但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2013 コウノトリ 育雛中 | トップページ | 2013初夏の菜園 トンネル育苗 »

2013年5月12日 (日)

蒜山(ひるぜん)縦走

但馬山友会5月例会は美作の国(岡山県真庭市)、「西の軽井沢」蒜山(ひるぜん)高原にそびえる三座のうち、主峰上蒜山1,202mから中蒜山1,123mまで縦走して、塩釜冷泉に下るコースです。
この時期の蒜山はカタクリの花が見られ、雄大で美しい蒜山三座は伯耆の国大山の荒々しさと較べて女性的な山ともいわれています。
前日の雨も止みさわやかな五月晴れの中、豊岡発の大型貸し切りバスで補助席も使って49人の満席です。
登山前のストレッチ         登山開始
P5120009 P5120014
登山口から杉林の階段状の急登が続き、草原の登りになるとこ眼下に高原ののどかな景色に中に、萌えいずる新芽や若葉・常緑など様々な緑が山笑う状態となって目をなごませてくれます。 
    草原の登りから蒜山高原の景色
   P5120026_2
登山道両脇の林にはワラビやコシアブラなどの山菜が、足元には可憐な山野草が咲いています。
ダイセンオトギリ          ハルリンドウ
P5120041 P5120043
クロモジ               オオカメノキ
P5120048 P5120082
登山開始が10時過ぎ、上蒜山手前の八合目槍ヶ峰まで2時間、ここでの昼食となりました。
右奥は上蒜山山頂        東に中蒜山(谷には残雪)
P5120075  P5120067
昼食後しばらく登ると蒜山三座の主峰上蒜山山頂です。
残雪を頂く大山          中蒜山目指して縦走
P5120069 P5120091
お目当てのカタクリの花
P5120061_2 P5120104
ショウジョウバカマ         イワカガミ
P5120114 P5120133
キクザキイチゲ           ミヤマカタバミ
P5120119 P5120087
ダイセンミツバツツジ        イカリソウ
P5120137 P5120141_2
中蒜山への尾根伝いの笹やブナの林を抜ける縦走路は200m近く下って、登り返すため結構疲労度が高いものの、北方向に見える日本海や弓ヶ浜の絶景が疲れを癒やしてくれました。
          日本海方向の景色
   P5120120
ブナの林                               前方は中蒜山山頂
P5120094 P5120098
中蒜山山頂(後ろは上蒜山)   下蒜山
P5120129 P5120131
中蒜山からヒノキ林の階段状の急坂を唯々下るのみの80分で塩釜冷泉に到着しました。
ミツバツチグリ            塩釜の湧水
P5120149 P5120153_5
登山口駐車場が10時で塩釜温泉に下山したのが16時過ぎ、休憩もいれて6時間の山歩きでした。
澄んだ五月晴れの好天、湿気もなく1,000m級の山では少し汗ばむほどの気温でした。
49人が周囲の山々や高原情緒・日本海の景色を楽しみながらカタクリを始め野草や樹木を存分に楽しんだ一日でした。
  
  

« 2013 コウノトリ 育雛中 | トップページ | 2013初夏の菜園 トンネル育苗 »

但馬山友会」カテゴリの記事

コメント

すっかり初夏の模様となりましたね。
木々や花々もきれいです。
そういえば昨日大嫌いな蛇に2回遭遇しました。
もうそんな季節ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013 コウノトリ 育雛中 | トップページ | 2013初夏の菜園 トンネル育苗 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ