但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 山陰線 鎧(よろい)駅 | トップページ | 『あぶない憲法のはなし』 »

2013年5月 3日 (金)

ならぬことはならぬ 同期生から一言

大学1年の教養課程で「憲法学」を学びました。
まず、「立憲主義とは何か」から始まり、講義で印象的だったのは、「憲法が規制するのは政府・自治体・議員も含めた国家であり、国民を規制(縛る)のは、法律である」。
その証拠に憲法第九十九条には 「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定められています。
それから憲法前文を学び、絶対主義天皇制と軍国主義により引き起こされた国民にとってもアジアにとっても悲惨だった戦争の反省のもとに制定された経緯や天皇主権と国民主権も含めて大日本帝国憲法との違いをを学びました。
とくに戦争放棄による平和主義・国民主権・基本的人権の保障など世界に誇る先進性には感心させられました。

日本国憲法全文 http://kenpo-9.net/constitution/
自民党改正草案 「seisaku-109.pdf」をダウンロード

その一方、占領下における制定の経緯のみを過大に強調し、押しつけ憲法のレッテルを貼り、改憲を画策した勢力はいままで存在していましたが、自民党圧勝後安部内閣成立はこの動きはさらに強めました。
やり方も巧妙で持論の第9条改正は表に出さず、改定手続きのハードルを下げる第96条改正を選挙の争点にするとしています。
「衣の下に鎧が見える」と言いますが、「美しい国」などともっともらしい言(げん)にたぶらかされ、世界のお手本と誇る平和憲法が骨抜きになるのは、昭和22年施行の日本国憲法と「同期生」としてどうしても許すことができません。

伊佐屋三木のblog 日本の青空Ⅱ 日本国憲法を考える 
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-527c.html

自民党の改正草案では、天皇の元首化、公益及び公の秩序の名のもとの基本的人権の制限、集団安全保障・国防軍の創設などなど、とてもとても民主主義国家の憲法とはいえません。
そして「家族、婚姻等に関する基本原則」として「家族は、互いに助け合わなければならない」と道徳義務を国民に規定したり、 「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」とも書かれています。

国民が従うべき国家とは一体なんでしょうか?
「そもそも憲法とは権力者を縛り、国民の権利を保障するもの」であるべきで、国民に遵守を求めるものではありません。
現行憲法第99条に定めた 「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」はこの原則を明確にしたもので、憲法をないがしろにするのは、政府や政治家なのは過去の例で明かです。

御本家自民党以外にも公明・維新・みんな・民主党の一部と改憲勢力もかってないほど増加しました。
憲法改正は、最後には国民投票による国民の直接選択事項です。
政党や政治家に委ねる「お任せ民主主義」ではなく、国民がよく考えて議論をつくし、「ならぬことはならぬ」と叫ぶ時期だと思います。

« 山陰線 鎧(よろい)駅 | トップページ | 『あぶない憲法のはなし』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山陰線 鎧(よろい)駅 | トップページ | 『あぶない憲法のはなし』 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ