但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2012神鍋高原スノーシューウオーク | トップページ | 子牛競り市 見学記 »

2012年2月 7日 (火)

豊岡市本庁舎曳家(ひきや)工事 最終日

庁舎新築に伴い現本庁舎は、免震対策を施した上で、市民
スペースや議会として活用することになりました。
基礎を切り離し下部を補強し、南側へ約25メートル移転する
曳家工事が今月2日に始まり、最終日の今日南庁舎の屋上
から見学してきました。
3,000トンを南へ25m移動  大勢の見学者
Img_3073_2 Img_3060 
新設の地中梁1,800トンと併せて約3,000トンを解体しない
で、水平移動させるべく、進行方向に向けて敷かれたレー
ル上の丸棒に乗せて、油圧ジャッキで押し出されます。
東端部              西端部
Img_3034 Img_3045
旧庁舎は北但大震災(1925年)の復興の象徴として、昭和
2~3年ごろ豊岡町役場として建てられ、その後3階部分が
増築されました。

昼前の移動距離は22.5m地点で、あいにくの雨模様でした
が、80数年慣れ親しんだ庁舎の伝統的建築の曳家の最終
日の大工事を見守っていました。
22.4m移動            渋キャラ玄さんがチェック
Img_3068 Img_3080
新庁舎完成予想図        見学会資料
P1010970_2  Scn_0001_2

裁判事件のニュースなどで、よく見る神戸地方裁判所は
旧建物の煉瓦づくりの外壁が再生保存されています。
ほぼ全周に渡って旧建物の外壁だけが取り込まれてい
ますが、ガラス壁の新築部分と違和感が感じられます。
今回の現本庁舎の移転活用にはいろいろ意見がありまし
たが、伝統建築を取り込んだ新庁舎は2013年3月の完成
見込みです。

« 2012神鍋高原スノーシューウオーク | トップページ | 子牛競り市 見学記 »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

新聞にも出てましたね。なかなかまれにみる工事なのですごいですよね。うちも昔蔵を動かしました。直線距離で150mほど。道路もまたぎ、かかった距離はたしか300mくらいだったでしょうか。何人もかかって1日で終わらせました。あれは大変なことですね。

この旧市役所の建物はそこまでして残さないといけないものであったかどうか疑問に思っている一人です。
 この保存のために特殊な工事を行い、高度な補強をするひつようがあり、建築費がかなり高くなったばかりか、地元の業者でできないためにゼネコンを中心としたJVのコンペになりました。おそらく仕事の割には地元の企業には十分なお金が還元されないようです。

 それと、近くの商店街のために同じ場所に市役所を建てることにも多くの意見があるようです。訪問者の駐車場どころか職員の駐車場も十分に確保できていないことはどのように解消されるのでしょうか。豊岡市全体のことを考えるとごく一部の意見のために市役所の場所が決められたとすると大いに問題があるかもしれません。あのエリアにはその前にもアーケードの改修でかなりの税金が投入されていましたね。

 いろんな立場で意見があるようですが、どうして議論まで発展しないのか、そんなことを感じてしまい、豊岡の市民と行政の関係を象徴する工事に私には感じられます。

私も建設場所に疑問を持っていたので、余計に現庁舎移転活用に賛成できませんでした。
「伝統的建物の保存」が声高に叫ばれ、支持される時代になったのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012神鍋高原スノーシューウオーク | トップページ | 子牛競り市 見学記 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ