但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2013植村直己冒険賞 | トップページ | 昭和の冬遊び けんけらこん »

2013年2月27日 (水)

昭和の冬遊び 竹スキー&ソリ遊び

わたしの幼少期は昭和中期で、戦後の混乱と物不足の時代から経済が徐々に発展していく過渡期でした。
雪国但馬は今と違ってシーズン初めに降った雪が根雪となり、冬は長く厳しいものでしたが、子どもの遊びは外遊びが中心で、男の子は円山川堤防の傾斜を利用したソリやスキー遊びに夢中でした。
スキーは当初上級生が中心になって堤防横に生えている真竹を割って横に繋いだり、孟宗竹を火にあぶって曲げて、自転車のチューブで長靴を固定した簡易スキー板で遊んでいました。
いずれも堤防からの直滑降専門で、曲がったり停まったりすることはなかったように思います。
高学年になって、お古の板スキーと竹製のストックが手に入り遊んだものの、大人用のものでうまく使うことは出来ませんでした。
ソリはといえば、板を使った箱形の本体の両端に割竹を打ち付けて滑りをよくしたものでした。
竹スキー               手作りソリ                    
Scn_0002_4 Scn_0001_6    
(榎勇著 「北但馬 ムラの生活誌」より=榎氏は旧香住町 長井村出身)

雪があれば堤防でのスキー・ソリ遊びに熱中し、頭から足の先までびしょ濡れになって家に帰ってコタツで乾かしすのが一仕事でした。
何をするにも物がない時代で、大人も子どもの遊びに付き合う余裕もない中で、子どもたちが上級生や兄弟に教えられながら手作りの道具で遊んだなつかしい思い出です。
 

« 2013植村直己冒険賞 | トップページ | 昭和の冬遊び けんけらこん »

青春」カテゴリの記事

コメント

竹スキーは何度か見たことあります。
もう今ではどこかの博物館でしか見られないんでしょうね。
しかし今はいろいろとし進化して高くなってきてますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013植村直己冒険賞 | トップページ | 昭和の冬遊び けんけらこん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ