但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 御柱祭り 婆焼き行事 | トップページ | .とよおかの城郭見学 此隅山城 »

2014年4月16日 (水)

立雲峡から朝来山757m

但馬でもっとも観光客が訪れているのが、朝来市の竹田城跡です。
映画やテレビ、CMで取り上げられ大人気ですが、落下事故や石垣の孕みや通路淵の崩れ・松など植栽が弱ってきたなどの問題が起きてきました
来訪者推移、20年度23千人、21年度35千人、22年度52千人、23年度98千人、24年度237千人、25年度500千人と5年で20倍強となった副作用でしょう。

それはさておき、竹田城下をはさんで反対側に朝来山757mがあって、ここから対面に竹田城跡や和田山町全景を一望することができ、竹田城主が愛でるために桜を植えたのがはじまりと伝わる山桜の名所立雲峡(りつうんきょう)があります。
立雲峡の山桜           竹田城跡を望む
P4140001 P4140008
毎年桜の開花期にあわせて立雲峡桜祭りが開催されますが、今や城跡遠望の場所として知られ、 雲海時期だけでなく、高さ別の三か所の展望台にはカメラマンが陣取ります。

桜や城跡目当ての観光客を尻目に、本日の目的は朝来山757mの登山です。
立雲峡をさらに登って作業道途中から「南但馬自然学校」の生徒が利用する「むささびコース」を利用することにします。
岩山が多い北摂や播磨の山とは違いジグザク道ですが、ほとんど土道で登りやすく感じます。
南但馬自然学校から朝来山周辺のイラストマップ  ↓ 「SCN_0005.pdf」をダウンロード

アセビの花               クロモジの花

P4140015 P4140021
タムシバ の花            途中の展望
P4140043 P4140024
展望台直下のポイントから北西から東方面の展望は、杉林の長い登りの苦労を一瞬にして帳消しにしてくれます。
北から北東へ但馬の山々
P4140030 P4140031
さらに712mの展望台は広場になっていて、周辺の山々のパノラマが楽しめます。757mの山頂はさらに先にあるのですが、全く展望がきかないのでここで大休憩します。
展望台には方位盤や全方向の案内板が整備されていて、山名と方向が分かります。
西方は須留ケ峰・鉢伏山・氷ノ山、北方には西床尾山、東床尾山、鉄鈷山、東には962mの粟鹿山がばっちりと見えます。
南方には逆光の中、三国岳・青倉山・千ケ峰笠形山・段ケ峰が望めます。
展望広場              粟鹿山
P4140035 P4140032
千ヶ峰・笠形山           山頂・三角点
P4140037 P4140039
山頂を確認すると展望広場にもどり、あらためて眺めを楽しんだ後元来た道を下りました。
登りはのんびり2時間、下りは急ぎの1時間の行程でした。
山桜はもちろんモクレンやコブシ、さらに登るとタムシバも目にしますが、杉林はとくにアセビが幅をきかせていて、日当たりが悪いからかミツバツツジにお目にかかりませんでした。

この日は嫁さんと二人、山麓や向かいの城跡の賑わいに比べ山登りでは他に人もなく、本日の朝来山の人口密度は2.0人のままでした。
   

« 御柱祭り 婆焼き行事 | トップページ | .とよおかの城郭見学 此隅山城 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

きれいな山々ですね。
桜もずいぶん散りました。
もうすっかり初夏の陽気ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御柱祭り 婆焼き行事 | トップページ | .とよおかの城郭見学 此隅山城 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ