但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« パステル・水彩画作品展開催中 | トップページ | 自主上映映画 ひまわり »

2013年11月 7日 (木)

とよおかの城郭見学 三開山城

6月の有子山城跡、9月の豊岡城跡につづいて10月27日開催の山城探訪は三開山(みひらきやま)城跡です。
豊岡市教育委会の主催で、「ふるさと豊岡再発見の旅」のうち城郭コース、講師は但馬史研究会副会長で城郭研究の第一人者の西尾孝昌氏。
三開山はご当地富士の「但馬富士」にあげられていて、山城だけでなく古墳も見つかり八十八箇所のお地蔵さんも置かれています。
標高201mの低山ながら眺めのよいハイキングコースとしても知られ、登山道は数カ所あります。
今回は曹洞宗瑞峰寺に集合し、寺横からの登山道を登り大篠岡に下りました。
瑞峰寺山門             千畳敷(居館跡)
Pa270069 Pa270008
古墳の説明             玄武岩の地蔵
Pa270014 Pa270035
城跡については城の遺構や古文書などから調査されますが、記述のある唯一の古文書「伊達家文書 伊達朝綱忠状」から南北朝期の城主は山名時氏で、北朝方との半年にわたる攻防で敗退したことが書かれているそうです。
ただ先生が調査されてると、南北朝期の特徴とともに畝状竪堀や改修にみられるように戦国末期の特徴を持っているということでした。
資料によると、「城は、主郭から三方向に延びる尾根に連郭式に曲輪を配し、その斜面に2条のの堀切と23条もの竪堀を構築して守備する縄張りである。特に、居館側(北斜面)に竪堀群が集中している。また山頂から下りた平坦面には、「御屋敷」と称する方形居館を構えている。(後略)」
竪堀                堀切
Pa270030 Pa270060
山頂城跡              三開山城跡案内板
Pa270052_2 Pa270051_2 
山頂から豊岡盆地の眺め
Pa270039_4Pa270040_2Pa270041_2
  
天正3年の「野田合戦」の様子と豊岡盆地めぐる闘いの中で諸城の役割や、豊岡盆地に進出した垣屋氏が織田との合戦に備えて、拠点城郭やつなぎの城を補強したのではなかろうかとの説明がありました。
伝承によると天正8年の羽柴秀長による第2次但馬侵攻で落城したといわれているそうです。

南北朝から室町時代、戦国期から織豊期と西の尼子・毛利の圧力と足利幕府や織田豊臣との力関係の中で揺れ動き、中央政権によって滅ぼされた但馬の守護や国人に思いを巡らせた一日でした。
 

« パステル・水彩画作品展開催中 | トップページ | 自主上映映画 ひまわり »

文学・歴史・教養・科学」カテゴリの記事

コメント

歴史ロマンですね~。
眺めさせていただくに
このいただきを目指して
武将たちが駆け回ったんだと
いろいろ想いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パステル・水彩画作品展開催中 | トップページ | 自主上映映画 ひまわり »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ