但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 御嶽山が噴火 | トップページ | 2014 但馬山友会 瀞川山 1,039m  »

2014年9月30日 (火)

2014 小又川トレッキング 秘境の滝巡り 

28日に開催された上山エコミュージアム主催の小又川トレッキングにふるさと特派員として参加しました。
上山ふるさと館集合         滝入り口の標識
P9280001 P9280006
午前は桂の滝、昼食後はシワガラの滝までのトレッキングで、案内には「上級コース」と指定してあり、上級者?30名が参加しました。

後で聞くと昨年、県警のレスキューヘリで救助されるという事故があったそうで、スタッフの方の誘導も慎重です。
P9280012 P9280028
渓谷まで下りがほとんどですが、滑りやすいところや急傾斜場所にはロープが張ってあります。
キバナアキギリ            ギンリョウソウ
P9280015 P9280032
モミジハグマ              オカタツナミソウ
P9280033 P9280037
オオナルコユリ            桂の滝
P9280043 P9280057
滝入り口からわずか1.7kmというものの、1時間歩いても渓流の音は聞こえず、さらに半時間歩いてやっと昼前に桂の滝に到着しました。
上流に桂の大木が多く、この名がつけられたいいます。
パンフレットには、「落差35mの桂の滝は、苔むした岩崖を滑るように落ち、途中で腰を曲げるように向きを変え、飛沫をあげて流れ落ちる姿は、振り返った乙女のような美しい姿です。」と書かれています。

 
シワガラの滝へ           渓流で一休み 
P9280067 P9280077
サルノコシカケ            ヤマシャクヤクの種
P9280044_2 P9280047
ジンジソウ               ツリフネソウ
P9280066 P9280069
シシウド                サラシナショウマ
P9280114 P9280119
ロープで登攀             流木を乗り越え
P9280079 P9280081
洞窟入り口               洞窟からの滝
P9280091 P9280099
「シワガラの滝」は、その昔、女人禁制で修験者が修行したといわれていて、修行の聖域だったとされる場所とのこと。
外から見えず、川の中を進み洞窟内部に入るとその姿を現す神秘的な様は、厳しい山道を下り、多くの滝愛好家が写真を撮りに訪れのも理解できます。

 
案内がないと1人ではとても行く勇気が出ませんが、上山高原エコミュージアムの館長さん始め地元の方々のガイドで、無事両方の滝を見学することができました。
秘境トレッキングの道中で、多くの山野草が出迎えてくれたのも楽しみでした。
 

« 御嶽山が噴火 | トップページ | 2014 但馬山友会 瀞川山 1,039m  »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御嶽山が噴火 | トップページ | 2014 但馬山友会 瀞川山 1,039m  »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ