但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2015年4月 | トップページ

2015年5月

2015年5月31日 (日)

「伊佐屋三木のblog」は続編に引き継ぎます

ブログ容量が越えたので、続編「伊佐屋三木のblog2」を開設しました。

新URLは、 http://izayamiki2.cocolog-nifty.com/ 

以前のブログはそのままここに記録として残ります。

旧ブログ経由でお越しくださいるか、グーグル検索では「 伊佐屋三木のblog2 」または「 izayamiki 2 」で検索願います。

新アドレスをブックマークしていただくと便利です。

今後も「伊佐屋三木のblog2」をよろしくお願いします。

2015年5月28日 (木)

「伊佐屋三木のblog2」に移行します(予告)

ココログから無料で提供されている容量が一杯になったので、6月1日から続編である「伊佐屋三木のblog2」に移行します。

新URLは前日にお知らせしますので、引き続きご愛読ください。

2007年4月開設以来、8年に渡って書き続けた記事が約1,670件、写真も13,642枚となり、コメント総数も2,662件、ココログ提供のフリープランの限度が2GB、とうとう新規記事がアップできなくなりました。

毎日書いたわけではありませんが、8年も続いたのは皆さんのおかげと感謝しています。
根気がないはずの私にとって、ブログが性(しょう)が合ったのでしょう。

以前も書きましたが私にとってブログは、「3R+O」、をモットーにしています。

R=Report 報告であり、R=Record 記録であり、R=Reminder 思い出すためのものであり、O=Opinion ちょっぴり自分の意見も載せます。

刹那(瞬時)と双方向の交流が得意なSNS全盛の世になっても、単方向なblogにこだわる理由がここにあります。 (友人はそれを「自己満足」だと言います)

そんなこんなで、「伊佐屋三木のblog2」を引き続きご愛読ください。

 

2015年5月26日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 5月例会

5月前半の例会は台風接近のため中止になり、後半は26日(火)雲一つ無い快晴のもと20数名の参加で、溶岩流・栃本~田ノ口付近の観察が行われました。
コガクウツギ          ハンショウズル
Img_2484_3 Img_2513_2
 タツナミソウ         シライトソウ
 Img_2383   Img_2473

観察は神鍋山野草を愛でる会のblog をクリックでどうぞ!

 
 

2015年5月24日 (日)

2015 家庭菜園 初夏の陣Ⅱ

5月も月末近くになると連日夏日が続きます。
この先梅雨を経て真夏が訪れますが、光と熱そして水分とで夏野菜は一気に成長します。
  伊佐屋菜園全景
  P5210001_2

タマネギ               イチゴ
P5210005 P5210006
スイカ・メロン・カボチャ       オクラ
20150522_105629_2  20150522_105646  
サツマイモ           トマト
20150525_071830    P5210007
ナス               キュウリ
P5210010   P5210008
エダマメ&スイートコーン       ジャガイモ
P5210013  P5210016
インゲン                 ショウガ(芽だし中)
P5210020  P5210014
ニンジン                 キャベツ
P5210021   P5210015
サトイモ(小野芋)
P5210018_2他に収穫中のエンドウ3種・ニラ、収穫間近のニンニク・ラッキョウのほかゴーヤ・ピーマン・シシトウ・ミニトマト、ハーブではバジル・イタリアンパセリ、葉物はサニーレタス・ワサビナ・ルッコラ・ミズナを周期的に播くことにしています。

インゲン・エダマメ・スイートコーンはトンネルで育苗したので、1ヶ月後には食べられ、お盆前の収穫を狙った第二弾のエダマメとコーンの芽が出そろいました。
 

2015年5月23日 (土)

水平な虹

今朝の朝日新聞但馬版「虹いろいろ」の記事に豊岡市内で昼前に現れた珍しい虹を載せていました。
実は私も伊佐屋菜園で作業中見て、携帯のカメラで納めています。

環水平アーク
20150522_105604_5
記事によると「氷の結晶(氷晶)でできた雲が高い空に現れると、太陽の光が氷晶で屈折。場所によって、ほぼ水平な虹が見えることがあるという。」

太陽に暈(かさ
20150522_105838_richtonehdr
こちらは、太陽の周囲に虹の輪、太陽に薄い雲がかかった際にできる光の輪だそうです。
実は私が懸命に農作業をしていたところに嫁さんが知らせに来てくれました。
あちらには空を見上げる余裕があったのか、それとも「気づき力」の差でしょうか?

2015年5月21日 (木)

庭の草花 2015年 5月編

5月も半ばを過ぎ、初夏の清々しい季節が続きます。
我が家の草花も新顔が出てきました。

オキザリス              ヤエザキキンポウゲ
P5210002 P5210137
カラー                                    シラン
P5210131_2  P5210140
ハナショウブ          シャクヤク
P5210134   P5210127_2
ユキノシタ               フタリシズカ(でもヒトリ)
P5210143  P5210146
カキ                   スモモ
P5210151  P5210154
コウメ
P5210156_2 庭には日よけにもなるので、サクランボ、スモモ×2、カキ×2、コウメ、スダチ、サンショ×2を植え、畑には大グミ、オオナツメ、ユズ、ウメ、ポポーなど実のなる木を植えています。

放任していたカキを剪定して日当たりをよくしたのと、古い樹皮を削り、肥料をやりました。
昨年ヘタ虫被害にあってまったく実がなりませんでしたが、今年は期待できるでしょう。

 

2015年5月20日 (水)

2015 我が家のさなぼり

P5210123朝晩は少し冷え込んで、昼近くとなると25度を超す夏日となるものの湿度が少なくすが清々しい時期となりました。
雨の少ない播州や備州は梅雨時期にならないと田植えはできませんが、但馬は雨や雪が多く山に囲まれていることで、比較的水に恵まれています。

兼業農家も多いためかってはGWに田植えする家もありました。
温暖化の影響もあり真夏に成長期が重なり品質が落ちる恐れがあることから、農協の指導で5月中旬以降の田植えがほとんどとなりました。

耕耘・代掻き・稲刈りなど機械仕事は専業農家にお願いし、肥料・水管理など成長管理の全部を私が担当しています。
1反に満たない零細米農家の伊佐屋も20日に「さなぼり」を迎えました。

2009年マイブログ記事 → 我が家のさなぼり(合唱付き) ↓
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-e3a4.html


広辞苑では「さなぶり(早上り)」で、田植えを終えた祝いと書いてあります。
香美町あたりでは、「シロメテ」と呼ぶようですが、うちの嫁さんの出身岡山県では「シロミテ」と呼びます。
シロつまり田が苗でミテるの意味で、ミテルは方言でいっぱいになることです。

5条植の田植機で30分足らずの仕事ですが、昔は、田植え時期になると但馬西部の旧美方郡から泊まりがけで早乙女(さおとめ)さんが来て、田植えをした記録があります。
私の子供の頃でも、この時期は「農繁休暇」として学校が休みになりました。
我が家でも他の農家から応援をもらい、子供の仕事は苗運び、苗の投げ入れ、植える目安となる玉が並んだ「田植え縄」を畦の両端で張ることでした。

大正から昭和にかけて田植えという重大行事が終了した喜びと感謝を表し、ご馳走を食べ慰労の村芝居まであったようです。
そんな昔を思い出しつつ豊岡市内に出て、ちょっぴり贅沢な「さなぼり」をお祝いしました。

2015年5月19日 (火)

2015 コウノトリ 山本巣塔 育雛中

3月26日に記事にした「コウノトリ 山本巣塔巣 抱卵」ですが、その後2羽のひなの孵化が確認されました。
大食いのこども達の食欲を満たすため父鳥は大忙しで餌取り、母親はカラスなどの外敵から雛を守っています。
餌探し                 カエルを持ち帰り
Img_2315 Img_2317 

給餌                  一服中
Img_2318 Img_2322
周辺はより付加価値の高い米の収穫と環境作りを目指し、「コウノトリ育む農法」で冬季でも水を張っているところもあります。
5月に入ると田植え準備で水が入れられ、餌の採取も楽になることでしょう。
 

2015年5月18日 (月)

青葉山 693m 下見編

但馬山友会6月行事に、丹後と若狭にまたがり「若狭富士」と呼ばれる青葉山(693m)が予定されています。
本番は6月21日大型貸し切りバスによる日帰り登山で、コースや時間などの確認のため担当役員としてNリーダー他4人で下見に行ってきました。

 
西から見る青葉山         登り口 中山寺本堂
P5180024 P5180029
青葉山の東側には西国第二十九番札所の松尾寺、西には北陸観音霊場一番札所中山寺が置かれていて、今回は西の中山寺から登り、青葉山東峰→西峰を経て東の松尾寺に下るコースで、ガイドブックには3時間強となっています。
登山道マップ(右から左へ縦走)
P5180035
登りは展望がない自然林が中心ですが、林の中でいろいろな野草が迎えてくれます。
シャガ                 ハンショウヅル
P5180036 P5180038
クサイチゴ               自然林の登山道
P5180041 P5180037_2
1時間ほど登ると展望台のでて、眼下に若狭湾の砂浜や島々が見渡せます。
小浜湾                 展望台
P5180045 P5180051
ササユリの蕾            オットセイ?の木
P5180052_2  P5180043_2
馬の背からの高浜の街      マンネングサ
P5180062 P5180065
展望台から40分、最高点の東峰693m青葉神社に到着、青葉山は双耳峰となっていてこちらを東の権現と読んでいます。
途中出会った二人連れが、「この先ちょっと怖いところがありますよ」と笑って通り過ぎていきました。
散策マップにある西峰への途中にあるハシゴ・クサリ場のことだとわかりました。
ナナカマド                               ツクバネウツギ           
P5180067 P5180072
エンレイソウ             ホウチャクソウ
P5180069 P5180075
登りのハシゴ場      緊張する横クサリ(ロープ)場
P5180077  P5180078
縦ロープ場          ハシゴ場の下り
P5180082  P5180086
連続するハシゴとロープに緊張しながらゆっくり下ります。
怖いところではありますが、足場を固めハシゴやロープをしっかり掴むと危険なことはありませんし、青葉山登山の記憶にしっかり残ることでしょう。
大師洞            西の権現
P5180092  P5180096
ヤマアジサイ越しに内浦湾    舞鶴市内と湾
P5180112 P5180117
ハナイカダ              ホウノキ
P5180088 P5180097
下山場所 松尾寺
P5180120_2西峰692mからのやや急な道をひたすら下ること約1時間、予報では3時頃から雨とのことでしたが、ぎりぎりセーフで東の玄関口松尾寺に到着しました。

両寺へのバスの進入路や乗降場所、コースやタイムなど必要なことを確認します。
気の置けない5人のメンバーで、景色や野草を愛でながら会話が途切れることがない楽しい下見でした。

青葉山登山のPRポイントは、松尾寺・中山寺参拝と山頂から望む日本海の絶景と可憐な野草たちですね。
登る途中でであったササユリは蕾でしたが、 例会には咲いて迎えてくれるでしょうか?

 

2015年5月16日 (土)

ひとはくセミナー ハチ北の植物を見て歩く

水分を含んで透明になった サンカヨウの白花
Img_2126

兵庫県立人と自然の博物館」ひとはくセミナー「香美町の自然―春の植物を見て歩く」、2012年に参加して以来3年ぶりの参加です。
初日の観察場所はハチ北スキー場周辺(香美町大笹)、雪が溶けたばかりの但馬で一番遅い春の植物を観察しました。

 観察は神鍋山野草を愛でる会のblog をクリックでどうぞ!

 

2015年5月15日 (金)

サクランボジャム 伊佐屋錦

「新緑」、「風薫る」、「清々しい」という言葉が似合う時期となりました。
もうしばらくすると梅雨の兆しも感じられてくるでしょう。
裏庭のサクランボが実る頃になりました。
植えて二十数年になるのですが、毎年のように枝一杯に実を付けます。
調べてみると我が家の品種はフランス生まれで、明治末期に日本に導入されたようです。

佐藤錦なら一粒100円近くするものもありますが、何ごとにも控えめに生きるの主人の名を取り「伊佐屋錦」と命名しました。
その「伊佐屋錦」、小粒で味も薄く、梅桃(ゆすらうめ)に似るが味はもっと淡泊といったところです。
果肉は赤くてやわらかく、甘さは控えめで酸味があり、軸からすぐ落ちてしまうのでジャムか果実酒に適します。
 

先日の台風6号の強風に相当数落下し、ヒヨドリの攻撃に耐えた実を、脚立を使って頑張って収穫しました。
見た目は一流 サクランボ
P5140009 P5140011
P5140003 P5150015
そのまま食べても控えめの甘さしかなく、そう食べられるものでもないので、洗って種を取り砂糖を加え煮詰めて自家製ジャムにします。
イチゴジャムのような派手さはなく、控えめな風味に砂糖の甘さが引き立つ味で、けっこういけるという評判です。

 

2015年5月14日 (木)

旧制豊岡中学校 楽々浦6学徒殉難70年

戦後70年の節目の年を迎え、歴史の検証がいろいろな立場で行われています。
「憲法9条に定めるところは、戦争に明け暮れた国民の被害体験と、アジア諸国民への深刻な加害への反省から、どんなかたちでももう戦争はしない」という決意であり、国民は「これでもう殺し合うことはない」と安堵したはずでした。

安倍政権は従来の専守防衛から、集団安保体制に大転換する法案の国会提出を決めました。
法案には「平和」という名がついていますが、アメリカが世界で引き起こすあらゆる戦争に自衛隊が参戦・軍事支援できるようにするためのいわゆる「戦争」法案にほかなりません。
法案の中味もさることながら新法以外の関連10法案を一括審議するなど、やり方も強引で今国会成立への異常ともいえる執念が感じられます。

そんな2015年5月14日ですが、70年前の1945年5月14日、旧制豊岡中学校生徒が学徒動員の作業を終えた帰路で事故に遭い6人が亡くなりました。
同級生らでつくる「楽々浦殉難六学徒追悼の会」が毎年追悼行事を行っていらっしゃいますが、それぞれ85歳とお歳を召されています。
学制改革で豊岡高校となった敷地にある同窓会組織「達徳会館」に、追悼碑の写真と碑文の写しを額に入れ、預けられています。

伊佐屋三木のblog  「旧制豊岡中学校 楽々浦学徒殉難6学徒」 をどうぞ
 (クリックで記事に移動し、戻るボタン(←)でもとに戻れます)

学徒動員の最中で、戦争の犠牲が若い中学生にまで及びました。
自由で青春を謳歌できた自分の高校時代と比べ、平和な時代を知ることなく、この世を去った生徒たちの無念さを思うと、改めて平和の大切さを考えさせられます。

2015年5月13日 (水)

神鍋山野草を愛でる会のアドレス変更

「神鍋山野草を愛でる会」のブログを以下のアドレスに引っ越しました。 ↓

http://kannabe-mederukai.cocolog-nifty.com/blog/

①ブログタイトルやイメージは同じですが、都合によりアドレスを変更しました。
②新ブログをブックマークするか、右クリックで「デスクトップにショートカット」を作っていただくと直接新ブログに繋がり便利です。

「伊佐屋三木のblog」の右、「神鍋山野草を愛でる会」は新アドレスに変えています。

4月11日に新居に引っ越したばかりでご不便をおかけしますが、ブログ充実のためご理解ください。 

   m(_ _)m  (izayamiki)

2015年5月10日 (日)

2015 但馬山友会 三川山

但馬山友会5月例会は<新緑と残雪の中を>の案内で、三川山に登りました。
三川山は香美町奧佐津の三川権現から上るルートが知られていますが、昨年に続き日高町稲葉からのルートです。
昨日までの予報になかった早朝の雨にたたられたのか、昨年の60名超から今年は43名と少し寂しい参加でした。
   三川山917m
   P5090082_4
このルートはNTTの管理道も使いますが、遊歩道の看板に従って急登も一部ありますが、ほとんど自然林の中を登るコース設定です。
P5090009_2 P5090013_2
P5090016_2 P5090019_2
今回の役員さん達が、急登箇所に杭によるステップを付けていただき、滑ることなく登ることができました。
P5090023_2 P5090025_2
雪で曲がった根元          新緑のブナ林を進む
P5090037_2  P5090036_2

登り始めて2時間弱で三川山最高点917mに到着しました。
山頂にはNTT中継所と国土交通省のマイクロウエーブが設置されていて展望はききませんが、南但馬の粟鹿山と並んで兵庫県北部の重要中継地点ということだそうです。
山頂917m         手作りの写真用横断幕
P5090047_2 P5090055_2
昼食後はNTT管理道をそのまま下るメンバーと、テレビ塔がある別のピーク888mへ進む組に分かれました。
私は農作業の疲れからか1週間前から腰痛が再発していて、迷うことなくそのまま下る初級組に手を挙げました。
下山はNTT管理道を下りながら遊歩道も利用しましたが、心配された雨もなくブナの新緑と山野草が癒してくれました。
 
三川山は氷ノ山・扇ノ山・蘇武岳などの1,000mを越す高山並みに雪解けが遅く、木々や山野草にも遅れた春が見られます。
ここも神鍋同様鹿による食害がみられ、地にあるものは鹿が食べない野草、鹿の手(口)が届かない喬木が目立ちました。
タニウツギ               フジ
P5090005_2 P5090074_2
ヤマボウシ              イワカガミ
P5090031_2 P5090035_2
ウスギヨウラク(ツリガネツツジ) オオカメノキ(ムシカリ)
P5090041 P5090046_2
タムシバ                ユズリハの若葉
P5090050 P5090065_2
ヤマルリソウ             トチの花
P5090071 P5090077_2
ウワミズサクラ(山頂付近)   ウワミズザクラ(麓付近)
P5090056_2 P5090073
リーダー・サブりーダーの皆さんには、当日の運営だけでなく登山道の整備も含めて大変お世話になりました。
 
次回は5月24日、少し遠出となりますが・・・・
<播州平野を眼下に岩尾根を歩く>善防山から笠松山の縦走です。


 
  

2015年5月 8日 (金)

長楽寺の花祭り

我が家から徒歩で20分、国府駅に近い山の中腹に水生山長楽寺があります。
長楽寺縁起には「奈良朝の和銅年間行基菩薩により開創された寺で、平安朝時代に真言宗に改められた・・・」とされる古刹です。
また山頂には水生城がおかれ、南北朝期には南朝方の、戦国末期には山名方の拠点として羽柴軍と戦った「水生城の合戦」で寺も焼失したとされます。


麓の登り口              仁王門
P1310003 P1310048
境内には推定樹齢500年とされる県指定天然記念物の散り椿が有名です。
(丸ごと落ちる普通の椿と違い、花びらが1枚ずつ散るので散り椿と呼ばれています。)


我が家の檀那寺ではありませんが、寺に上がるには石の階段を10分位登るのと国府の町並みが見渡せるので、運動がてらお参りに行くこともあります。
庫裏・持仏堂              国府の町並み
P1310038 P1310053
本堂(瑠璃殿)             中井権次 龍の彫刻
P1310019 P1310025
            <写真は1月末に撮影>

今朝8時頃何気なく登ってみると、お祭り準備がされています。
旧暦の4月8日でなく今日がお釈迦様の誕生を祝う「灌仏会(花祭り)」ということで、甘茶を振る舞っていただきました。

本堂に「今年で 2559歳」と書いてあったので、紀元前544年生誕としているのでしょう。
そういえば昨年も偶然5月8日にお参りして、甘茶をいただいたことを思い出しました。

小学校の同級生だった寺の跡継ぎがいて、花祭りには寺で甘茶をいただいたり、本堂前に出ていた数店の露店でお菓子をおごってもらいました。
小学生といえども丸刈り頭がほとんどだった当時、私と彼だけがおかっぱ頭だったことも仲がよかった理由でした。
その彼も小学校を卒業すると「高野山中学校」に転校していきました。
その後寺を継がずに電気屋をしたり、いろいろな人生を送ったようです。
そんな彼も病で亡くなりましたが、花祭り時期になると甘茶の味とおかっぱ頭の顔を思い出します。
  

2015年5月 6日 (水)

岐路に立つ日本国憲法

2015年 戦後70年・今・平和と憲法を考える「但馬憲法講演会」に参加しました。
GW中の開催とあって入りが心配されましたが、市民会館大会議室はほぼ満員でした。
講師は憲法・平和学の和田進神戸大学名誉教授で、「戦後70年・日本国憲法の岐路・・・・・戦争立法を斬る・・」のタイトルです。
1430885250324_5   Scn_0001_2

少々専門的でしたが、政府の9条の解釈改憲の歴史を自衛隊設立から始まり、90年以降の海外「派遣」体制についての詳しい分析がありました。  
従来の「個別自衛権の発動のための自衛力の保持」(専守防衛論)では説明できなくなった海外出動や集団安全保障体制を、安倍内閣は憲法改正ではなく解釈変更による実質「改憲」を乱暴に進めていることも。
安倍内閣の暴走に対し、自民党幹事長経験の古賀・野中・加藤の三氏からの批判や歴代法制局長官からの抗議、改憲論者からも「解釈改憲は間違い」との意見が寄せられていることや、知事選・衆議院選で見せたオール沖縄の勝利など「憲法擁護の保革を超えた国民的共同の実現」を訴える熱いお話しでした。

 
最後に紹介された『憲法9条の根底にあるのは、戦争に明け暮れた国民の被害体験と、アジア諸国民への深刻な加害への反省から、もう戦争はごめんだという心の底からの決意に他なりません。
憲法の制定過程には紆余曲折がありますが、この9条を受け取った国民は「これでもう殺し合うことはない」と心底から安堵したのです』
(憲法学者 森 秀樹氏の新聞投稿記事)が印象的でした。

 
第二次安倍内閣によって、集団的自衛権容認の解釈改憲がなされ、アメリカの戦争に後方支援で加担する狙いがはっきりしてきました。
今回の新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)でも、対象地域が「極東」から「アジア・太平洋地域」に、そして「地球規模・グローバル」に広がりました。
連休明け国会で、自公合意に基づく「安全保障体制」への新たな法案と関連法案の一括改正が予定されています。

近年若い世代に安全保障体制や自衛隊増強を認める傾向があります。
中国の軍事的台頭や北朝鮮のミサイル・核開発が国民に不安を与えているのでしょうが、戦後日本の原点に帰ると軍事対抗路線の無意味さが分かってきます。

会場には中高年がほとんどで、若い世代はみられませんでした。
戦後70年を迎え日本国憲法がかってない岐路に立たされています。
私は1947年生まれで日本国憲法と同じ歳、戦争体験を聞き学んで育った世代です。
これからも日本が誇る憲法9条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。


<伊佐屋三木のblog 憲法シリーズ>

「解釈改憲」は許されない(2014.5.18)

不幸な日(2013.12.7)

ならぬことはならぬ 同期生から一言(2013.5.3)

 

 

2015年5月 2日 (土)

庭の草花 2015年 GW編 Ⅱ

どの画像もクリックで拡大し、右上の閉じるボタン(×)で元に戻ります。
シラン                  シラン(白)

P5030047_2 P5030002_3

ワスレナグサ
P5030051 P5030054
タツナミソウ(白)           タツナミソウ(紫)
P5030059_2 P5030071
サクラソウ               スズラン
P5030055_3 P5030067
シンビジュウム(鉢)     デンドロビウム(鉢)
P5030075  P5030076
コウメ                 ツルニチニチソウ
P5030061_2 P5030050_2
エビネ             アッツザクラ
P5030004  P5030003
ヤエザキイチリンソウ
P5030007


 
 
 

2015年5月 1日 (金)

庭の草花 2015年 GW編Ⅰ

4月21日から12日続きの初夏気候に、庭の草花が咲きそろってきます。
どの画像もクリックで拡大し、右上の閉じるボタン(×)で元に戻ります。

 
オオデマリ              モッコウバラ
P5030002_2 P5030077
イワヤツデ              セリバオウレン
P5030005 P5030009
クレマチス
P5030010 P5030030
スパラキシス             ボタン
P5030015 P5030031
エビネ              ヤエザキキンポウゲ
P5030036   P5030038
クンシラン(鉢)            チョウジソウ
P5030018 P5030042
 

« 2015年4月 | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ