但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2月のカレンダー | トップページ | 木の殿堂 2013スノーシューウオーク »

2013年2月 5日 (火)

冬のええもん かき餅づくり

「ええもん」とは子どものおやつをそう呼んで、但馬で冬の「ええもん」のかき餅はどこの家でも1月中旬から節分までの寒の時期に寒餅を作っていたものでした。
寒中についた餅はカビが生えたり、ひび割れすることが少ないこと、貯蔵中に虫に食われることが少ないことが挙げられます。

かき餅(欠餅)はこの餅を薄く切って乾燥させたもので、寒の風物として新温泉町のそば処「てっぺん」さんのかき餅作りが有名ですが、我が家も例年どおり、青のり、黒豆、えび、塩昆布、砂糖の五種類をつくり作りました。
我が家のこだわりは、餅米だけでなくくず米(いりご)を少し加え、歯ごたえをよくしていることです。
昔は藁で編んで吊り下げて乾かしていましたが、手間を省くため最近は網戸の上に拡げて乾燥させます。
             網干し

P2030008 P2030010
子どもが「なにかええもんおくれ」と言うと、乾燥させ保存していたかき餅を焼いて醤油をつけておやつにしていました。
子ども頃の焼き役は父で、長火鉢に炭を入れて焦げないように何度も裏返しながら焼いてくれました。
おやつが乏しい冬時期に餅やかき餅は欠かせないもので、炭の暖かさとともに忘れられない味です。
今の焼き役はもっぱら私ですが、火鉢の炭を使うのではなく、オーブントースターを使って上手に焼けるようになりました。

かき餅にまつわる 伊佐屋の昔話をどうぞ 
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-1b82.html

  

« 2月のカレンダー | トップページ | 木の殿堂 2013スノーシューウオーク »

伊佐屋物語」カテゴリの記事

コメント

かきもち大好きです。
昔は太めのやつを焼いて食べるのが好きでしたが、
今は薄いのをトースターで焼いて食べるのがいいですね~。
おかきみたいで。堅いのが好きです!

いいですね。
我が家でも昔は砂糖を入れたり、ヨモギ、豆、桜エビ・・・色とりどりのおかきを作っていました。我が家でも「ええもん」造りを復活させたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月のカレンダー | トップページ | 木の殿堂 2013スノーシューウオーク »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ