但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 家庭菜園 秋彼岸 種まき | トップページ | 御嶽山が噴火 »

2014年9月26日 (金)

在来野菜 七夕豆 2014

我が家がつくる在来野菜は、八代オクラ・小野芋・七夕豆の3種です。

七夕豆はつるありインゲンの一種で、我が家で二十年以上前から作り続けている豆です。
七夕過ぎに種を蒔くことからそう名付けたものと思われますが、もとはと言えば、近所の農家から種を頂いたもので、その方も隣村からいただき、さらに隣村の方も出石の知り合いからもらったそうでルーツは定かでありません。
9月になると蔓をどんどん伸ばし、花をつけ彼岸の頃になると実をつけます。
20140926_102206 20140926_102324
20140926_102432 P9260111_2
七夕豆の名にこだわり七夕時期に植えていましたが、昨年日高町南部の農家さんが作っているのを見て、尋ねたところ、7月末~8月初めに播くとのことでした。
早く播くと「木ばかりが大きくなって蔓が伸び、風で倒れやすいのと実付きも悪い」との指摘を受けました。
どうやら「七夕豆」の七夕とは一月遅れの七夕時期で、7月では早すぎるようでした。
2014年は教えられたとおり7月末に播いたところ、木や葉の繁りもそこそこで、実付きも多く例年にない大豊作です。

幅は1cm前後、長さは10~12cmの平莢で、柔らかく風味があって美味しいので我が家では気に入っています。
インゲンは多種ありますがこれに近いものはなく、年々作る農家も少なくなりましたが、我が家では今後も作り続けていきます。
 

« 家庭菜園 秋彼岸 種まき | トップページ | 御嶽山が噴火 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

昨日、うちも枝豆をいただきました。
秋のかおりがしてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家庭菜園 秋彼岸 種まき | トップページ | 御嶽山が噴火 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ