但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 水稲の中干しと生きもの | トップページ | 矢次山 568m »

2012年6月24日 (日)

女代神社 茅の輪くぐり

豊岡市九日市にある女代神社は、由緒ある式内社で円山川
と出石川の合流地点に鎮座しています。
大昔からの度重なる洪水にもかかわらず、社殿への浸水は
一度もなく、水に浮かぶが如くたたずむ神社の姿は「浮島明
神」と称えられ、災害や厄難を払い、円山川の交通の安全を
つかさどる神社として知られています。
女代神社              交通安全ステッカー
Img_4409 Img_4408
年末の大祓の儀式とならび、6月末に行われる「夏越しの大
祓い」で行われた「茅の輪くぐり」にお参りしてきました。

宮司の大祓いの祝詞奏上で始まり、予め配布された「切り
幣」といわれる紙片を振りまく「自祓い」行事につづき、「茅
の輪くぐり」が行われました。

祝詞奏上               自祓い              
Img_4437  Img_4443_2
茅ガヤで編まれた輪        茅の輪くぐりの歌    
Img_4413 Img_4426  
6年前の平成19年に40年ぶりに復活した伝統行事で、大屋
川河畔で刈り取られた茅ガヤで編まれた輪を、「茅の輪くぐ
り」の歌をうたい、左・右・左まわりの三回くぐることによって
半年間の自身が犯した罪や穢れを取り除き、新しく生まれ
変わるといわれています。
輪くぐり
Img_4454_2 Img_4471
この日は老若男女の氏子80名近くがお参りされ、神妙な面
持ちで茅の輪くぐりの神事に参加されていました。
かって各地で行われていたものの、時代の流れとともに廃れ
ていった行事ですが、奈良時代に朝廷で始まった日本古来
の伝統ある神事とされます。
毎年6月の最終日曜に開催されるとのことで、茅の刈り取りや
輪の編み込みなどたいへんな作業ですが、「暮らしの中で生
きる伝統行事」として引き継いでいってもらいたいものです。
      『茅の輪くぐりのうた』

<左回り>
思うこと皆つきぬとて麻の葉を
    きりにきりても 祓いつるかな
<右回り>
水無月のなごしの祓いする人は
    千年のよわい 伸と云うなり
<左回り>
宮川の清き流れにみそぎせば
    祈れることの 叶わぬはなし
 

« 水稲の中干しと生きもの | トップページ | 矢次山 568m »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

最近なかなか見られない行事ですね。大切な文化として残していきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水稲の中干しと生きもの | トップページ | 矢次山 568m »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ