但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

« 地域が大切にすべき食 講演会 | トップページ | 秋の須留ヶ峰登山 »

2014年10月23日 (木)

伊佐屋の燻炭作り

稲の収穫も終わり、籾すりや精米を経て新米が食べられます。
その過程でできた稲藁は、乾燥させて冬仕事に縄や俵・箒(ほうき)などの材料に使われ、籾殻(もみがら)は腐りにくいので土壌改良や有機肥料の材料に、糠(ぬか)は漬ものや肥料として農業に再利用されてきました。

稻藁は無理ですが、米ぬかは漬け物や畑の肥料に、籾殻は燻炭として活用しています。
自前で出る籾殻は5袋程度ですが、農会の作業場には廃棄物としてあふれているので10袋程度もらってきます。
秋空にのどかな風景       完成間近            
Pa190065_5 Pa190071_3
かき混ぜ水をかける       種まきの後にかける
Pa190073_2 Pa200014_2
子供の頃にどこの農家でも見られた作業ですが、稻藁はコンバインで切断し鋤込み、籾殻は燃やされることが多くなりました。
 
昨年の記事 「秋の風物詩 伊佐屋の燻炭作り」 ← クリックでどうぞ。
 

« 地域が大切にすべき食 講演会 | トップページ | 秋の須留ヶ峰登山 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

最近よく見る光景ですね。
このまえ、僕の知ってる僕よりずいぶん若い子が
これをしてました。
受け継がれるんですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 地域が大切にすべき食 講演会 | トップページ | 秋の須留ヶ峰登山 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

伊佐屋三木のblog2

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

無料ブログはココログ