但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 野菜肥料の講習 | トップページ | 恒例の早春そば打ち会 »

2012年3月22日 (木)

行きつ戻りつ春が来る

この時期に遅すぎるかも知れませんが、この歌を聴くと、雪国
の人達が、本格的な春の訪れを待ちわびている気持ちがよく
分かります。
但馬も彼岸が過ぎ、里の雪はすっかり消えたものの、寒い日が
続き、春の訪れが遠く感じられます。
    郷橋から見る里の春と山の残雪
   P3210040_4  
童謡「早春賦(そうしゅんふ)」は、吉丸一昌作詞、中田章作曲
によるものです。
以前旅した時に見つけたのですが、北アルプスの山々を臨む
安曇野穂高川の土手に『早春賦』の歌碑が建っていました。

作詞者の吉丸一昌が大正時代に安曇野の地を歩きながら、
遅い安曇野の春を待ちわびる思いを詩にしたといわます。

1.春は名のみの 風の寒さや
  谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
  時にあらずと 声も立てず
  時にあらずと 声も立てず

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ
   さては時ぞと 思うあやにく
    今日もきのうも 雪の空
    今日もきのうも 雪の空

3.春と聞かねば 知らでありしを
  聞けば急(せ)かるる 胸の思いを
  いかにせよとの この頃か
  いかにせよとの この頃か
 

« 野菜肥料の講習 | トップページ | 恒例の早春そば打ち会 »

お天気・気象」カテゴリの記事

コメント

今週末、また寒の戻りと言っています。
雪まではないんでしょうけど。
昨日タイヤ交換しました。
もう降ることはないかと…。
そう期待したいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野菜肥料の講習 | トップページ | 恒例の早春そば打ち会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ