但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« ちりめん細工展のご案内 | トップページ | とよおかの城郭見学 豊岡城 »

2013年9月12日 (木)

2013ふるさと特派員9月例会 但馬の秘境を訪ねる

但馬ふるさとづくり特派員の仲間入りして3年目、ほかは7年の経験を持つベテラン揃いで、未知の場所や風物を体験させてもらえます。
今回は「但馬の秘境を訪ねる 滝・棚田・カツラの巨木」がテーマで、香美町小代区の渓谷や山麓のジオエリアを訪ねてきました。
まずは温泉施設「おじろん」横の横手を流れる久須部川の滑川、名の通り川床全体が黄色い滑り石でできていて、子どもたちが川遊びをするのにもってこいの場所です。
滑川                 ヤマボウシの実
Img_9095_2 Img_9111
久須部川は日本海に注ぐ矢田川の源流のひとつで、仏の尾(1,227m)に源を発し、周囲の冷水を寄せ合わせ、吉滝、荒滝、要の滝などを経て久須部集落を抜け矢田川本流に注いでいます。
 久須部渓谷は主に久須部地域内の渓流並びに周辺部の総称で、その中心域に渓流釣り場、散策路、釣り堀や山菜採り、アマゴや山菜料理などを賞味できる滝見亭を有し、四季の織り成す自然は一幅の絵のようで、特に夏の滝に囲まれた冷涼な風情はしばしば浮世を忘れさせてくれます
。(香美町ホームページ
要の滝             三段滝
Img_9140_3  Img_9130
ツユクサ               オタカラコウ
Img_9154 Img_9161
吉滝(正面)           吉滝(裏見の滝)
Img_9253  Img_9237
カメラのベストポジション
Img_9296_3

秘境と呼ぶのが申し訳ないほど、駐車場や滝までのアプローチが整備されていて、移動もさほど苦労は感じませんでした。
先週の雨で滝の水量が充分足りていて、いずれも小規模ながらも個性的な滝ばかりで、カメラマンにとっては、堪えられない題材です。



吉滝キャンプ場からの展望    うえ山の棚田

Img_9304 Img_9309_3
フウロ                 ツリフネソウ
Img_9165 Img_9187
ナナカマド              オオカサモチ
Img_9300 Img_9314
新屋の八反の滝     トチの巨木
Img_9320_2  Img_9359_2
トチが実りはじけて落ちる時期を迎えていて、今年は豊作とか。
トチは水を好むので、渓流添いの沢筋に生えていて、とちのき村の大トチの木から次々と実が落ちる音を聞いてびっくりしました。
滝も山麓も紅葉の時期にもう一度訪れたい魅力的な場所です。

但馬情報特急 特派員だより 但馬の秘境・おじろの滝めぐり 
http://www.tajima.or.jp/modules/furusato/details.php?bid=3733
  

  

« ちりめん細工展のご案内 | トップページ | とよおかの城郭見学 豊岡城 »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

うえ山の棚田はぜひ見てみたいです。
似たような光景を昔かみさんの実家の行く途中、
バスの中から何度か。
懐かしい光景、今でも脳裏に焼き付いています。
古き良き日本の風景ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちりめん細工展のご案内 | トップページ | とよおかの城郭見学 豊岡城 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ