但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 常念山脈三山縦走 Ⅳ 縦走 | トップページ | 常念山脈三山縦走 Ⅵ 下山 »

2012年9月 2日 (日)

常念山脈三山縦走 Ⅴ 常念岳山頂

常念乗越に位置する常念小屋(2,466m)から標高差400
m、コースタイム1時間10分、常念山脈の主峰常念岳(2,
857m)山頂に向かいます。
ハイマツと花崗岩が重なるジグザクな急斜面は、朝6時半
から休憩を除いて5時間超歩いた足にはかなり堪えます。
岩塊ゴロゴロ            前方は肩部分
P8260593_2 P8260599
ガスも湧いてくる          ムジナもびっくり
P8260597 P8260603
ここで体力差が出るのか、何回か休憩して息を継ぎなが
ら3時20分(登り始めて70分)で、巨岩が重なった山頂に
なんとか到着しました。
山頂方位盤            右手甲の上に槍ヶ岳
P8260605_5 P8260610_3
上高地~前穂・奥穂・北穂・大キレット・中岳~槍ヶ岳
P8260618P8260619_2
午後3時を超え、ときおりガスがかかるも絶景を楽しむ
我々にサプライズがありました。
香住グループのYIさんに大きなパイナップルを振る舞
っていただきました。
聞けば毎回登頂記念に果物を持って上がってお祝い
するとのこと。
登る途中に匂いが漂い食べ頃サインは出ていましたが
自身の体一つでも大変なのに、重い果物を提げて登る
ど根性に感服しました。
カンパイン!        満開のトウヤクリンドウ
Dc090101 P8260640
岩がゴロゴロしている下りも落石を起こさないよう注意
しながら、生ビールを思い浮かべつつ下ってやっと常
念小屋に到着しました
小屋の黄昏             今宵は一人に布団1枚
P8260651_2 P8260655
一日目の燕山荘ではコンサートがあったので、飲み物や
ミーティング場所の確保ができず、遅ればせながら自己
紹介や参加の動機などアルコールも加わり、和やかな雰
囲気で交流会が行われました。
会長挨拶             自己紹介
P8260659_4 P8260665
夕食                二次会は常念岳を望むテラスで
P8260666 P8260673_2
南:常念岳と半月         西:暮れなずむ山並み       
P8260671 P8260680
夜行バスに乗って山小屋2泊、トイレにいる以外は一緒
という「特殊な環境」で、三山完登の達成感のもと自然に
仲間意識が強まるのは当然でしょう。
いざというときも迷わず水を捨てるつもりで守ってきた?
焼酎やウイスキーも加わって消灯前まで山飲みが続きま
した。 
 

« 常念山脈三山縦走 Ⅳ 縦走 | トップページ | 常念山脈三山縦走 Ⅵ 下山 »

加藤文太郎山の会」カテゴリの記事

コメント

山ならではのお話ですね。楽しそうな雰囲気が伝わって来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常念山脈三山縦走 Ⅳ 縦走 | トップページ | 常念山脈三山縦走 Ⅵ 下山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ