但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 1995.1.17 但馬にて | トップページ | 学校給食週間に寄せて 弁当編 »

2015年1月18日 (日)

初登り 白髪岳722m

チームF1Bの恒例行事、新春初登りは篠山市の白髪岳。
3年前は高御位山、一昨年は明神山、昨年は小野アルプス、この時期但馬は雪の中なので、神戸や播磨・丹波に出かけます。
当初は姫路市北部の雪彦山の予定でしたが、一部に残雪があると聞き、厳しいコースを避け、白髪岳に変更しました。
白髪岳はガイドブックによると『篠山市の南端にあり、「丹波富士」とも呼ばれている。山頂を中心に、なめらかに広がる美しい稜線・・・山頂からの展望もよく・・・』と紹介されています。
但馬から豊岡道~若狭自動車道を乗り継ぎ1時間40分で登山口に到着です。
白髪岳                 登山口
Img_6737 P1170002_3
コース案内             尾根道
Img_6745_3 P1170004
天候は曇り、予報では昼頃から雪が降るとのこと。
予報どおり、白髪岳山頂11時30分で雪が降り出しました。
ロープ場                痩せ尾根
P1170009 P1170011
クサリ場                山頂722m
P1170012 P1170017_3
ご覧のようにメンバーは5人、途中でお会いしたのは地元の中高年グループと親子連れ・若いカップルの3組でした。
地元の方に山名の由来を尋ねると、「春になると山のあちこちにタムシバの白い花が目立ち、白髪のように見えることから付いたと聞いています」とのこと。
「山頂の眺めは抜群で、東は御嶽を主峰とする多紀連山が西方向は播州の山々が、南は六甲山系が見渡せる・・・」はずでしたが、ほとんど展望はありませんでした。
急な下り               ロープ頼りの下り
P1170018 P1170019
雪がちらつき風も強いので山頂での昼食を諦め、次のピーク松尾山山頂に向かいます。
白髪岳から松尾山へは急道をロープ頼りに下り、尾根を下って登り返すと50分で松尾山山頂です。
松尾山685m           不動滝
P1170022 P1170024
山頂は山城跡となっていますが、ほとんど展望はありません。
小休憩して南へ下ると仙ノ岩、戦国武将酒井氏の墓、愛宕堂、不動滝を経て林道を下ると出発点の登山道分岐です。
風と雪で食事する場所もなく、立ちながら握りやパンをほおばっただけ、登り始めてから4時間強、不満は残るものの今回の初登りはよいトレーニングになりました。
丹波や播磨・阪神の山は岩場が多く、クサリやロープが設置してあって、但馬の山と違ったスリルも味わえます。
体も冷えたので下山後は、近くの「こんだ薬師温泉ぬくもりの郷」でしっかり暖まって帰りました。
 
 

« 1995.1.17 但馬にて | トップページ | 学校給食週間に寄せて 弁当編 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

今年も活動、楽しんでくださいね。
また山々の写真、楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1995.1.17 但馬にて | トップページ | 学校給食週間に寄せて 弁当編 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ