但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 里野草 | トップページ | 立雲峡から朝来山757m »

2014年4月14日 (月)

御柱祭り 婆焼き行事

朝晩は冷えても暖かいお天気が続き、満開の桜も吹雪きや花筏が見られるようになりました。
4月14日は老婆の人形を火あぶりにする奇祭で知られる日高町松岡区の御柱(おとう)祭りの日です。
御柱松と呼ばれる枝着きの松に女竹(鉄砲竹)などを用いて鉢を作り、先端に御幣と老婆に似せた人形を仕立て、焼き捨てる行事です。
お柱松と鉢               老婆の人形
Img_0952_2 Img_0954
十二所神社              婆焼きの由来
Img_0944_2 Img_0948
祭りの由来は、1300年頃、但馬(豊岡市高屋)に雅成親王(後鳥羽上皇第四皇子)が流刑となり、その後を追って、雅成親王の妻、幸姫が京の都からやってきました。その時、幸姫は懐妊の身で急に産気づき、この地で王子を生み落としました。しかし、産後のひだちが悪く、一刻も早く親王のところまで行きたいと、ある老婆に「高屋まであと何日かかりますか」とたずねたところ、老婆は意地悪く「高屋まで九日通る九日市、十日通る豊岡、その先は人を取る一日市で、合わせて20日はかかる」と答えました。 これを聞いた幸姫は、「3日歩けば気力が尽きてしまうほどなのに、これ以上到底生きる望みがありません」と、王子を残し円山川に身を投げてしまいました。
 その後、毎年洪水が起き、村人を苦しめたため、その霊を祀ったのが始まりと伝えられています。竹と藁で鉢型の土台を作り、その上部に「御柱松(おたいまつ)」を立て、老婆に見立てた藁人形をくくりつけ、焼き捨てるという奇祭です。(但馬の百科事典より)


承久の乱は鎌倉時代武家政権への上皇方のクーデターで有名ですが、その影響が但馬の地に残り、引き継がれているのは興味深いものです。
春先の気候でこの時期には、強い南風が吹いたり、円山川に水害が多く発生することに対する安全の願いが、故事を元にした祈りに変わったという説もあります。

Img_0964 Img_0976
折から晴天続きで、「パチパチ」と大きな音で燃え上がる鉢を国道沿いから多くの人が見入っていました。

他に川沿い数カ所で、お塔祭りと呼び、同様の神事がおこなわれていました。
私が住んでいる府市場区では、今でもこの日に神事をおこなう「お塔講」が残っていて、村の有力者が出資をして「お塔田」を所有し、その年貢や売買後の利息で、祭りの経費をまかなっていた記録が残っています。

« 里野草 | トップページ | 立雲峡から朝来山757m »

国府物語」カテゴリの記事

コメント

伝統行事ですね。
今朝の神戸新聞に出てました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里野草 | トップページ | 立雲峡から朝来山757m »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ