但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 神鍋線バス応援感謝コンサート | トップページ | 加藤文太郎 北アルプス登山写真展 »

2012年9月30日 (日)

歴史講演会 但馬の城の移り変わり 

開催中の但馬国府・国分寺館の企画展「但馬の城と館」の
一環として、講演会が開催されました。
講師は但馬の城郭研究の第一人者西尾孝昌氏、テーマは
「但馬の城の移り変わり」です。
   P9300009_2
城のイメージは天守閣や石垣・堀を想像しますが、250以
上確認されている但馬の城のほとんどが山城です。
鎌倉末期から南北朝を経て室町期・戦国期に領主や百
姓の生命・食料・財産を守る避難所として山域に作られ、
普段は麓の館に生活し、戦になると山城に立てこもって
敵と闘います。
私の住む日高町でも、有名なもので宵田城・楽々前城・
国分寺城・水生城があり、現地見学にも参加したことがあ
ります。

講演は「全国の政治や戦いの中で、但馬の山城を位置づ
ける」大切さが話され、徐々に天下統一がなされる織豊期
に作られた堀や石垣・城下町が形成された城との違いが、
説明されました。
山城の遺構によって、築かれた時期の特徴があるのと、
以後改修され戦国期に防御効果を高める堀切や畝状竪
堀などを残す城も数多くありました。

特に西尾先生は山城跡を実際に歩き測量して、縄張り図
を作成することに注力され、数多くの山城の遺構が紹介さ
れています。
今回は石積みの方式によって、年代の特徴があることや
秀吉の朝鮮侵略の時に築かれた「倭城」の技法と思われる
ものも紹介されました。
台風接近で雨が降りしきるあいにくの天気でしたが、歴史
や城ファンが詰めかけ、用意された席が無くなり追加され
るほどの盛況でした。

京にある中央政権を巡る争いと西の大勢力尼子や毛利氏
との軋轢、隣国の守護や国人はたまた一族間の摩擦など
天下統一までは争いの種は尽きなかったはずです。
動乱期に攻防の舞台となった、中世の城と人に思いを馳
せた時間でした。
企画展は11月27日(火)までの開催です。

  <見学会「城跡を歩く」>
・日 時:11月4日(日) 午前9時~12時
・講 師:西尾孝昌さん
・定 員:30名(要予約・先着順)
   *事前にお電話でご予約ください。
   *宵田城跡と国分寺城跡をめぐります。(健脚向き)。
   (但馬国府・国分寺館の企画展ホームページより)


  

« 神鍋線バス応援感謝コンサート | トップページ | 加藤文太郎 北アルプス登山写真展 »

文学・歴史・教養・科学」カテゴリの記事

コメント

そういえば看板出てましたね。歴史好きなら…と思いましたが、行けませんでした。案外近くすぎるのもどうかと…(-o-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神鍋線バス応援感謝コンサート | トップページ | 加藤文太郎 北アルプス登山写真展 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ