但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 庭の草花 2015年 GW編 Ⅱ | トップページ | 長楽寺の花祭り »

2015年5月 6日 (水)

岐路に立つ日本国憲法

2015年 戦後70年・今・平和と憲法を考える「但馬憲法講演会」に参加しました。
GW中の開催とあって入りが心配されましたが、市民会館大会議室はほぼ満員でした。
講師は憲法・平和学の和田進神戸大学名誉教授で、「戦後70年・日本国憲法の岐路・・・・・戦争立法を斬る・・」のタイトルです。
1430885250324_5   Scn_0001_2

少々専門的でしたが、政府の9条の解釈改憲の歴史を自衛隊設立から始まり、90年以降の海外「派遣」体制についての詳しい分析がありました。  
従来の「個別自衛権の発動のための自衛力の保持」(専守防衛論)では説明できなくなった海外出動や集団安全保障体制を、安倍内閣は憲法改正ではなく解釈変更による実質「改憲」を乱暴に進めていることも。
安倍内閣の暴走に対し、自民党幹事長経験の古賀・野中・加藤の三氏からの批判や歴代法制局長官からの抗議、改憲論者からも「解釈改憲は間違い」との意見が寄せられていることや、知事選・衆議院選で見せたオール沖縄の勝利など「憲法擁護の保革を超えた国民的共同の実現」を訴える熱いお話しでした。

 
最後に紹介された『憲法9条の根底にあるのは、戦争に明け暮れた国民の被害体験と、アジア諸国民への深刻な加害への反省から、もう戦争はごめんだという心の底からの決意に他なりません。
憲法の制定過程には紆余曲折がありますが、この9条を受け取った国民は「これでもう殺し合うことはない」と心底から安堵したのです』
(憲法学者 森 秀樹氏の新聞投稿記事)が印象的でした。

 
第二次安倍内閣によって、集団的自衛権容認の解釈改憲がなされ、アメリカの戦争に後方支援で加担する狙いがはっきりしてきました。
今回の新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)でも、対象地域が「極東」から「アジア・太平洋地域」に、そして「地球規模・グローバル」に広がりました。
連休明け国会で、自公合意に基づく「安全保障体制」への新たな法案と関連法案の一括改正が予定されています。

近年若い世代に安全保障体制や自衛隊増強を認める傾向があります。
中国の軍事的台頭や北朝鮮のミサイル・核開発が国民に不安を与えているのでしょうが、戦後日本の原点に帰ると軍事対抗路線の無意味さが分かってきます。

会場には中高年がほとんどで、若い世代はみられませんでした。
戦後70年を迎え日本国憲法がかってない岐路に立たされています。
私は1947年生まれで日本国憲法と同じ歳、戦争体験を聞き学んで育った世代です。
これからも日本が誇る憲法9条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。


<伊佐屋三木のblog 憲法シリーズ>

「解釈改憲」は許されない(2014.5.18)

不幸な日(2013.12.7)

ならぬことはならぬ 同期生から一言(2013.5.3)

 

 

« 庭の草花 2015年 GW編 Ⅱ | トップページ | 長楽寺の花祭り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いろいろ難しい問題ですよね。
国民問題として発展しました。
こういった議論ができるということが
どうあれこうあれ知ること、学ぶことに
直結する大事な時事問題ではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の草花 2015年 GW編 Ⅱ | トップページ | 長楽寺の花祭り »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ