但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 伊佐屋の由来(続) | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 10月例会 »

2013年10月13日 (日)

伊智神社 2013秋祭り

但馬各地で体育の日をいれた3連休に秋祭りが行われました。
私が子どもの頃は曜日にかかわらず、14日宵宮で、翌15日に本宮が開催されるのがほとんどでした。
当地では「正月三日 盆二日 祭り一日 ことひなか(日中=半日)」と老人達が言っていたのを思い出します。
「こと」とはそれ以外の年中行事をさすのでしょう。

府市場区でも秋祭りが行われ、私の住む2隣保が当番を務めました。
昨年は3年に一度の大祭りでしたが、雨にたたられ神輿の巡行も中止になりました。
今年は祭礼準備と当日の進行、後片付けがさわやかな秋晴れの中、滞りなく行うことができました。
区内団体代表者参列の神事
20131013_105309伊智神社[いち]
御祭神 「神大市姫命(かみおおいちのみこと)」
兵庫県豊岡市日高町府市場字楮根935 

<由緒>
創祀年代は不詳だが、大宝3年(703)春、国司・櫟井臣春日麿がその祖神を祀ったものといわれる。
延長5年(927年)にまとめられた延喜式神名帳には小社に列し、近世までは八王子大権現と称されたが、明治2年伊智神社と改称し同5年に10月村社に列せらている。

境内の左右に境内社として・・・・
右手に日吉神社(大山咋神 )
左手に一宮神社、愛宕神社、須賀神社(須佐之男神) 、芝神社、稲荷神社の五社。


昔話同好会として神社の由緒だけでなく護持の歴史、本社建築も調査することにします。
由緒は延喜式神名帳・但馬故事記・但馬神社系譜伝・校補 但馬考・国府村誌の記述から、
護持の歴史は、区や氏子総代の手元に文書がほとんど残っていないので、棟札が頼りです。
境内社や灯篭・鳥居などの付帯建造物や神輿・屋台も併せて調べてみます。

  

« 伊佐屋の由来(続) | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 10月例会 »

府市場物語」カテゴリの記事

コメント

ここのお神輿は本当に煌びやか、
豪華絢爛ですね。
たしかこちらの神社にはうちの区の神主さんが
お伺いされるんでしたね。
うちの村にこちらの区からお嫁に来られた方があって
そういえば府市場区のお神輿はなかなかだぞって
話をしたところ「えっ!?」とだけ(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊佐屋の由来(続) | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 10月例会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ