但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 彼岸花の咲くころ | トップページ | 山粧う 涸沢・奥穂紀行 Ⅱ »

2011年10月 5日 (水)

山粧う 涸沢・奥穂紀行 Ⅰ

山粧うの言葉がぴったりのこの時期、高地トレーニングと称して
我がランニングチーム「チームF1B」メンバーにプラスした6人で
北アルプスに出かけました。
仕事の関係もあって、30日(金)夜出発~上高地経由、1日
沢小屋
泊、2日涸沢~奥穂高岳(3,190m)をピストンして上高
地に下り、深夜帰宅の強行スケジュールです。
登山届提出             メンバー6人
P1040642 P1040645_8
明け方到着した平湯駐車場で仮眠の後、バスで上高地へ、そ
こから明神・徳沢を経て穂高と槍への分岐である横尾まで約3
時間、高低差はさほどないものの11kmの道のりです。
前日の雨で心配された天気も 1日朝には回復し、土曜・日曜と
晴れ時々曇りのうれしい予報です。

上高地・河童橋           徳沢
P1040647 P1040655_3
上高地では山は全く見えませんでしたが、明神→徳沢と進む
につれて霧が晴れ、朝9時過ぎの横尾では青空が広がってき
ました。
横尾                  梓川を渡りいざ穂高へ
P1040661 P1040673_4
昨年はここから梓川沿いに槍ヶ岳に向かいましたが、今回は横
尾大橋を渡って、西へ穂高の懐に位置する涸沢に向かいます。
下山する方に聞くと、昨日は一日中大雨なのと涸沢カールの紅
葉は3分程度との話しでした。
前線の通過で気温が下がり、紅葉が一気に進むはずです。

  

« 彼岸花の咲くころ | トップページ | 山粧う 涸沢・奥穂紀行 Ⅱ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

すばらしい秋の景色ですね。
T君もがんばってますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼岸花の咲くころ | トップページ | 山粧う 涸沢・奥穂紀行 Ⅱ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ