但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 中高年スキーの集い | トップページ | 昭和の冬遊び 竹スキー&ソリ遊び »

2013年2月26日 (火)

2013植村直己冒険賞

2013植村直己冒険賞の第17回受賞者に、東京都の登山家竹内洋岳さんに決まりました。
日本人で初めてエベレストを含むヒマラヤにある標高8千メートル以上14座の登頂に成功したことが評価されました。

植村直己さんと冒険賞については 植村直己冒険館 ↓
http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/index.html

竹内さんは祖父の手ほどきで幼少より登山とスキーを始め、高校、大学の山岳部で国内の登山の経験を積んだそうで、名前に「岳」が入っているのも分かります。
「(14座の登頂は)階段で言えば踊り場。まだまだ登ってみたい山はある」「頂上はゴールではなく、降りてこなければならないので通過点でしかない。頂上は一番恐ろしい場所だ」と話していました。

偉大な冒険家は私の隣村・上郷の出身で、幼稚園・小学校・中学校・高校と同じです。
歳が6歳離れていてるのでほとんど記憶にありませんが、川といい山といい同じフィールドで育った人間として誇りを感じます。
北アルプスを始め山に登って兵庫北部から来たというと、植村直己さんや加藤文太郎さんの話題がでることがよくあります。
但馬の厳しくとも豊かな自然や風土が、人を思いやりながら粘り強く頑張る気質を生み、植村家の資質や昭和の時代が相まって「植村直己」を育んだのだと思います。
 

« 中高年スキーの集い | トップページ | 昭和の冬遊び 竹スキー&ソリ遊び »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中高年スキーの集い | トップページ | 昭和の冬遊び 竹スキー&ソリ遊び »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ