但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 神鍋高原ジオウオーク 溶岩流コース | トップページ | 豆腐づくりにかける思い »

2012年8月12日 (日)

友との別れ

人生には多くの人との出会いがあり、そこから織りなされる人間模様が、その人の歴史を作るといいます。
私の人生に影響を与えてくれた友人は二人ですが、同じ肺がんで闘病の後、ついに力尽きて逝ってしまいました。
亡くなったNくんは高校からの友人で、進学先の松江にも赴任先の京都にも必ず現れ、様子を案じてくれました。
但馬へUターンしたときも、大歓迎してくれ何かと世話を焼いてくれる優しい心の持ち主で、義理人情を大切にする昔気質の人でもありました。

浄土真宗本願寺派の西楽寺さんが導師でしたが、通夜でのお説教が印象に残りました。

歳を重ねると非日常=死が現実味を帯びてくること。
 それを意識し、心構えをしておきたい。
人生経験を積むと家族や親族や友人など大切な人との
 別れを何度か経験することになる。
通夜葬儀に参列することは、自分が経験した悲しみの心 で、故人の家族に寄り添うことであるので、気持ちを込め て二日間をお勤めして欲しい。

通夜、翌日の葬儀告別式を通じて、あらためてその存在に気づき、約50年の交流を思い起こしながら心を込めて見送らせてもらいました。

N君は立命館大学で経済学を学ぶ傍ら、京の老舗店で豆腐づくりを基本から学びました。
卒業後家業を継いで、社会や経済の変化の中で、品質の向上・新商品の開発・新規市場の開拓など職人として経営者として懸命に働きました。

折からの流通構造の変化で、量販店のコストダウンを始めとする様々な要求に応じきれず、経営悪化が徐々に進み、平成9年に廃業に追い込まれました。
同時期に町内の製パン業・製麺業も同じ道をたどりました。
廃業に際し、得意先・仕入れ先・金融機関に迷惑をかけないというのが彼の信念で、そのとおりに実践しました。
ただ従業員さんの生活の糧を奪うことになるのを随分気にしていました。
その後、畳製造の職を得た彼に研究会例会講師として、豆腐にかける思いを話して欲しいとの依頼がありました。

超アナログ人間だった彼の残したデジタルデータを会のホームページでご覧下さい。

但馬学研究会
但馬学研究会2002年11月例会 「消えゆく街角の豆腐屋さん」
http://www.tajimagaku.net/houkoku/02/hida_0211_toufu.html

 

« 神鍋高原ジオウオーク 溶岩流コース | トップページ | 豆腐づくりにかける思い »

青春」カテゴリの記事

コメント

お勤めご苦労様でした。僕も昨日小中高とお世話になり、そして消防などでもお世話になった2つ上の先輩を見送りました。あまりにも唐突であり、早すぎた先輩の死を受け入れるのには時間が少しかかりそうです。

N君とは家が近所で同級、幼稚園から高校まで同じ、大学に行ってからも三木君や浅倉のT君と一緒によく遊びました。以前広井のM君の家に泊めてもらい、そのときの虫追いの火祭りの思い出をこのブログでコメントさせてもらったことがありましたが、N君と一緒でした。
お父さん達が作った組合の跡を継ぎ、懸命に頑張っていた姿は、帰省の度にお袋から聞いていました。本物の豆腐を、家族だけで作れるだけ作り、高くても買ってくれるお客がいて商売が成り立つには、日高はあまりに小さく、人も少なく、時代も早すぎたのでしょうか。今からならきっとできただろうにと思うと残念でなりません。通夜にしか出席できませんでしたが、多くの友人に囲まれ、彼の人柄が偲ばれました。どうか安らかに眠ってください。そして息子さん、娘さん、お孫さん達を見守ってあげてください。合掌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神鍋高原ジオウオーク 溶岩流コース | トップページ | 豆腐づくりにかける思い »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ