但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

菜園春の陣本格スタート

気温地温の上昇とともに、菜園仕事が忙しくなります。
今年は勤務がないので、GW前の浮き立つような感覚もな
くたんたんと処理を進めます。
但馬の春は遅く、種まき適期は4月末以降になるので、月
始めにトレーに種まき、トンネルで防風・加温して育ててお
きます。
育苗用トンネル          早生スイートコーン
P4280007 P4280014
  早生の枝豆         菜豆
 P4280011   P4280008_2
遅霜の恐れもなくなり、路地で育つようになってから定植する
と、直接種をまいて育てるのと半月くらい早く収穫できます。
この後、購入した夏野菜の苗を植えると、畑が一気に賑やか
になります。
 

 

2012年4月25日 (水)

法要準備 畳の表替え

今月末、父の17回忌と母の13回忌法要を行います。
父が亡くなって4年後に母が亡くなったので、3回忌と7回忌
13回忌と17回忌が重なります。
社長が友人であり、山歩きの師匠である植村畳さんにお願
いし、畳の表替えをして頂きました。
朝引き取って夕方には納品、煩わしい家具の移動もやって
もらえます。
工事前             工事後
P4250002  P4250010
居間と客間の8畳二間が見違えるようになり、い草の香り
が部屋いっぱいに広がりました。
建物を建てたのが昭和60年、一度裏返しして今回の表替
えとなりました。
最近の畳床は、芯が発泡体で軽く頼りない感じですが、藁
100パーセントを使ったこの畳床は、まだまだ丈夫で、この
ぶんでは家主より長生きするかも知れません。

生活の欧風化もあって畳部屋が少なくなっていますが、日
本の気候や風土にあった畳の特性が見直されています。
健康面や汎用性を考えるとせめて一部屋は作っておきた
いものです。
い草も中国製が増えていますが、日本では熊本が産地で
「安全・安心・くまもとJAブランド畳表」の認定証がついてい
ました。
 
 

2012年4月22日 (日)

「一次審査」突破にご協力を!

東日本大震災支援として、『コウノトリの箱庭』運動を通じて
被災地と息の長い交流を目指していらっしゃる但馬のイチロ
ーこと北井進さんからの協力要請です。

1年間の東日本大震災支援活動をまとめた動画「心の支援
活動「3・11の365日」が日本財団の「3・11ドキュメンタリー
動画部門」(8分)にアップされました。
コーラスは今年で34年目の「日高女声合唱団」皆さんです。
一次審査は再生回数も考慮され、最終審査は大林宣彦監
督ほか審査委員が行います。
もちろん賞金はボランティア活動に使用させていただきます。

皆さんの力(再生回数)で「一次審査」突破のご協力をお
願いします!


東日本大震災心の支援活動
 『コウノトリの箱庭』運動 代表 北井 進(但馬のイチロー)


この動画(8分)を見ると、新聞等で報道された「コウノトリの箱
庭」運動だけでなく、ぬくもりを持った手作り支援に多くの方々
が参加されていることを知りました。
何度見ても心が暖かくなるのが感じられる活動です。

     
タイトル:心の支援活動「3・11の365日」

2012年4月21日 (土)

春のパステル、水彩画作品展

2010年10月末、個展直前に自宅とアトリエを焼失させ、家
や作品・画材などすべてを失った小山譲君ですが、翌年夏
跡地に自宅兼アトリエを再建させました。
この度「春のパステル、水彩画作品展」を開催の連絡があ
りました。
● 期間 : 4月29日(日)~5月6日(日)
● 時間 : 10時~19時
● 
場所 : 日高町上郷653(頼光寺近く)

案内ハガキ             青木湖より望む白馬三山
Scn_0004_3 Scn_0005_3  
焼失した家は江戸時代前期に建てられたもので、アトリエ
として使っていた部屋には、幅60センチ超の梁が貫いてい
ました。
今度のアトリエも少し細くなった燃え残りの梁を活用し、シ
ンボルとして使っています。
アトリエ小山外観         燃え残った天井梁
P1030119 P1030147
風景中心のパステルと水彩画が中心なので、気楽に見学
でき、購入もできます。
私も何枚か彼の絵を持っていますが、彼は「掛け軸と同じ
で春夏秋冬、季節にあった絵を掛け替えて楽しんで欲しい」
と言います。
会場は日高町上郷、鶴岡橋を渡りきって山沿いの道を少し
走ると、小公園やお寺から建物が見えます。
彼の人柄と交友範囲を反映して、但馬一円から幅広い人が
訪れるのとGWを利用して里帰りのついでにといった知人も
多いことでしょう。

「例年、午後1時から4時の間にお客様が集中します。ごゆっ
くりお過ごしいただける時間をお選び下さい」
とのことです。
 

2012年4月20日 (金)

我が家の水仙たち

早春期に見頃を迎える我が家の水仙が、やっと咲きました。
大雪と低温で、梅も桜もスモモも同時に咲いていますが、水
仙や沈丁花までも待っていて仲間入りしています。
P1000414 P1000417
P1000422 P1000430
P1000423 P1000425
P1000427 P1000431
P1000438 P1000433
P1000415_2
色とらっぱ型かくらいの識別は
できますが、どれも同じように見
えます。
 

2012年4月19日 (木)

御祓山 みづめ桜とミツバツツジ

養父市大屋町は、「樽見の大桜」とともに「糸原のみづめ桜」
が有名です。
18日の絶好の花日和に御祓山に出かけました。
案内看板
P1020100  P1020098
糸原区の尽力で駐車場やトイレも整備されていて、登り始め
るとミツバツツジの群落が迎えてくれます。
この名は小さな葉が3枚づつ付いていることから付けられた
もので、麓は咲き初めが中腹近くなると蕾が多く、双方を楽
しむことができます。
P4180002 P4180008
馬酔木(アセビ)も白い花をいっぱいつけていました。
途中で熊が木に登り、木の実を食べたあと枝を尻に敷く
「熊棚」も見つけました。
馬酔木の花             熊棚
P4180025 P4180009
ツツジやアセビを愛でながら登ること1時間半、山の中腹
(580m)にあるみずめ桜に到着しました。
ご覧のように今年は花はなくつぼみ状態です。
例年なら4月中旬が見頃なのですが、雪と寒さのせいか
1週間程度開花が遅れそうです。
樹齢600年、高さ15m、幹周り4.25m、山復のみづめ桜は
樽見の大桜とともに、但馬で有数の古桜として知られてい
ます。
つぼみ状態のみずめ桜     雪を頂く氷ノ山
P4180041 P4180048_2
   満開のみずめ桜と桜越しの氷ノ山(2010年)
P1020063 P1020060_2
朝から晴天のこの日は、次々に花見を兼ねた個人やグル
ープが登ってきました。
大人数のグループは阪神と豊中からで、バスを連ねての
山歩きツアーとのこと。
開花がまだなのを聞いてがっかりしつつも、みずめ桜で休
憩し、さらに御祓山頂を目指し登っていきました。
.

2012年4月18日 (水)

満開の大桜

指定樹齢1,000年、国指定天然記念物の樽見の大桜で、
県下一、別名「仙桜」と呼ばれています。
場所は養父市大屋町県道養父宍粟線の樽見から林道に
入り、山腹の駐車場から、山道を10~15分登ったところ。
遠くは九州や関東からも見に来る人もいます。

山復に整備された駐車場から登ること400m、石垣を積ん
だ桑畑跡には檜が植林されていて、林を抜けると遠くに偉
容を見つけることができます。
Img_7272 P4180062
平日にもかかわらず他府県からのお客が後を絶ちません。
1,000年の時を経て、幹に空洞ができ、枝や幹が枯れて
きて危険な状態でした。
太く古い幹はジャグル支柱で支えられたり、枝は殺菌剤を
入れ接着剤で固め、柵で根元を保護していますが5~6年
経てば樹勢も回腹して支柱も取れるそうです。
すこし痛々しい感もしますが、仙桜の名に恥じぬ見事な花
を咲かせています。
P4180078 P4180072
   仙桜から養父市の山並みを望む
   P4180082
駐車場から近く休憩所や広場もあり、家族揃ってお弁当を
持って、桜越しに養父市の山並みを見渡しながらゆっくり
楽しむことができます。


 

2012年4月17日 (火)

チームF1B 本格始動

府市場区を中心に上郷と土居のメンバーで構成するランニ
ングチーム「チームF1B」が15日に始動しました。
但馬の冬は我々アスリート?にとって、運動不足による筋
力低下と食べ過ぎによる肥満の危険が増す時期で、春に
引きずるメンバーも少なくありません。
積雪で練習もままならぬ中、「京都マラソン」や「鳥取マラソ
ン」で42.195kmを完走したメンバーもいました。

季節到来に円山川沿いの桜堤で軽ジョギング後、区内の
稲荷社に移動して境内でミーティング兼花見の開始です。
満開の境内の桜を愛でるのもそこそこにカンパーイ!
稲荷社 満開の桜
P1020164 P1020161_2   
ミーティングでは昨年の活動報告に続いて、連絡と情報交
換のためメーリングリストの活用が確認されました。
今後は各自トレーニングを重ねながら、浜坂麒麟獅子(5月
)、神鍋高原(8月)、もみじの里丹波青垣(11月)をマラソン
三本柱に、チームで取り組む久美浜湾一周駅伝(11月)に
参加する新年度活動計画を決定しました。

さらに初夏に県下最高峰の氷ノ山、初秋に北アルプス、晩
秋に但馬の山と3回の高地トレーニングが決まりました。
メンバーも11人、年金組・公務員・会社員・自営と多岐にわ
たり、幅広い年代の集まりで、今年も楽しい走りと登りが期
待できることでしょう。
 

2012年4月16日 (月)

MLB  ジャッキー・ロビンソンデー

今日15日(アメリカ時間)はメジャーリーグにとって特別な日
ジャッキー・ロビンソンデーでした。
黒人として初めてメジャーでプレーした故ジャッキー・ロビン
ソン氏の功績を称え、全選手が背番号「42」のユニホーム
を着て試合を行い、イチローがアスレチックス戦で決勝2塁
打を放ちました。
この日着用したユニホームは後に公式ページを通じてオー
クションにかけられ、ジャッキー・ロビンソン基金に寄付され
といいます。

65年前の4月15日、それまで白人選手しかいなかったメジャ
ーリーグに初めて黒人選手が加わりました。
ジャッキーロビンソンは、有色人種を排除していたメジャー
リーグベースボールにおいてアフリカ系アメリカ人選手として
激しい差別の中デビューし、活躍することで有色人種のメジ
ャーリーグ参加の道を開きました。

<獲得タイトル・記録>
ナショナルリーグMVP 1回:1949年
新人王:1947年
首位打者 1回:1949年(.342)
盗塁王 2回:1947年(29)、1949年(37)
MLBオールスターゲーム選出 6回:1949年-1954年

ロビンソン選手がつけた背番号「42」は、大リーグ全チー
ムが永久欠番として、その功績をたたえています。
以前は希望者だけがこの日に付けてよいことになっていま
したが、何年か前から選手やコーチら全員が身に着けて
敬意を表わすようになりました。
日本人が嫌がる「42」を日本でプレーする外国人選手が進
んで着けるわけですね。

どこの国でも過去に過ちを犯すものですが、アメリカ合衆国
の過ちは、人種差別と原爆投下・ベトナムへの侵略行為と
直近ではイラク侵攻ですが、人種差別に対しては、「マーテ
ィンルターキングズデー」という国民の祝日にしてその功績を
称えると同時に戒めとしています。

伊佐屋三木のblog 「マーティンルターキングズデー」 
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-f5d9.html

1947年は、私が生まれた年です。
アメリカは経済的にも軍事的にも依然として超大国で、政治
姿勢などあまり好きになれませんが、人種差別への反省や
戒めとする姿勢には感心させられます。
 

2012年4月11日 (水)

早春の菜園作業

冬野菜の片付けも終わり、気温の上昇とともに畑が耕耘で
きるようになると、ジャガイモの植え付けが始まります。
ジャガイモは病気のもととなるウイルスのない種芋を毎年購
入して使います。

事前に種芋をカット           植え付け完了
P4010001   P4090103_2
畝は二筋、牛堆肥と元肥をしっかり施した後、片方にダンシ
ャク、もう一方にメークインを植えつけます。
2週間ほどすると芽が出て、元気のものを1~2本残す芽かき
のあと、追肥→土寄せ作業を経て7月始めの収穫となります。
この後GW前までは夏野菜苗の植え付けと枝豆やコーンの種
まきの準備をしておきます。
 
 

2012年4月 8日 (日)

ふるさと特派員ジオウオーク 余部編

「山陰海岸ジオエリアを楽しくウオークする」をテーマに、但
馬ふるさと特派員による最初の企画です。
高気圧に覆われ、風もなく終日日差しが降りそそぐ好天に
8名が餘部駅に集合し、平家落人伝説で有名な御崎集落ま
でウオーキング。
餘部駅(旧橋脚製のベンチ)   自慢の桜並木もつぼみ状態
P4080001 P4080010_3
平家カブラは満開         平家村御崎集落
P4080091 P4080015 
御崎ではまず、伊笹岬突端にある「崎北灯台」まで下り、絶
景を楽しんだ後登り返して御崎灯台で昼食し、普段は訪れ
ることのない御崎大明神・美伊神社に参拝しました。
崎北灯台への下り        
P4080022 P4080040
伊笹岬からみる絶景
P4080045 P4080052
崎北灯台              釣りも命がけ?
P4080050 P4080048
御崎灯台          美伊神社(御崎大明神)
P4080070   P4080073
平内神社ご神前          雪を頂く蓮台山・久斗山
P4080079 P4080094_3 
その後御崎灯台を経由し御崎集落に戻り、若者三人が
矢を射る「百手の儀式」で知られる平内神社にお参りの後
餘部駅までウオーキングです。
歩数24,000歩(概算歩行距離12km)で、平地はほとんど
ありません。
山登りに近いアップダウンの道を歩く健脚コースとなりまし
た。
 
 

2012年4月 7日 (土)

在来作物とは?講演会

在来作物とは、一般的には伝統野菜・地方野菜・ふるさと野
菜などと呼ばれ、一定の地域に世代を超えて自家採種によ
って継続して栽培されてきたものをいいます。
7日の土曜日、「ひょうご在来種保存会」主催の講演会に参加
して勉強してきました。

講師は山形大学 江頭先生
山形アル・ケッチャーノの奥田シェフと二人三脚で、山形の在
来作物の保存発掘作業に関ってこられ、地域と大学と生産者
が三位一体で在来野菜を甦らせた経験をお持ちで、香美町御
崎地区の平家カブラと美方ワサビの花見学が企画され、今回
の講演となったようです。
    20120407_132215    
本来は生活手段だった作物が、「形がよい」「手間がかからな
い」「収量が多い」のが重視され、「売れる」「儲かる」の換金手
段と変わってきて、地域で自家採種されてきた伝統野菜が種
苗会社のF1作物に取って代わられました。
マイ菜園でも、種を残すのは「七夕豆」「小豆」の二種類だけで
ほかは毎年種苗会社のものを購入します。
近年地域や家庭にあった作物が単一化し、多様性が急速に減
少しています。

「ひょうご在来種保存会」の資料では、在来作物としてまとめら
れたものは約80種類。
但馬でも「平家かぶら」「柤(けび)岡キュウリ」「美方ワサビ」「八
代オクラ」「朝倉サンショウ」「小野イモ」「岩津ネギ」などが並び
我が家が情報提供した」「七夕豆」も加わっています。

地元の風土に根ざした作物が作り続けられることで、美味しい
といってくれる人が増え、地元の人が誇りを持って栽培すること
で、世代の交流や食文化の伝承が進められていることの大切
さを感じました。
人も野菜も個をもとに多様性を大事にすることで、地域や文化
を豊にすることの意味を勉強させてもらいました。
 

2012年4月 6日 (金)

梅が満開

山には雪が残り、昨日の冷え込みで雪化粧さえみられる
4月にやっと梅が満開を迎えました。
白梅                 紅梅
P4060006 P4060017
椿                  さくらんぼ
P4060008 P4060015_2
表日本各地に桜の満開の便りが聞かれる時期に、当地で
は梅が頑張っています。
そんな中でさくらんぼの木が花をつけました。
日曜から暖かくなるようなので、桜もやがて開花し但馬にも
遅掛けの春がやってきます。
 

2012年4月 3日 (火)

竜ヶ岳 817m、大井戸山 794m

2月25日の丹生山と帝釈山以来の山歩きです。
2日(月)は好天の予報で、兵庫50山で残る丹波市竜ヶ岳に
登ってきました。
             竜ヶ岳
      20120402_150951_2
但馬の山々と違って残雪はなく、新芽のふくらみで山が灰色
からピンクがかっています。
「道の駅R427かみ」から少し南下し、「雲門寺」の標識から
左折、集落を過ごして林道に沿って3kmほど行くと林道終点
の駐車場が登山口。
日本でも有数の「杉原和紙」の産地らしく、材料になるミツマ
タが群生し黄色い花を咲かせています。
登山口                三椏(ミツマタ)
20120402_094338 20120402_145510_2
20分ほど植林帯を登ると標高600mの清水坂(峠) にでて、
ここが北方向が竜ヶ岳、南に下ると大井戸山の分岐となっ
ていて、先に尾根道に沿って竜ヶ岳を目指します。
木々の間にところどころ開ける景色を眺めつつ1時間弱で
竜ヶ岳山頂(817m)に到着しました。
山頂から北西方向の但馬の山々と西から南の播磨の山々
が見渡せます。
尾根沿いの道           竜ヶ岳山頂
20120402_101351 20120402_111112
千ヶ峰から笠形山         雪を頂く須留岐山・藤無山・氷ノ山20120402_112905 20120402_111250
西方向には段ヶ峰・千町ヶ峰、北西には三国岳から粟鹿山が
さらに雪を頂く但馬の山々も遠望できます。

暖かい春の日差しのもと、お昼にしながらのんびりとした時間
を楽しんでから、もと来た峠まで下って、反対側の大井戸山
(794m)へ。
大井戸山へは岩場が露出した道が多く、途中東側の岩屋山
や安全山が間近に見えます。
峠の分岐から上り下りを重ね、1時間で山頂到着です。
岩場             大井戸山山頂
20120402_134611  20120402_134157
四等三角点がおかれている山頂は狭く、居心地はあまり
よくありません。
ここから別峰に続く道もありますが、もと来た道を下ります。
少し動くと汗が出る春の陽気でしたが、山中に入って5時間
誰とも会うこともなく、本日の竜ヶ岳・大井戸山の人口密度
は1.0人でした。
 
兵庫50山完登にあと能勢妙見山を残すのみ。
思わぬ時間を食いましたが、近日中に終える予定です。
 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ