但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 三久安山 山粧う尾根歩き | トップページ | 神鍋山野草だより 11月第1週 »

2013年11月 3日 (日)

紅葉登山大会 須留ヶ峰

Scn_0003 須留ヶ峰は養父市の旧養父町と大屋町にまたがる1054mの高峰で兵庫50山にも数えられています。
旧養父町側の餅耕区では登山道整備をきっかけに毎年「紅葉登山大会」と銘打って村を挙げての取り組みです。
3年前に一人で登ったとき、麓の鳥居前に置いてあったノートに記帳してから、毎年招待ハガキをいただきます。

2010年5月に登った須留ヶ峰の様子です。 ↓ 
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/1054-9598.html

出発式               ウオーミングアップ
Pb030002 Pb030009
あいにくの雨模様で地区外の参加は30数名、好天に恵まれた一昨年は総勢100人を超えたそうです。
区民からも声援           沢渡り
Pb030013 Pb030016
丸木橋渡り             紅葉の登山道
Pb030017 Pb030020
山頂まで3時間弱のコース、丸木橋を何度か渡り、渓流沿いの道を登り中間地点でやっと目指す山が見えてきます。
ここから山頂まで約70分、須留ヶ峰といっても大杉山1048mと須留ヶ峰1054mとにピークが分かれていて、北西の大屋町からは双耳峰のように見えます。
先に着くのは眺望のよい大杉山で、そこから30分アップダウンを繰りかえすと須留ヶ峰のピークに到着します。
中間地点標識        目指す大杉山
Pb030031_3  Pb030024
鹿網沿いに尾根道から植林帯を登るコースにさしかかると、午後以降との予報だった雨が降り出しました。
尾根づたいの急登         雨具の装着
Pb030032 Pb030048
8合目の杉林で更に強くなり、山頂は身を遮るものがないので、急遽ここで雨を凌ぎながらの昼食となりました。
雨の山頂               眺望ほぼゼロ
Pb030058 Pb030053
集合写真               宍粟と但馬の美女と記念に
Pb030067_2 Pb030062_4
雨も降り続き視界もまったくきかない大杉山から須留ヶ峰のピーク目指して行動開始ですが、そのまま下山した人もいたようです。
須留ヶ峰への最終登りは滑りやすく、降りる途中に足をくじいてしまいました。
取りあえず応急処置をして休み休み下山しましたが、とうとうビリで麓到着です。
昨日の三久安山に続く登山で無理があったかもしれませんが、雨天時の備えに油断があったのでしょう。
会場の公民館
Pb030076_2 下山すると餅耕地区の公民館で、温かい豚汁や柿や菓子・お茶やコーヒーの接待を受け、それぞれ雨の中の健闘を讃え交流を深めました。
山崎町から参加された女性二人に、宍粟50名山挑戦のお誘いを受けました。
どちらも完登記念Tシャツを身につけて、二度目にチャレンジされているとお聞きしました。

あいにくの雨で眺望や紅葉を充分に楽しむことはできませんでしたが、京都市や神戸市、宍粟市など各地から参加があり、今後更に須留ヶ峰のよさが広まっていくでしょう。
登山道の整備や参加者の受入、下山後の接待など地元の方々には大変お世話になりました。
   

« 三久安山 山粧う尾根歩き | トップページ | 神鍋山野草だより 11月第1週 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

一日違いのお天気の変わり様、いつもの文化の日は晴天の日が多いのに・・・雨の大杉山から須留ヶ峰へのアップダウンはよく滑りましたね。ちっとも存じませんでした。
Tシャツ(黒)につられて来年は宍粟50山目指しましょう!!宍粟の美女さんともお会いできるかも。いつもここの温かいおもてなし(このところ頻発しておりますが)にはほっこり致します。
三瓶山情報楽しみにしております。

Sさま
コメントありがとうございます。
思ったよりも足の状態が気になるので、三瓶山は取り止めました。
それにしても山友会の諸先輩はタフですね。

雨の中の登山でしたがとても楽しかったです。
素晴らしい山の先輩方とお話しが出来てこれからも山歩きを続けたいと思った一日に成りました。
宍粟の50名山にもぜひ来てください。
来年は主人も是非須留ヶ峰登山に参加したいと言っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三久安山 山粧う尾根歩き | トップページ | 神鍋山野草だより 11月第1週 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ