但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 常念山脈三山縦走 Ⅴ 常念岳山頂 | トップページ | 映画「あなたへ」鑑賞  »

2012年9月 3日 (月)

常念山脈三山縦走 Ⅵ 下山

縦走の疲れと心地よい酔いとが相まって、深い眠りについ
く前に、星空がすごいとのつぶやきが聞こえました。
雲海                  日の出間近
P8270001 P8270002_2
雲上のご来光
P8270024_3 P8270046_3
二日連続の晴天で、燕山荘・常念小屋からの夕暮れとご
来光双方に出会える幸運に恵まれました。
赤く染まった西の山並み
P8270041_2P8270042_4
神秘的な中にも暖かい日差しに、下山の無事を念じなが
ら朝食を済ませ、一ノ沢の登山口に向かいます。
登りでなくて幸いと思えるほどの樹間のジグザク道を慎
重に下り、胸突き八丁の細い道を用心しながら通過しま
す。
沢の水場で休憩          ツリフネソウ
P8270063 P8270078
水場が置かれた王滝ベンチを過ぎると、少しずつ傾斜が
緩やかになるのが感じられます。
常念小屋がある乗越を出発したのが6時、高度差約1,0
00mを3時間半かけて登山口まで下りました。
山ノ神                登山口
P8270077 P8270081
一ノ沢で迎えに来ていたバスに乗り、安曇野市穂高温泉
しゃくなげ荘で汗を流し昼食の後、昼過ぎには但馬へ
出発しました。

「山へ登ったという言葉は、降りたという意味も含んでい
る」といいます。
降りていなければ、それは遭難を意味します。

全員が無事に全行程を全うできたことは、これ以上望む
べくもない好天に恵まれたこともありますが、会長始め役
員の皆様のお骨折りとお気遣いによるものです。
私も数年前に痛めた膝が少し気になりましたが、おかげさ
まで遅れながらもなんとかついていくことができました。
また、一人参加で不安もありましたが、会の皆さんの和や
かな雰囲気とご配慮で気の置けない山歩きを楽しむことが
できました。

新田次郎氏の「孤高の人」で加藤文太郎を知ったのが30
年前のことで、2010年に刊行された谷甲州氏の単独行者
(アラインゲンガー)新・加藤文太郎伝」
を読み、ラジオドラ
マ「山の声」
もLIVEで聞き一層ファンになりました。
会長からお聞きしたところ、ツアーには参加されませんで
したが、我々に会うためだけにわざわざ一人で横浜から
燕山荘に泊りに来て、すぐに帰るという凄い女性会員も
いらっしゃったそうです。
加藤文太郎山の会 Tシャツ 買いました
T T_2
 
孤高の人よ~加藤文太郎の歌 You Tube (4分37秒) 
     
リピート山中 作詞作曲
http://www.youtube.com/watch?v=qv5nBhzV70s
Photo_6   
車中でツアーの反省が何点か挙げられましたが、もっともな
意見が多く、今後の活動に活かされることでしょう。
還暦前に始めたため数少ない山行ですが、その中で印象深
く感動的な体験をさせていただきました。
冒険家植村直己氏とともに希代のアルピニストを生んだ但馬
ですが、その活動が根付いているとは決していえません。
及ばずながら私なりに二人の足跡や山の魅力を伝えていきた
いと決めました。

 

« 常念山脈三山縦走 Ⅴ 常念岳山頂 | トップページ | 映画「あなたへ」鑑賞  »

加藤文太郎山の会」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。長い長い楽しい行程でしたね。無事のご帰還お疲れ様でした。写真も素晴らしくご来光に雲海、きれいでした。

 すばらしいことですね。

 但馬の山の登山ガイドブックとかいかがでしょうか。身近な山の気軽に登りたいのですがそういう情報が少ないですよね。
 頂上の様子とか、途中の絶景ポイントとか面白そうです。

天候に恵まれたすばらしい山行、うらやましい限りです。

わたしは仕事の都合がつかず、8月は結局泊りでは行けずじまいでした。(T夫妻は2泊で五竜に行ってきたようです)

9月こそはと、新穂高⇒西穂⇒上高地を計画中です。今年は10月まで期間を延ばして山を楽しめればと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常念山脈三山縦走 Ⅴ 常念岳山頂 | トップページ | 映画「あなたへ」鑑賞  »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ