但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅲ »

2013年8月 8日 (木)

北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅱ

蝶ヶ岳の由来は、常念岳と同じように山の稜線付近に現れる雪形からで、安曇野から見えるこの白い羽根のチョウの雪形を農耕の目安としていたそうです。
但馬ではタニウツギを田植え花、ネムの花が咲くとアズキ播きなど花木を目安のしたものがありますね。
蝶ヶ岳に登るには、常念岳経由の縦走と上高地側からがありますが、安曇野側の三股 - まめうち平 - 大滝山分岐-山頂のルートを選びました。
ある案内書に「3本の登山道の中で、もっとも短い時間で頂に立てる。登り4時間25分、下り2時間40分。7時間かければ日帰りも可能」と書いてありました。
他の案内書には約5時間45分、三股登山口の案内板には5時間30分と書いてあったのを見逃してしまいあとで痛い目にあうことになりました。
始まりはやはり雨         案内板(5時間30分と表示)
Dscf1067_4 Dscf1325_4
麓の常念坊出発が朝7時、駐車場には関東関西からの車で7割方埋まっています。
天候は回復傾向ですが、8時40分出発の三股登山口では細かい雨模様で早速合羽を着るハメになりました。(幸い1時間ほどで止みました)
カラマツ林             カツラの森
P1010257 P1010249
最初は沢沿いにカツラの巨樹があちこちに立ち並ぶ快適な登りでしたが、樹林帯がずっと続き、急坂を越えるとカラマツ林、さらに越えると針葉樹林の急坂が連続する道です。
最初に気負いはどこへやら、こんなはずではなかったと愚痴が出る始末でした。
29日の悪天候のせいか登山客もさほど多くありませんでしたが、追い越したのはゼロ、すべてのグループに先を譲る遠慮深い私たちです。
ゴジラみたいな木         中間点マメウチ平到着
Dscf1082_2 Dscf1097_3
平坦地マメウチ平到着が11時20分、3時間近く登れば山頂が見えるはずでしたがとてもとても・・・。
お隣の常念岳           山頂と蝶槍が見える
Dscf1105 Dscf1107
お昼ごはんで元気を取り戻し、さらに登るとやっと見晴らしのよいところに出て、山頂に雲がかかる常念岳(2,857m)と目指す蝶ヶ岳が望めるようになりました。
登る途中のあちこちに高山植物がかれんな花を咲かせ、その都度写真に納めましたが、あとで一括して披露します。
マメウチ平付近の平坦地を過ぎると急坂が連続し、花の観察と称しては休憩をとりながらすすむと2,500mの最終ベンチに到着しました。
標高2,500m          常念岳も身近に
Dscf1143 Dscf1146
少し傾斜が緩やかになってダケカンバやナナカマドの林を登ると稜線にでて、お花畑を愛でながら少し進むとキャンプ地越しに赤いお屋根の「蝶ヶ岳ヒュッテ」が見えてきました。
森林限界              大滝山分岐          
Dscf1174_2 Dscf1161
到着は午後3時30分、花の観察と撮影に時間をかけたこともありますが、 4時間半の予定が7時間かかってしまいました。
山頂付近は曇りながら、北に常念岳が、東に山頂に雲がかかった穂高の峰々と槍ヶ岳が望めます。
「♪槍や穂高は隠れて見えぬ。見えぬあたりが槍穂高♪」(アルプス一万尺)
何はともあれ蝶ヶ岳(2,677m)山頂に到着しました。

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅲ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

あ、こちらから登られたのですか。
車ならそれが便利ですね。
山はゆっくり上るのが一番。
楽しむために行くのですから。

素晴らしい景色ですね。
お元気そうで何よりです。
暑いですのでご無理されませんように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 北アルプス蝶ヶ岳紀行 Ⅲ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ