洋岳さんに決まりました。
日本人で初めてエベレストを含むヒマラヤにある標高8千メートル以上14座の登頂に成功したことが評価されました。

植村直己さんと冒険賞については 植村直己冒険館 ↓
http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/index.html

竹内さんは祖父の手ほどきで幼少より登山とスキーを始め、高校、大学の山岳部で国内の登山の経験を積んだそうで、名前に「岳」が入っているのも分かります。
「(14座の登頂は)階段で言えば踊り場。まだまだ登ってみたい山はある」「頂上はゴールではなく、降りてこなければならないので通過点でしかない。頂上は一番恐ろしい場所だ」と話していました。

偉大な冒険家は私の隣村・上郷の出身で、幼稚園・小学校・中学校・高校と同じです。
歳が6歳離れていてるのでほとんど記憶にありませんが、川といい山といい同じフィールドで育った人間として誇りを感じます。
北アルプスを始め山に登って兵庫北部から来たというと、植村直己さんや加藤文太郎さんの話題がでることがよくあります。
但馬の厳しくとも豊かな自然や風土が、人を思いやりながら粘り強く頑張る気質を生み、植村家の資質や昭和の時代が相まって「植村直己」を育んだのだと思います。
 

2011年5月18日 (水)

暗い 暑い 不便

先週末の東京出張で感じたことは、この三点でした。
東電福島原発事故によるの節電が各所にみられました。

ショッピングセンターや繁華街、店舗の照明が間引きされ
ていてすぐに違和感を感じました。
たまたまこの日は24度まで上がったのですが、列車内、
ホテル、お店で汗だくなり、夏が怖い感じです。
お昼だったこともあって、まずエレベータやエスカレーター
が一部停止。
電車は間引き運転、券売機は一部停止されていました。

但馬や関西ではここまでの節電は見られませんが、我々
団塊の世代にとって昭和の中頃からの不自由さに比べれ
ば天国にいるようなもので、資源もエネルギーも制約がな
い状態ですすんできた今、見直す良い機会でしょう。

ラジオ中心の居間での団らん、星空の観察、もらい風呂
打ち水、団扇や蚊帳を使って涼んだ生活も不自由とは感
じませんでした。
もう昔には帰れませんが、なにかを辛抱することで気づくこ
ともあるでしょうね。
 

2010年5月17日 (月)

ムーンスター 月と金星が大接近

16日夜、西の空で「宵の明星」金星と月が大接近しているの
が見られました。
急いでシャッターを押したので、近くの風景も一緒に入れて
おくのを忘れました。
こんなところでプロと素人との差が出ますね。
P1050641_6地球から見ると、金星は明け方
と夕方にのみ観測でき、明け方
に見えるのが「明けの明星」、夕
方に見えるのが「宵の明星」と呼
ばれます。
「一番星みーつけた!」の感じで
おまけに月は三日月、どこかの会
社のマークにこれがありましたね。

2009年9月 9日 (水)

インターネットテレビ局 るんるんテレビ

インターネットの動画配信テレビが、3年前から提供されて
いて、兵庫県北部・京都府北部エリアの情報・話題を中心
に観光地やイベント、自然や人々の暮らしなど500を越え
る動画がアップされています。
どれも数分にまとめてあって、文字や写真にない情報が
得られます。

るんるんテレビは ↓

http://www.run2.tv 
最新のものは、「兵庫神鍋高原マラソン全国大会」で、約
4分の編集ですが、大会の雰囲気がよくわかります。

♪バックナンバー

・9 月2日(水)ゆず酒にあう料理      (新温泉町)
・8月28日(金)山陰海岸ジオパークツアー (鳥取県)
・8 月21日(金)第34回神鍋火山まつり  (豊岡市)
・8月14日(金)新温泉町海岸巡り      (新温泉町)
・8月7日(金)とよおか 元気あっぷフェスタ (豊岡市)
・7月31日(金)湯村温泉 光のイリュージョン(新温泉町)
・7月30日(木)日和山海岸遊覧マリンビュー (豊岡市)
 

2009年7月21日 (火)

コウノトリ但馬空港 ヘリコプター事故

昨日朝、鳥取米子空港を飛び立って、コウノトリ但馬空港
に向かった2人が乗ったヘリが消息を絶ちました。
普段は静かなコミューター空港が、この事故で大騒ぎです。
一日中捜索のヘリや小型機が飛びましたが発見できず。
21日になって、大阪、京都、鳥取の各府県警や海上保安
部・自衛隊が空港周辺で捜索を再開しています。

捜索隊もさることながら、マスコミ各社が中継車やレポータ
ーを繰り出しています。
写真はたまたま通りかかった空港前の駐車場です。
捜索隊はともかく、この人達は・・・・・・・・・?と思いますが
この結果、我々にリアルな映像や現場レポートが流される
のですね。
P1000713 P1000709
今日は朝から雨が降り続き、視界も悪く捜索は困難でした
が、午後から雨も上がり視界も良くなってきました。
空港へは、「雲で空港が見えず、着陸できない」と連絡があ
り、約5分後に消息を絶ったそうなので、近くに落ちている
可能性があります。
無事では済まないでしょうが、少しでも早く見つかることを
祈りたいです。
 
 

2009年1月 9日 (金)

平成 元号問題

20年前の1月8日は平成の始まりでした。
今まで馴染んでいた元号が変わるということが、天皇の
死を通じて現実になった日でした。
天皇制や和暦(元号)など、これを機に議論が深まるこ
とも期待されましたが、服喪・祝事自粛ムードに流され
問題になりませんでした。
戦前の軍国教育で連綿と続く神の国として「神武・綏靖
・・・」と呪文のように繰りかえされた神武天皇紀元説が
ありました。

私が生を受けた1947年は、「憲法が公布され民主日
本のスタートでしたが、昭和という時代に特に違和感を
感じませんでした。
それでも歴史など時系列尺度が「和暦」と「西暦」の二
通りあることの不便さと不合理さは誰もが経験すること
です。
大化の改新戦争は大化2年と西暦645年と両方で覚
えさせられ、紀元前・紀元後の表現もありました。
また劇的なのは、ミレニアムという21世紀への移行を
経験したことでした。

通常新聞の日付は、2009年(平成21年)1月9日 
となっていますが、記事では西暦を中心に書かれてい
ます。
グローバル化が進む社会でも、日本固有の天皇制を
象徴する「和暦」にこだわる向きも少なく無いでしょう。

一方では、共通尺度としてメートル法(西暦)がグロー
バルスタンダード化している現実から、尺貫法(和暦)
にこだわらず、統一するのも市民生活を合理的に進
めるのに必要です。
昨年7月韓国で「尺貫法」追放運動が当局により進め
られ、市民生活が混乱しているのが報道されました。
なんと日本占領下の遺物が、なお隣韓国の生活に残
っていたのです。

日本でも和暦西暦2010年問題があります。
これは、西暦も和暦も頭に0がつかなくなる1年後の
2010年からは、2桁では西暦と和暦の識別が不可能
になって社会が混乱するという問題です。
たとえば、2010 年は「 10 年」、平成 10年( 1988年)
も「 10年」。
来年のことですが、やはり二本立てはいろいろ不具合点
が出てきますね。
器用で融通無碍な日本人も、尺度が複数あれば戸惑う
のは当然で、やはり検討の余地ありですね。

2008年12月20日 (土)

年末ジャンボ宝くじ 夢を買う

締切日の19日に年末ジャンボ宝くじを購入しました。
たまたま大阪出張なので、関西最大規模の売り場「大阪
第四ビル特設会場」に立ち寄りました。
宝くじ娘ならぬ、宝くじおばさんが「当たりますように」と言
って手渡してくれます。
秋からの不景気気分で、一攫千金を狙う人がさぞ多いか
ろうと思いきや、さほどでもありませんでした。
30年ほど前、扇町特設売り場で人が殺到し、下敷きにな
って死人が出たため、その後は予約券がないと買えない
こともありましたね
Img_6136_3 Img_6139_2
全国自治宝くじの中で「ドリームジャンボ」「サマージャンボ
」と並んで、「年末ジャンボ」の三つが有名です。
お金が欲しいのはいつも同じですが、年末のこの時期は、
大晦日の抽選でもあることから、別格視されています。
今回も友人二人の分もバラ指定で買いました。
日高町や豊岡市街地でも販売していますが、最終日にか
つ関西最大の売り場が特別なもののように思えます。
「どこで買っても当たる確立は同じ」という理性的な考え
は、「最終日」「関西最大」の前に消えてしまいます。

昔から、富くじを扱った落語には 「富久」、「水屋の富」、「
宿屋の富」及び「御慶」の四つが知られています。
どれもこれも、 富くじに当たる主人公は貧乏な庶民で、
当たったことで幸運どころかいろいろな混乱と不幸が生
まれます。
そんな「不幸」になってみたいと思いながら、心構えだけし
ておきます。

.

2008年12月18日 (木)

失言をしないコツ

自民党の伊吹文明・元幹事長が、首相らの相次ぐ失言を
受けて、「失言しないコツ」を披露したと記事にありました。

失言にいたる状況とは・・・

〈1〉「正しい」と思い込んで不要な発言をする
〈2〉「立場」をわきまえず、言ってはいけないことを言う
〈3〉人を見下すような「態度」を取る
〈4〉話す「タイミング」を間違える
〈5〉「旅先」で気がゆるむ
〈6〉笑いを取ろうと「例え話」をする

なるほどと思えることばかりですね。
そういえば、幹事長や財務大臣を歴任しても失言は目立
ちませんでした。
大蔵官僚を22年勤めて、根回しや気配りを学んだことか
らの経験則ですね。

2008年9月29日 (月)

失言4兄弟

福田首相の電撃(こんな時には使わないだろうが)辞任の
後、セレモニー化した総裁選で選任され、24日に発足した
麻生内閣の麻生氏・鳩山氏・中川氏の3人が失言が多い
のを皮肉って「失言3兄弟」と呼んだマスコミもありました。
それに今度は中山国交相が加わり、昨日辞任しました。
麻生首相も本来は任命者として、解任するのが筋です。

政治家としての信念はいろいろあるでしょうが、大臣として
行政の重要部署を預かるものとして論外な話です。
成田空港拡張問題でごね得発言、単一民族発言、日教組
や大分県にたいする中傷など政治家としてだけでなく、人間
としての資質を疑わせますね。
街の声や党内に同情的な意見がなかったのが、せめてもの
救いでした。
若者や子供達の犯罪や性行を家庭も含めた社会全体に起
因するものとして考えるべきで、日教組や組合のせいにする
のは無責任だと思います。
我々も「最近の若い者は歴史を知らん」などと言って嘆くだけ
では、同じ次元の問題かも知れません。

2008年4月21日 (月)

気づき力と表現テーマ

18日の記事で、カラシナの黄色と大根の白が対決している
と書きましたが、地元紙神戸新聞で同じような記事があった
ので紹介します。

神戸新聞 4月20日朝刊(当地は夕刊はありません)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000960514.shtml

写真のアングルが似通っているのもおもしろいですね。
ただし、同時期ながらテーマの違いがアングルの差となって
表れています。
自然や人の活動がテーマになりますが、「気づき力」が大切
で、奇しくも新聞と同じ内容且つ掲載日が早かったのは気持
ちがいいものですね。

( 神戸新聞写真 4月20日 ↓)
黄色から白へ取って代わったことを強調しているので
大根の白を中心にしています。

00960515

( 伊佐屋三木の写真 4月18日 ↓ )
黄色と白が競い合っていることを話題にしているので、黄と
白の双方を表現しています。

Img_2938_2 

より以前の記事一覧

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ