但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 不幸な遭難 明神山 | トップページ | 石場つき唄 ヨイトマケ »

2013年1月11日 (金)

体罰を考える

大阪市立高校のバスケット部キャプテンが、顧問教師からの体罰を苦に自殺する事件が問題になっています。
私も中学校から野球部に所属していましたが、体罰はもちろん上級生からのしごきを受けたり、下級生をしごいたことはありません。
強豪校や強化部でもなかったので、実にのびのび部活を楽しませてもらいました。

但馬Uターン後ソフトボールの審判の資格を取り、今度はお世話をする側として女子中高校生や社会人のゲーム審判を20数年間に渡って担当してきました。
その中で中学生における顧問の指導を見聞きするにつけ、疑問を持つことが多々ありました。
小学生の頃に球技経験がない女子に対して、ルールから初歩的技術を教えてそれなりな形にしてゲームに漕ぎ着けることの難しさは理解できないことはありませんが、公式ゲームで感情をむき出しにした指導を見ると、子どもがかわいそうになります。
生徒の感情や技能を考えることなく勝つことに執着し、子どものプレーを逐一非難する教師。
その教師を絶対的存在として、顔色をうかがいながら一生懸命に期待に応えようとする生徒。
そこには練習や試合を通じて体力や技能を向上させ、仲間とともに楽しみながら自身を成長させる視点はあまり感じられません。
体罰を引き起こすまでにはなりませんが、進学後、「もうソフトボールはいや!」といって別の部活を選ぶ気持になるのはよくわかります。

もと巨人軍投手の桑田真澄氏の体罰否定のコメントがマスコミに紹介されました。
『「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。「子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」。「今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。』

顧問の教師に対し、「熱意がある」「鍛えて強くしてくれる」などの肯定的評価もあります。
今回の体罰は学校による部活のあり方、生徒と教師との関係を考えさせるものになりました。
過去に被害例もあり訴えもなされていながら顧問教師による暴走を止められなかった学校の管理体制・教育委員会の対応など問題点が挙げられています。
大津のいじめ事件でもそうですが、追い込まれた生徒が取らざるを得なかったのが自ら死を選ぶことだったのは痛ましいことです。
それがなければ原因究明・実態調査から対策へと進まないのは、死亡事故があって標識や信号が設置されることに似ているような気がします。
もしそれがなければ被害は続いていたのでしょう。

死を持って訴える生徒に対し、学校や教委の対応のお粗末さを見聞きすると、首長を始めとする行政権力の口出しや介入も否定できなくなります。
教育に政治権力や軍が介入し悲惨な結果を招いた反省から、教育行政の民主化や他の行政からの独立させた本来的意味に立ち返り、教育現場と連携して子どもが犠牲にならない確かな教育行政を期待したいものです。
 

« 不幸な遭難 明神山 | トップページ | 石場つき唄 ヨイトマケ »

スポーツ・リクリエーション」カテゴリの記事

コメント

難しい問題ですね。
僕も小中と野球部にいました。
中学校の時は体罰とはいかないもののかなりの怒号が飛び交うグラウンドでしたね。
ここにはいろんな価値観が存在すると思われます。
それを体罰とする人、そうでない人。
ましてPLの強豪校にいながらにして体罰などありえない、という桑田元投手のような人も。
僕はその人の受け取り方の問題でもあると思います。
なので僕は理不尽だと思ったらよく言い返しましたね。
当然部活外でもそうです。
ただ部活の時はうまくなりたい一心でしたので言い返すようなことはしませんでしたが。

この問題で「体罰」という定義が気になります。この事件でのこの教師の行ったことは「体罰」でなく「暴行」です。子供の問題をとらえるマスメディアの言葉の使い方がよくわかりません。「いじめ」はどうしてもあるものですが、事件になるようなものは「恐喝」「暴行」「名誉棄損」であって「いじめ」ではないでしょう。「援助交際」もほんとうは「売春」です。

 社会のルールを守らない、授業中に席に座らず騒ぎ立てるなど根本的な問題のある子には「体罰」は必要だと思いますし、停学による家庭での再教育も必要だと思います。

 それと部活は根本的にやめた方がいいと思います。ヨーロッパのように専門の知識と技能を持った指導者がいるクラブに切り替えるべきです。多くの才能が無駄になっていると思います。

 創造性を育てない指導は全くもってこれからは役に立ちません。よってスポーツの指導に体罰はあり得ないものです。こういう指導者は彼だけでなく世の中にあふれています。子供のためが自分の名誉よくに支配されているのでしょう。

 不幸な子供たちがこれ以上増えないことを祈ります。

体罰
いじめ
万引き

子供の問題に対して、しばしばこのような言葉が出てきますが、これらは暴行・傷害・窃盗という明らかな犯罪です。
子供のためを思うのでなく、保身のために問題を隠蔽する学校と、教師を守るだけの機関と化した教育委員会。。。

おっしゃるとおり、『教育現場と連携して子どもが犠牲にならない確かな教育行政』を確立することが、子供たちと、子供を思う教師たち(多くいると信じています)のために必要なのだと思います。
14年前に教育実習に行き、教職について熱く語り合った多くの仲間が今では中堅教師となっています。
問題を小さく見せかけるのでなく、「事実を事実として捉えて、子供たちを正しく導く教育」の立て直しに期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不幸な遭難 明神山 | トップページ | 石場つき唄 ヨイトマケ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ