但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 立雲峡から朝来山757m | トップページ | 菓子祭前日祭と新庁舎グランドオープン »

2014年4月18日 (金)

.とよおかの城郭見学 此隅山城

但馬には国指定の史跡が竹田城・八木城・有子山城と此隅(このすみ)山城の四城があり、豊岡市出石町には山名本家の居城此隅山城と有子山城が置かれています。
時を遡ると室町時代の最大級の守護であった山名氏が、根拠地に築いた本格的な山城が此隅山城と聞きます。
此隅(このすみ)山城       入り口(いずし古代学習館内)
P4150067 P4150002
幾つかある登山道のうちよく整備されているという「いずし古代学習館」 敷地内からの見学路を選びました。
山頂の主郭まで約500mの山道で、標高は140mとさほど時間はかかりません。
縄張り図と説明板          満開のミツバツツジ
P4150004_2 P4150008
日当たりがよい斜面には満開のミツバツツジが迎えてくれます。
山城の特徴である防御施設にはそれぞれ案内板が設置してあるので、実際と見比べながら機能を知ることができます。
曲輪                  堀切
P4150010 P4150016
土塁                  切岸
P4150020 P4150030
主郭跡                 縄張り図            
P4150032 P4150034
主郭からの展望
P4150038_2
南東から北西(左から妙見山・蘇武岳・神鍋山・大岡山・三川山)
P4150048P4150049_2
妙見山の左、雪を頂く氷ノ山  大岡山の右、雪山は三川山
P4150050_2 P4150055
大河ドラマ「軍師官兵衛」で、信長の命による秀吉の播磨攻めが放映中ですが、同時期山陰においても毛利の影響力を削ぐため但馬攻めが行われます。
織田方秀吉軍による侵攻で、山名氏は此隅山城を落とされ、一旦但馬を離れます。
再び有子山に城を築きますが、今度は秀吉の命を受けた秀長による第二次但馬攻めで有子山城が落ち、さしもの名門山名氏も滅んでしまいます。
山名氏の栄枯に思いを馳せながら、殿様気分も味わうことができました。
タムシバ              ミツバツツジとタムシバの競演
P4150058 P4150059
 山城から平城への歴史(いずし古代学習館展示)
 P4150065_2
室町・戦国期の山城は周囲が見渡せる交通の要衝に築かれるものですが、それにしてもすばらしい眺望で、これを見るだけでも値打ちがありました。
山名氏城跡保存に関しては 山名氏城跡保存会のホームページをご覧ください。

« 立雲峡から朝来山757m | トップページ | 菓子祭前日祭と新庁舎グランドオープン »

文学・歴史・教養・科学」カテゴリの記事

コメント

最近息子が生意気にも「城」にはまってまして。
また息子と登ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立雲峡から朝来山757m | トップページ | 菓子祭前日祭と新庁舎グランドオープン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ