但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 伊智神社 護持の歴史 Ⅵ | トップページ | シルフィーのクレーム »

2014年1月12日 (日)

2014初登り 小野アルプス

チームF1Bの恒例行事、新春初登りは小野市にある小野アルプス縦走。
一昨年は高御位山、昨年は明神山、但馬は雪の中なので、神戸や播磨に出かけます。
紅山コースと中コース
Img_20140114_0002小野カントリー横にある鴨池をスタートして→紅山の岩登り→展望デッキ→惣山(小野富士)→アンテナ山→総山→アザメ峠→鴨池へもどる周回コースで、小野アルプスの西半分、約3時間半標高差110mのハイキングコースです。

最初の紅山(184m)の岩場は下から見ると誰でもびびるほどの傾斜で、角度が35度はあるといわれています。
別の道もあるけど他のメンバーが登るというので、しぶしぶ覚悟を決めました。
前のペアが登り始めましたが途中で女性が無理と判断し、引き返しているのを見ましたが、降りる方がもっと大変そうでした。

慣れれば恐怖心は減るのでしょうが、滑り落ちると下まで転げて大けがは間違いありません。
なぜかロープも鎖もないのですが岩がでこぼこしていて滑りにくいのが頼りで、ほとんど手足を使う4点支持でひたすら上を見て登ります。
岩登り小さい点が人        上から下を覗く
P1120019 P1120035_2
今回のメインルートを過ぎると後は紅山を下り、小野アルプス中コースのルートを惣山(199m)で昼食、アンテナ山、総山と続きアザメ峠に降りて鴨池へと帰るハイキングコースでした。
紅山山頂              西:権現湖方向
P1120037_2 P1120038
次に向かうアンテナ山と総山   振り向くと紅山の岩場
P1120045_3 P1120041
あいにく曇りがちのお天気で、淡路島や明石大橋までは見えないものの、3連休でそこそこの数のハイカーでした。
小野アルプス最高峰惣山     アンテナ山
P1120047_2 P1120049_2
最大標高差110mの物足りなさもあの岩登りが帳消しにしてくれる迫力で、昼休憩30分を含めて4時間半ののんびりハイキングを楽しみました。
昨年の明神山では遭難騒ぎがありましたが、今回は何事もなく終わることができました。
これから5月の麒麟獅子マラソンまでそれぞれがトレーニングを続けることになります。
 

« 伊智神社 護持の歴史 Ⅵ | トップページ | シルフィーのクレーム »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

やはりいい眺めですね。しかしけっこう険しいですね。気をつけてくださいね。

この伊佐屋のレポートを見て、遅まきながら17日に小野アルプスに行って来ました。天気に恵まれ、女池のコハクチョウにも会ってきました。女房殿と一緒なので、紅山には登らず、単に惣山に登って下るのんびりしたハイキングでした。惣山から紅山を眺めていて面白い光景に出合いました。紅山の急斜面をゆっくり、ゆっくり、途中で引き返すのではと思うほど躊躇しながら先行する2人の登山者がいました。その後ろから犬を連れた1人が慣れた様子でぐんぐん登って行きます。犬のリードを持ったまま、立ったまま、驚異的なスピードで登って行くのです。4点支持などどこ吹く風の勢いで、あっと言う間に頂上に到達してしまいました。犬はともかく、どえらい人がいるものだと感心したものです。

中高年のハイキングコースとして人気のようですね。紅山を跳ねるように降りている人に会いました。聞けば二十数回経験しているとか。
歳をとると高所や閉所に対する恐怖感が増すのと涙腺がゆるむのを感じます。
次は紅山はやめて、鴨池から惣山を経由して東端の白雲谷温泉までの縦走を狙います。

たぶん知っていると思いますが、2010年2012年と登った高砂の高御位山304mがお勧めです。奥方とご一緒にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊智神社 護持の歴史 Ⅵ | トップページ | シルフィーのクレーム »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ