但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 6枚の壁新聞 | トップページ | 1964年とは »

2012年3月 8日 (木)

豊岡劇場の「三丁目の夕日’64」

高度経済成長期の東京を舞台に心温まる人間模様を描くシリ
ーズ第三弾「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を見てきました。
1月に封切りされましたが、少し遅れて但馬唯一の映画館、
豊岡劇場」に登場ですが、男性サービスデイで半額となる木
曜日まで待っていたのです。
第二弾「ALWAYS 続・三丁目の夕日」をブログに書いてから
もう4年が過ぎ、一平や淳之介は大きくなり、六ちゃんはきれい
な娘に成長していました。

Scn_0001_2 1964年は東京オリンピックの年
映画の随所に登場します。
カラーテレビが普及し、東海道
新幹線もこの年開通しました。
当時の風景や世相を反映した
ストーリー展開も楽しめました。
これ以降高度経済成長が一気
に加速し、お金や物や名誉を得
ることが幸せという価値観が広
がりを見せてきました。
そんな中で、お節介で人のよい
近所のつながりが、落語に出てく
る長屋のような暖かみを感じさせます。
 
今回のテーマは「巣立ち」ですが、この当時三木少年は高校
2年生、巣立ちを目指して、近くの川で鮎釣りに忙しくしながら
も、ちょっぴりお勉強を始めた時期でした。
映画という文化を地域の人たちに提供する映画館の存立は、
その地域にとってバスや電車と同じくらい大事です。
昭和初期から頑張っている豊岡劇場は、水曜は女性、木曜
は男性のサービスデイ、65歳以上はいつでも半額です。
この映画の公開は3月末まで、お早めにどうぞ!
  

« 6枚の壁新聞 | トップページ | 1964年とは »

哲学・宗教・芸術・音楽」カテゴリの記事

コメント

CSで前作を見ました。なかなか面白かったです。時代背景もいい感じですね。しかし豊劇行ってないですねぇ…。

そうでしたか。
そういえば隣は「三丁目の夕日」でしたね。
私はその前日の水曜日が休みの日で、レディスデーでしたが夫婦で『聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―』を見に行っていました。
豊劇は頑張っておられますね。
アレで採算が取れるとは思われませんが、どうしておられるんでしょう。
65歳になったら半額ですので、封切から多少遅くても良い映画が来たら及ばずながら応援したいと思っています。


私も11月にならないと、通年割引になりません。植村直己冒険館や但馬国府・国分寺館など一部市営施設も割引になるそうですが、早く来ない方がいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6枚の壁新聞 | トップページ | 1964年とは »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ