但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« ハットウ ヨゴザルカ | トップページ | 新雪の扇ノ山 1,310m »

2013年4月14日 (日)

丹波 向山連山縦走

山友会4月例会は丹波市氷上町の水別れ(みわかれ)公園を取り囲むような向山連山です。
水別れと呼ぶように、ここに落ちた雨粒が片や日本海と片や太平洋側に流れる、日本一低い分水界として知られています。
この時期この山はヒカゲツツジの群落が見られることで人気の山です。
この日も駐車場には大型バスが4台、マイクロバスが1台、自家用車が30~40台停まっていて、姫路や神戸の他に徳島・大阪・和歌山・なにわナンバーが見られるほどの盛況です。
駐車場から連山を望む      ミーティング
P4140007 P4140012
水別れ公園             ミツバツツジがお出迎え
P4140015_2 P4140023_2
いきなりの急登           ミツバツツジ
P4140026_2 P4140030
氷上の市街地           三の山
P4140037 P4140040 
今日の主役 ヒカゲツツジ             
P4140050 P4140059_2
春日の町並みと黒井城跡     アセビ(馬酔木)
P4140057_2 P4140045_2
最高点五の山到達まで2時間半でしたが、前半の低い場所ではミツバツツジ、三の山を過ぎればヒカゲツツジの群落が登りのしんどさを癒やしてくれました。
最高点五の山           縦走後半戦
P4140067_2 P4140071
清水山               剣璽山
P4140075 P4140076 
相当なハイカーが入っているにもかかわらず、僅かの追い越しのほか一方通行でもないのにすれ違いがなかったのが不思議でした。
清水山から麓の黄檗宗の古刹鳳翔寺までの下りは結構厳しいものがあり、足や膝の負担も半端ではありませんでした。

登りの観音堂コースから下った鳳翔寺まで、コース全体が整備され、案内板も随所に設けられていました。
地元の皆さんの自然を愛する心と、多くの人に楽しんでもらいたいという願いがうかがわれました。
   向山連山
P4140088_2
好天に恵まれ、満開のヒカゲツツジに迎えられた5時間強の山行でしたが、この日の参加者は53名、新入会員も紹介され賑わいの一日でした。

 

« ハットウ ヨゴザルカ | トップページ | 新雪の扇ノ山 1,310m »

但馬山友会」カテゴリの記事

コメント

すばらしい春の山々ですね。
しかしみなさん元気な方ばかり。
見習わなければ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハットウ ヨゴザルカ | トップページ | 新雪の扇ノ山 1,310m »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ