但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2014 但馬山友会総会 | トップページ | 但馬の自然を考える事例発表会 »

2014年2月14日 (金)

NHK新経営委員の言動

百田さん! NHK経営委員を辞め一個人となってお好きなように持論を展開なさい!

NHK籾井新会長が1月25日の記者会見で、旧日本陸軍の「慰安婦」問題について「戦争をしているどこの国でもあった」などと発言し、その歴史認識と安倍政権に追従的な姿勢に多くの批判が寄せられました。

今度は安倍政権によって選ばれた二人の新経営委員がまたまた期待に応える活躍?で批判を浴びています。
その最たるものは作家百田尚樹氏で、都議選で田母神候補の応援に立ち「それ以外の候補、まあ10人以上は泡沫ですが、何人かの重要な候補と言われている人間ですが、私から見れば人間のクズみたいなもんです」。
太平洋戦争時の日本軍の残虐行為を「アメリカ軍もやったし、中国軍もやったし、ソ連軍もやりました」、そして「東京裁判は米軍が大虐殺をごまかすためだった」。
侵略行為への反省を「何も知らない無垢な子ども達、或いは義務教育の少年少女達に教える理由はどこにも無い」「自虐史観を与える必要はどこにもない」ほか言いたい放題です。

彼の小説は「夢を売る男」など図書館にあった5冊を読みましたが、放送作家でもありともかく面白さが目立ちました。
「錨を上げよ」に出てくる彼のはちゃめちゃな人生の中で、言いたいことを言い、時代や世間が求めていることをおもしろおかしく表現する作風が見てとれます。
もう一人の長谷川三千子氏も名うての保守派論客、NHKの姿勢に不満を持つ二人の活躍?は想定通りでした。

浜田委員長が「容易ならざる事態。経営委員も自ら律する必要があると考え、委員会全体で意思統一をはかった」とのべ、「一定の節度を持って行動していく」という異例な見解を出しました。

百田氏の応援演説に「確かに経営委員です。経営委員は、放送に関して不偏不党であらねばならない、そして中立であらねばならない。それはあくまでNHKの放送に対してです。私のプライベートで私が誰を信じて、誰を応援しようが、これは私の自由です。これは民主主義ですから。もしこれで、お前はNHKの経営委員にふさわしくないというなら、私はいつでもクビになってもいい。」と述べています。

改憲論者だったり戦後史への異論はともかく、「公正、不偏不党な立場に立って・・・健全な民主主義の発達に資する・・・」自覚を持つべき経営委員の言いたい放題、やりたい放題を許すわけにはいきません。
ご本人がいみじくも仰るように、公共放送の使命と経営委員の自覚、民主主義の意味が理解できない人は経営委員にふさわしくないので辞めてもらいましょう。
ご本人も窮屈な経営委員でなく、節度も不要な一個人となってお好きな持論を展開されればよいでしょう。

ところで、都知事選の田母神候補への投票で20代の若者が多かった聞いて愕然としました。
アジアはもちろん世界に尊敬される「優しい日本」ではなく、中韓にはっきり物言える「強い日本」が求められる物騒な世の中になってきました。
ここで教育制度や教科書内容が政権の意のままになると、大戦への反省や謝罪もいい加減となり、その行き着く先が案じられます。

« 2014 但馬山友会総会 | トップページ | 但馬の自然を考える事例発表会 »

マスコミ・出版」カテゴリの記事

コメント

作家、百田氏は小生が京都の一乗寺で下宿をしていた時に遊びに来て(同下宿にテレビの番組ーラブアタックーに出ていた男がいて)会ったことがあります。とにかく独特の異様な雰囲気を持っていました。自分には常人ではないと今でも覚えています。皆さん、覚えていませんか?学生服にマントを来てみじめアタッカーで出ていた彼を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014 但馬山友会総会 | トップページ | 但馬の自然を考える事例発表会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ