但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 豊岡の在来野菜 八代オクラ | トップページ | 但馬妙見山 信仰と歴史の山 »

2013年10月 5日 (土)

但馬の在来野菜 七夕豆

但馬の在来野菜と書きましたが、七夕豆とは我が家で二十年以上前から作り続けている豆です。
七夕過ぎに種を蒔くことからそう名付けたものと思われますが、もとはと言えば、近所の農家から種を頂いたもので、その方も隣村からいただき、さらに隣村の方も出石の知り合いからもらったそうでルーツは定かでありません。
今年は初っぱなからつまずいて散々でした。
播き時期を遅らせたらというアドバイスをいただいて、7月20日頃に播いたのですが、全く生えませんでした。
確認するとなんと古い種で、2013年産は別にしまっていたのに気づかず、近くの方から分けていただき、播いたのが7月末のことでした。
8月に入って見つけた自家産を播きましたが、いまいち発芽が悪いのが気になったものの、遅く播いても彼岸あたりから実を付け量もまずまずでした。
今年の状態             実付きはまずまず           
Pa070087_2 Pa070089_2 
Pa070083_3父の代から20数年作り続けてきましたが、播種時期を勘違いしていたようです。
先日日高町南部の農家さんが作っているのを見て、尋ねたところ、7月末~8月初めに播くとのことでした。
どうやら「七夕豆」の七夕とは一月遅れの七夕時期で、7月では早すぎるようでした。
「早く播くと木ばかりが大きくなって蔓が伸び、風で倒れやすいのと実付きも悪い」との指摘でした。
この方はお隣の養父市の農家から種をもらったそうで、美味しいのが気に入って近くでも数軒の農家が作っているとお聞きしました。

結果として種まき時期が遅くなり木や蔓は伸びませんでしたが、日当たりがよくなったことで、実付きがよくなってまずまずの収穫でした。
「蔓が繁って台風で倒れやすい」「収量が少ない」の欠点は種まき時期の調整でカバーできることが分かりました。
昨年「ひょうご在来種保存会」から取材を受けましたが、「七夕豆」という呼称による勘違いを20年近くもしていたことになりますが、次回からは7月末~8月初めの「適期」を守ることにします。

« 豊岡の在来野菜 八代オクラ | トップページ | 但馬妙見山 信仰と歴史の山 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊岡の在来野菜 八代オクラ | トップページ | 但馬妙見山 信仰と歴史の山 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ