但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 成人式いろいろ | トップページ | 1995.1.17 但馬にて »

2015年1月15日 (木)

小正月と百人一首

7日までの松の内を「大正月」と呼び、15日を「小正月」と呼び、この日をもって正月の行事は終わり正月飾りがはずされます。
また、「どんど焼き」「左義長」と呼ばれる行事もあり、神社や田んぼなどで、正月飾りや古いお札などを燃やすところもあります。
また松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、この日を「女正月」という地方もあり、歳末から正月と忙しく働いた主婦や女性達をねぎらう意味もあるようです。
 
時は昭和32年頃から、テレビが普及する38年頃、伊佐屋三木家に区内のご婦人方が集まり、「大かるた会」が毎年開かれていました。
松の内も過ぎ一段落した小正月、ミカンや駄菓子を手に母の友人10名程度が集まり、座敷を舞台に「源平戦」といって二手に分かれた団体戦を繰り広げていました。
皆が集まるまでは「乱取り」と言って、掘りごたつで誰もがフリーに取り合う方法で人が揃うのを待ちます。
それぞれに「おはこ」という得意札があり、それをものにするかどうか大騒ぎ、真剣な中にも笑いの絶えない和やかなものでした。
読み手はいつも父が勤め、当時小学生だった私も仲間に入れてもらい大いに鍛えられました。

帝国かるた選手會発行競技用「公正かるた」
Photo_7娯楽の少ない時期しかも地方の田舎町で、迎春仕事にやっと解放された主婦達の娯楽が、百人一首という「高尚」な遊びであったことは興味深いものです。
今では骨董品級の「東京かるた選手會発行の競技用カルタ」を持っていたことを見ても、元来伊佐屋三木家でたしなんでいたことが、交際好きな父母を通じて地域に広がったのでしょう。
一段落してミカンを食べて競技再開の時は、手を洗わされたり、終わった後は必ず数を確認するくらい大切に扱ってきました。
 
暮れに帰っていた孫1・孫2も小学中学年、そろそろ「坊主めくり」からステップアップする時期と思い、娘達も入れて競技したところなかなか筋がいいことに気づきました。
私たちがUターンしてから、冬休みになると父がコーチ役になって娘二人を毎晩特訓してくれ、それぞれ中学校のカルタ会では優勝かそれに近い成績でしたが、娘達は「偉大な父」を越えられませんでした。
今度は孫達の特訓役となり、「偉大なジジ」越えを目指させることにしましょう。 
 
 

« 成人式いろいろ | トップページ | 1995.1.17 但馬にて »

伊佐屋物語」カテゴリの記事

コメント

うちの子も一生懸命覚えようとはしてますが・・・(^_^;)

そういえばずーとむかし職場でお父様に教わった事を思い出しました。懐かしいです。

坊主めくりのみで終はりぬ歌がるた 讃岐


讃岐さま

へーそんなこともありましたか。
父の職場が日吉にあった頃は土曜の午後遊びに行き、税務課の皆さんにかわいがっていただきました。
手回し式の計算機で遊んだことや池田映劇(日高劇場)に連れて行ってもらったこともありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成人式いろいろ | トップページ | 1995.1.17 但馬にて »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ