但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 岐路に立つ日本国憲法 | トップページ | 2015 但馬山友会 三川山 »

2015年5月 8日 (金)

長楽寺の花祭り

我が家から徒歩で20分、国府駅に近い山の中腹に水生山長楽寺があります。
長楽寺縁起には「奈良朝の和銅年間行基菩薩により開創された寺で、平安朝時代に真言宗に改められた・・・」とされる古刹です。
また山頂には水生城がおかれ、南北朝期には南朝方の、戦国末期には山名方の拠点として羽柴軍と戦った「水生城の合戦」で寺も焼失したとされます。


麓の登り口              仁王門
P1310003 P1310048
境内には推定樹齢500年とされる県指定天然記念物の散り椿が有名です。
(丸ごと落ちる普通の椿と違い、花びらが1枚ずつ散るので散り椿と呼ばれています。)


我が家の檀那寺ではありませんが、寺に上がるには石の階段を10分位登るのと国府の町並みが見渡せるので、運動がてらお参りに行くこともあります。
庫裏・持仏堂              国府の町並み
P1310038 P1310053
本堂(瑠璃殿)             中井権次 龍の彫刻
P1310019 P1310025
            <写真は1月末に撮影>

今朝8時頃何気なく登ってみると、お祭り準備がされています。
旧暦の4月8日でなく今日がお釈迦様の誕生を祝う「灌仏会(花祭り)」ということで、甘茶を振る舞っていただきました。

本堂に「今年で 2559歳」と書いてあったので、紀元前544年生誕としているのでしょう。
そういえば昨年も偶然5月8日にお参りして、甘茶をいただいたことを思い出しました。

小学校の同級生だった寺の跡継ぎがいて、花祭りには寺で甘茶をいただいたり、本堂前に出ていた数店の露店でお菓子をおごってもらいました。
小学生といえども丸刈り頭がほとんどだった当時、私と彼だけがおかっぱ頭だったことも仲がよかった理由でした。
その彼も小学校を卒業すると「高野山中学校」に転校していきました。
その後寺を継がずに電気屋をしたり、いろいろな人生を送ったようです。
そんな彼も病で亡くなりましたが、花祭り時期になると甘茶の味とおかっぱ頭の顔を思い出します。
  

« 岐路に立つ日本国憲法 | トップページ | 2015 但馬山友会 三川山 »

国府物語」カテゴリの記事

コメント

こちらのお寺様は本当にすごいところに位置してますね。
お仕事でちょこちょこお伺いしたりも。
なかなかの眺めですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岐路に立つ日本国憲法 | トップページ | 2015 但馬山友会 三川山 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ