但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 北アルプス白馬岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス白馬岳紀行 Ⅲ »

2013年8月30日 (金)

北アルプス白馬岳紀行 Ⅱ

目標とするのは主峰白馬岳2,932m、そこから少し下った白馬山荘までの行程は標高差が550m、最初は緩やかな登りから途中の小蓮華山→三国境を経由する道は、尾根や岩稜のアップダウンが続き、4時間程度かかるタフなコースです。
前日の悪天候もあって、白馬岳から大池へのすれ違う登山者は少ないものでした。
白馬大池を出発          白馬山頂は遥か向こう
20130824_125044 20130824_131213
雲が湧き寒風が・・         小休憩
20130824_131224_2 20130824_140714
低気圧の南下に伴って寒気が入ってきたようで、北西からの風がだんだん強くなってきて尾根筋になると風上に体を傾けて歩くようになります。
強風に吹きさらされた「船越の頭」付近でメンバーの一部に高山病の症状や体温低下が出ました。
リュックの中味を出して班で分担したり、休憩時には周りを囲んで風よけになるなどチームならではの対応がありました。
6班のメンバーは「この尾根の西側に落ちると富山県警、東側に墜ちると長野県警山岳救助隊のお世話になるな」などの冗談話が出るほど元気でした。
富山県黒部側           長野県白馬村方向 
20130824_135427 20130824_131615_2
大池出発後約2時間で小蓮華山2,766mの山頂、風も強く寒いのですぐに出発します。
小蓮華山山頂           白馬岳へ
20130824_142225 20130824_145637
小蓮華山から三国境まで稜線歩き、天気がよければ高山植物や眺望が魅力なのででしょうが、ガスと強風に悩まされながらも進みます。
馬の背の斜面をのぼり、痩せた岩稜を越えると突然白馬岳山頂が現れました。
山頂到着が16時、大池からは悪天候に悩まされながらも予定どおりの時間でした。
白馬岳山頂             方位盤
20130824_160120 20130824_160214
360度展望できる山頂には、石の方位盤が置いてあります。
新田次郎の小説「強力伝」には、強力小宮正作が50貫(187kg)近い巨石を背負って、大雪渓を越え山頂に据えた様子が書かれています。
強風と寒さでじっとしていられない山頂、展望は明日のお楽しみにして、少し下った白馬山荘へ着いたのは16時20分でした。
6班のIリーダーには痙攣防止の漢方薬や磁気シールを準備していただく心遣いもしていただきました。
白馬山荘正面            レストラン「スカイプラザ白馬」              
20130825_053030_2 20130825_053229_2
夕食
20130824_170938_2 明治38年(1905年)開業以来100年を超える歴史があり、
立山など宗教登山の小屋を除いて最古の小屋といいます。

1000人近い収容人数を持つ日本最大級の山小屋ですが、荒れ気味の天候のため宿泊者は少なめ。
夕食はハンバーグ、味も量も充分で、頑張ったご褒美のビールと共に満足しました。
今まで経験した小屋は、テーブルのトレーにすでに盛りつけてありましたが、ここは自分でトレーを持って順番におかずや汁を受け取る方式で、多人数を捌く為にも合理的な方式と感心しました。 
 

« 北アルプス白馬岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス白馬岳紀行 Ⅲ »

加藤文太郎山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アルプス白馬岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス白馬岳紀行 Ⅲ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ