但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 館長講座「但馬国府の謎を探る」 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol. 5 »

2012年2月12日 (日)

歩くスキーを体験してきました

この時期但馬は雪一色、今日も朝から降り出した雪で路
面凍結が心配されました。
兵庫県立兎和野高原野外研修センター主催のイベント「
挑戦!クロスカントリースキー」の体験報告です。
今日の兎和野高原野外研修センターのホームページの表
紙を我々が飾っています。

クロスカントリースキーとは別名「歩くスキー」、靴も軽量で
板もスチールエッジなし、細身で滑ることより雪上を歩く機
能が備わっています。
雪に埋もれるセンター玄関   募集チラシ
P1000356 Scn_0001_3
スノーシュー(西洋かんじき)とは少し違いますが、どちらも
誰も踏んでいない林や森の道を自在に通行でき、普段見
られない景色が体験できることです。
ゲレンデスキーを使っての滑走が冬のスポーツというイメ
ージですが、場所を問わない「歩き」を通じて、雪山の楽し
さが体験できることは共通しています。
  専用スキーと靴        まずは歩き方から
   P1000360_2        P1000368_2
午前中はスキーの装着や歩き方を中心にトレーニング、
お昼には暖かいまぜご飯と豚汁を食べながらの交流、
午後からはセンターをスタートして、雪道を通って林間に
入り、大きく回り込んでキャンプ場をめぐり、グリーン広場
で休憩し、道路沿いの道をセンターに帰る2時間のコース
です。
いざ林の中へ          少し慣れてきました
P1000386  P1000388
苦にならないほどの降雪でしたが、水気の多い新雪を踏
み、下りは滑りながら樹間を抜けていく心地よさはクロカ
ンスキーならではものでしょう。
神戸・鳥取・豊岡からの参加者はほとんど初心者、その
分和気藹々の雰囲気で、職員の方の親切かつ丁寧な指
導もあって楽しい一日を過ごすことができました。

雪は厄介者で迷惑なものには違いありませんが、開き直
って、雪国ならではのスポーツを楽しんでみましょう。
次のイベントは3月11日、「スノーシューで歩こう!」
snowsyu.pdfをダウンロード 、ただいま募集中です。
 

« 館長講座「但馬国府の謎を探る」 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol. 5 »

スポーツ・リクリエーション」カテゴリの記事

コメント

楽しそうですね。僕は一度も滑ったことありませんしまして履いたことすらありません!すばらしい経験をされましたね。しかしいいイベントがあるんですね。

なかなか気分の良いものでしょう。
雪の深いところには行けませんが。
林道に雪が積もったようなところが良いですね。
コースが作ってないと歩きにくい。
スノーシューとはちがった面白さですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 館長講座「但馬国府の謎を探る」 | トップページ | 伊佐屋三木のblog Vol. 5 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ