但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« NHK新会長の不見識 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol.6、Vol.7 出版準備中 »

2014年1月30日 (木)

寒の餅 かき餅作り

5日に寒に入り20日の大寒、 小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、冬本番時期に餅をつきます。
但馬各地で「かき餅」作りが話題になります。

<上山ふるさと館(新温泉町)>
 エビ、ゆず、のり、黒ゴマ、黒小まめ、青豆、生姜の7種類を藁で編み上げて吊します。
4枚×7種で600円
 
<そば処てっぺん(新温泉町)>
 白、ごま、エビ、黒豆、青のり、梅じその7種類をそれぞれ砂糖味と塩味とに分けて、藁で編み、40枚1組の連を作り、天井からつるして乾燥させます。
1連650円
<伊佐屋(旧日高町・元菓子舗)>
 エビ、黒豆、青のり、昆布、黒砂糖の5種類をなまこ形に延ばして乾燥させ、縦4センチ、横7センチ、厚み3.5センチにカットします。
2日おいて網棚に並べて風も日も当たらぬ部屋で1ヶ月乾燥させてできあがりです。
こちらは自家消費用で販売はしていません。

1月27日に餅をついて、翌28日にカットし2日寝かせて30日に網に並べました。
黒砂糖                    青のり
Photo_5 Photo_6
エビ                      ちび黒豆
Photo_7 Photo_8
しっかり乾燥したものを、火力調整可能なオーブントースターの中火でじっくり焼いて、薄く醤油をつけて缶に入れておき、酒のつまみやお茶うけに使います。
辛党の我が家は焼き専門ですが、油で揚げても美味しいようです。
このかき餅が食べられるようになると雪国但馬にも春の訪れが感じられでしょう。

 

« NHK新会長の不見識 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol.6、Vol.7 出版準備中 »

伊佐屋物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK新会長の不見識 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol.6、Vol.7 出版準備中 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ