但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅱ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅳ »

2013年8月 9日 (金)

北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅲ

蝶ヶ岳ヒュッテは予約を受けないということなので、早速宿泊手続きします。
一泊夕朝食で9千円、昨年もそうでしたが北アルプスの小屋は統一しているようです。
夕食は後の班で6時から、朝食は5時半から早いもの順です。
ヒュッテから山頂はキャンプ地を通ってすぐそこ、山頂と北側の展望所の2箇所が絶景ポイントです。
北や東は雲が少ないのですが、穂高連峰や槍が見えるはずの西側は雲がかかっています。
ヒュッテと蝶ヶ岳山頂       登頂写真
Dscf1188_2 Dscf1182_3
槍や穂高は隠れて見えぬ     雲が背を分かつ常念岳の尾根
Dscf1186 3
            徐々に回復へ
10 Dscf1203_2 
ここが我らの夢の床        高度2,630m
Dscf1222 Dscf1223
山飲み開始             明日のお天気は曇り晴
Dscf1217_6 Dscf1220
常念からの縦走組、上高地側からの登山組でお客はまずまずの入りです。
うっかりしてると頭を打つような狭い二階ですが、布団一枚に1人の贅沢さです。
テレビの予報では安曇野近辺は晴れ、「蝶ヶ岳は曇りか霧、日中時々晴れ午後一時雨」で早朝の好天による絶景期待で、深酒せずにおとなしく休みました。
   

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅱ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅳ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅱ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅳ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ