但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

チームF1B 秋の高地トレーニング

秋はマラソンや駅伝大会が目白押しで、それに向け我が「チーム
F1B」も今週末に高地トレーニングを2チームに分けて実施します。
(F1Bとは我々が住む府市場をあらわします)

・北アルプスチーム(上高地→涸沢カール→奥穂高岳) 6名
 30日夜出発~1日(涸沢小屋泊まり)、2日奥穂高岳(3,190m)

・但馬チーム(高竜寺ヶ岳) 5名
 2日 高竜寺ヶ岳(697m)登山大会→たんたん温泉福寿の湯

涸沢では3,000m級の穂高の峰々を背景に、ダケカンバの黄色
ナナカマドの葉と実の赤、ハイマツの緑、雪渓の白が織りなすコ
ントラストは北アルプスの絶景の一つとされます。
まだ紅葉は始まったばかりですが、今日の雨で気温が低下し、
一気に進むかも知れません。
合わせて昨年の槍ヶ岳で知り合った千葉の青年達涸沢小屋
テラスで、穂高とカールを見ながら再会の杯を上げるのも楽しみ
です。
上高地梓川・河童橋         横尾(穂高と槍の分岐点)
P1010495 P1010548
涸沢カール             涸沢小屋からカールを望む
P1010670 P1010726
精進がよかったのか、移動日の今日は雨ながら、1日と2日は曇
り時々晴れの予報です。
2年前に悪天候のため断念した奥穂高岳(3,190m)登頂が期待
できます。

この高地トレーニングを経て、11月4日丹波青垣もみじの里ハーフ
マラソン、久美浜湾一周駅伝に立ち向かいます。
 

2011年9月28日 (水)

秋の匂い 燻炭づくり

高生平野の稲刈りもほぼ終わり、そばの白い花が目立つようにな
りました。
稲刈り直後は、刈れた稲や茎の匂いが秋を感じさせます。
一部を乾燥藁にして畑用資材として使用しますが、籾すりをしたあ
とに残る籾殻(すくも)も蒸し焼きにして利用します。
なかなか手間がかかりますが燻炭にして、土に混ぜると、水はけや
通気性が良くなります。
保温、保湿効果もあり、アルカリ性で土壌改良にも役立ちます。

手間がかかり辺り一面に煙も出るので、籾すりが終わると田んぼに
持ち出して、そのまま焼いて灰にしてしまうケースが増えています。
昔は、どこの家でも庭や田んぼで、煙が上がり、くすぶった匂いが広
がってって「秋終い」を感じさせましたものです。
燻炭器ににすくもを積み     中から順に燻し焼き
Img_1891 Img_1893
かき混ぜ、水かけ         出来上がり(一晩放置)
Img_1899 Img_1906
燻炭づくりのコツは・・・
①蒸し焼きなので、たまにかき混ぜないと灰になる。
②ほとんどが炭化した頃に、さっと広げて水を十分かける。
③熱が残っていて、風が吹くと燃え上がって灰になるので、
 定期的に手で触って熱があればさらに水をかける。
 びしょ濡れになるくらい何度もかける。
④翌日よく乾燥させて、空き肥料袋に入れ保管する。
お米だけでなく、稲作の恵みである藁や籾殻まで利用する先人の
知恵も、大型化機械化が進む中で生かされることが少なくなりまし
た。
 
 

2011年9月27日 (火)

芋掘り

秋晴れが続く時期、冬野菜の種まきや育苗・定植の他、収穫作業
も忙しくなります。
GWに植えたサツマイモも蔓を伸ばし、収穫適期となってきました。
20110927_090144  20110927_090050
品種はベニアズマ、昔はこの畑全面に50~60本植えていましたが
スモモや小梅・柚など花木が成長し、場所をとるので20本くらいに
抑えるようになりました。

サツマイモは連作障害どころか、同じ場所に植えるのがよいとされ
荒れ地でも肥料なしでも育つ優等生です。
また、飢饉や凶作の時にも生育し、主食の代用となる救荒作物で
すが、その存在感は我が家では低下しつつあります。
女性にはサツマイモの甘みがこたえられないようですが、酒飲みの
私にはカボチャとともに大の苦手で、ほとんど頂くことはありません。

 

2011年9月26日 (月)

門球

門球とはゲートボールの漢字表記。
秋のスポーツシーズンには、「豊岡市スポーツフェスティバル2011」が各競技ごとにおこなわれます。
26日(月)は但馬ドームで、20チーム参加でゲートボール大会が開催され、選手として参加してきました。
P1040620 P1040615
「何でお前が?」と疑問の方は・・2009年3月のblog3部作をどうぞ。
ゲートボール考 Ⅰ(現況)
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-a527.html
ゲートボール考 Ⅱ (ゲーム)
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-780a.html
ゲートボール考 Ⅲ (作戦)
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-f4e2.html

チームは5年前に解散したのですが、リタイアして暇そうにしていると見られ、昔のメンバーから声がかかりました。
最近はグランドゴルフ全盛で、門球競技人口は確実に減りつつあります。
はさみ将棋と本将棋くらいゲーム内容に差があるので、お年寄りには取っつきにくいようですが、チームとしての作戦と個人技術で競うおもしろさは抜群です。
P1040597  P1040633
4コートに分かれて3試合して、勝ち数と得失点差で争いますが、成績は3戦全勝+20点で
したが、21点のチームにわずか1点でかわされ準優勝でした。
長いブランクで、技術や勝負感が戻らず足を引っ張ってしまいましたが、冬場の暇にまかせて頭の体操にもなる「門球」にも首を突っ込んで見るとしましょう。
 

2011年9月24日 (土)

ナツメの熟れる頃

歌の文句ではありませんが、畑に植えた棗(ナツメ)が熟れ
る頃になりました。
       Img_1768_2
昔、ナツメの木の甘い香りに誘われ、蟻や蜂・虫達と競争
して食べたものでした。
50歳以上の方が、懐かしいといって食べてくれますが、こ
の木は、日本古来のものと違うのか大振りで、熟すと水分
が少なくなりスカスカで、美味しさが感じられません。

中国の青島・済南・開封で商社勤務をしていた父が、「日
本の柿と同じくらい家の庭に植えられている」「食べ物に
も薬にもなることで重宝していた」と言っていました。
そういえば日露戦争(明治三十七八年戦役)の旅順要塞
が陥落したとき、講和の話し合いはナツメが植わった民
家でおこなわれたと唱歌「水師営の会見」にありますね。
   ♪旅順開城 約成りて
    敵の将軍 ステッセル
    乃木大将と 会見に
    所はいずこ 水師営
    庭に一本(ひともと) 棗(ナツメ)の木
    弾丸あとも いちじるく
    くずれ残れる 民家(みんおく)に
    今ぞ相見る 二将軍 ♪

今年も食べられることもほとんどなくて、実が落下していき
ます。
思わぬ大木になったので、冬場に伐採とまではいかなくても
強い剪定を考えています。
夏のグミ、秋のナツメと子供のころ美味しかったものが、大
人になって食べると、がっかりすることがよくあります。
食べ物が少ない少年時代に、お腹を空かして食べた木の
実や果物の美味しさは、今の時代には再現できないので
しょう。
 

2011年9月23日 (金)

タマネギの苗作り

台風による雨のおかげで延びていた、タマネギの苗作りの
ための種まきが終わりました。
当地では、種まきの適期が20日頃からとされています。
以前種を蒔いても芽が出なかったのに懲りて、植える直前
に成長した苗を購入していましたが、安くつくので自前で作
ることにしました。
中生と中晩生の2種        苗床
P1040591 P1040595
種は中生のOK黄と長期保存ができるネオアースの2種類
で、土をよく砕きならした植床に、筋を付けて播きます。
種が隠れるくらいの土をかけ、燻炭(くん炭)を薄くまきます。
雨や風除け、乾燥防止のため芽が出るまでは、不織布で
覆っておきます。
11月初めの植え時期まで、間引きしながら苗を育てます。
 

2011年9月21日 (水)

庭の花々 9月編

 桔梗            時鳥(ホトトギス)
 Img_1833_3   Img_1817
 釣船草(色違い)
 Img_1850_2  Img_1852
檜扇(ヒオウギ)           薔薇
Img_1825 Img_1837
オキザリス           紫紺野牡丹
 Img_1859  Img_1855
風船蔓               紫苑
Img_1865  Img_1819
12号と15号台風による長雨のあと、一気に秋が進み、
花も落ち着いた雰囲気のものが多いように思われます。
これからは寒暖差による川霧が発生する時期になります。
 

2011年9月20日 (火)

新公民館見学会

建設中の府市場区公民館の見学会が、建設委員・役員対
象におこなわれ、前田設計士から説明を受けました。
外回り                 エントランス
P1040584 P1040579
ホール                サロン
P1040576_2 P1040577_2
一部改善の要望が寄せられましたが、全体として順調に
進んでいます。
公共施設であることからバリアフリーや環境に配慮してあ
ることが感じられました。
防災やコミニュケーション拠点が無いため、不自由を強い
られていますが、外壁の仕上げと内装仕上げを経て11月
中旬完成予定です。 
 

2011年9月19日 (月)

高齢化社会が進む中の敬老の日

敬老の日に因んで、総務省のの統計をホームページで
見てみました。
統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-
http://www.stat.go.jp/data/topics/topi540.htm
WHOの定義では、65歳以上の人のことを高齢者としていて
65~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者だそ
うです。
この割合が前年より24万人増えて、23.3%になったと報告
されていますが、私も来年はこの仲間入りします。
団塊世代の参入で、さらに高齢化社会が進みます。
統計の中で興味があったのは

<高齢者の生活>
高齢者の約6人に1人がインターネットを利用
高齢者の趣味・娯楽は自然に親しむ「園芸・庭いじり・ガ
ーデニング」が最多
国内、海外観光旅行をした高齢者の割合はいずれも男
性が女性より高い


高齢者世帯で、インターネットを使って購入した商品や
サービスのの支出が増えていることがわかります。
高齢者は保健医療や交際費の支出増加に悩みながら
自然に親しむ「園芸・庭いじり・ガーデニング」に精を出し
インターネットをメールやショッピングに使い、旅行も楽し
んでいる一面が伺われます。
「そんな気楽な生活を送っている人は少ないぞ」と言われ
そうですが、私も含めて周りにはそんな人が目立ちます。
永年家族や会社・社会に貢献してきたご褒美だと思えば
罰は当たらないでしょう。
 

2011年9月18日 (日)

9月の花畑

残暑も収まり、来週から徐々に秋も深まるようです。
庭や花畑の草花が目を楽しませてくれます。
夏から続いて秋の七草の桔梗・女郎花が元気です。
 桔梗           女郎花   
 Img_1833_2   Img_1789
鶏頭                 芙蓉
Img_1785 Img_1794
紫虎の尾               百日草
Img_1783_2 Img_1793
 秋桜
 Img_1804  Img_1806
気の早い彼岸花も見かけるようになりました。
 

2011年9月17日 (土)

香住ガニ シーズン突入

「香住ガニ」とは地元でもあまり聞き慣れない名ですが、
「紅ガニ」として親しまれていたものを、水揚げされる港が
近畿では香住だけであることから、そう呼ぶようになりまし
た。
ズワイガニいわゆる松葉ガニより一足早く、9月に解禁さ
れ、第3回香住ガニまつりが17日開催されました。
会場に並ぶ大漁旗        人気のゆでカニ販売 
Img_1730 Img_1735
松葉ガニは11月から来年3月20日までと短いのに較べ、
香住ガニは、9月から5月末と漁期が長く、値段も比較的
安価で気軽に楽しめます。

「沖合底引き網」で100m~500mの深さに網を入れて穫る
松葉ガニに較べ、水深800~1,800メートルの海底にサバな
どのエサを入れたカゴを100~400個連ねて沈め、誘い込
んで漁獲する「カゴ漁」が特徴です。
カニの捌き方教室         カニかご
Img_1745 Img_1751
ボイルガニ、焼きガニ、カニ汁の無料サービスには
早くから行列ができ、早々と整理券が配られるほど
の盛況でした。
Img_1742 Img_1727
この日はゆでカニ3匹1,500円の販売が人気でした。
但馬はイカ類・カレイ・ハタハタのなどの海産物が豊
富ですが、香住ガニを皮切りに11月解禁の松葉カニ
へと、いよいよ真打ちの「カニ」の登場で但馬の秋の
深まりを感じます。
 
 

2011年9月15日 (木)

日名倉山 1,047m

後山(1,345m)に続いて、兵庫県宍粟市(旧千種町)と岡
山県美作市(旧西粟倉村)の県境に位置していて、山頂か
らの眺めがよいとされる日名倉山(1,047m)に登りました。
三段になった山容         志引峠登り口付近の案内板
P1040548 P1040467
美しい山容から美作富士と呼ばれていて、いくつかの登山
コースがあり、最短では8合目付近のベルビール自然公園
から簡単に登れます。
日名倉神社から登るのが本道ですが、志引峠から1時間か
けて遊歩道を登る道を選びました。
麓から山頂にかけて、時折ススキが風に揺れるのとツクツ
クボーシの大合唱で、秋を感じさせます。
P1040474 P1040481_2
北:県下3位の後山         東:県下2位の三室山
P1040520 P1040495_2
東:東山・段ヶ峰           西:岡山県方向
P1040504 P1040509
山頂では津山からバスで来たという団体が記念写真の
最中でした。
あいにく曇が多く、氷ノ山や瀬戸内海までは確認できま
せんでしたが、眺めを楽しむことはできます。
下りのベルビール自然公園までの楽々コースは、整備
され過ぎているきらいはありますが、西粟倉村の家並み
や那岐山を始めとする岡山県側の景色が楽しめます。
P1040531 P1040536
兵庫50山で残りは9山、いよいよカウントダウンに入り
ました。
本日の日名倉山はわずか二組だけでしたが、団体さんの
おかげで人口密度は28.0人でした。
 
 
   

2011年9月13日 (火)

亥の子 鎌祝い

台風以降秋晴れが続き、稲の刈り取り時期となりました。
我が家も専業農家の方にコンバインで刈っていただきまし
たが、所要時1時間足らずというスピードです。

昔は鎌で刈ったあと束ねて稲木に架けて乾燥させ、籾を分
離して、籾すり→精米へと作業が続き、口に入るのは1ヶ月
以上あとでした。
それでも稲刈りは収穫の一大作業で、地方によって「亥の
子」「鎌祝い」と呼んでお祝いします。
今はコンバインで籾にして袋に入れて、乾燥機で乾燥して
籾すりそして精米へと4~5日で終わります。
刈り取り後             一部藁にして乾燥
P1040571 P1040573
コンバインでは刈り取りと同時に藁を刻んでばらまくので
すが、野菜の敷き藁や床にするため一部を残して、天日
乾燥後に倉庫に保管します。
タニシがあちこちに
P1040567 P1040568
以前はいなっくなったドジョウやタニシが最近目立つよう
になりました。
子どもの頃に踏み跡や溝切り跡に残ったタニシをとって、
水に浸けて泥だししたあと焚いて食べたものでした。
酒の肴に養殖のものが売っていて美味なのですが、さす
がにこれをとって食べようとは思わなくなりました。
 
 

2011年9月12日 (月)

香住原発断念

お隣の京丹後市久美浜町で計画されていた原子力発電所は
2006年正式に計画断念が決まりました。

伊佐屋三木blog京丹後市の決断 原発計画断念 ↓
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-81d9.html

豊岡市の隣町香住町(現香美町香住区)でも、’67年11月県
と町が三田浜に誘致することを発表しました。
町民有志による反対運動が始まり、学習会や演説会がおこな
われる一方、固定資産税や周辺の整備振興から誘致賛成も
多く、町議会26人中、反対は2人だけだったといいます。
三田浜も含めて香住・山陰海岸には美しい浜が連なっていて
山陰海岸世界ジオパークの中心位置を占めています。
3年後に建設断念を決め、この問題は終息しましたが、福島
原発事故の大きさと深刻さを考えると、当時の町民諸氏の先
見性に敬意を表したいと思います。
円山川河口を挟んだ東・西の久美浜町旭・蒲井地区、香住
町三田浜地区、50年代から60年代にかけて我々のすぐ近くに
こんな問題があったことはあまり知られていません。
この間の運動経過が新聞記事になっています。
   Photo_4
本文は「kasumigenpatsu.pdf」をダウンロード  でどうぞ!
 

2011年9月11日 (日)

後山 1,345m

兵庫50山も、播磨北西部に1,000m超の高峰が集中して
います。
この日の後山(1345m)は宍粟市(旧千種町)と美作市(旧
西粟倉村)の県境に位置していて、兵庫で3位、岡山では
最高峰にあたります。
後山                 西の大峰山とも
P1040514 P1040349
「西大峰教霊山修験行場」として、垢離取場や宿坊跡など
が残り、行者本堂奥の院は今でも女人禁制が守られてい
るそうです。
P1040356 P1040359
入り口の松の木公園から板馬見渓谷沿いの林道を3km
ほど登ったところが登山口広場ですが、以前の台風によ
る増水で林道が一部崩落していて、途中から歩きます。
宿坊跡や避難小屋をくぐり抜け、自然林と植林帯を交互
に登る沢沿いの道は気持ちよく登れます。
沢渡り                ツリフネ草
P1040361 P1040362
1時間でそーめん滝に到着、ここから右に平成之大馬鹿
門コース、左に行者コース・一般コース分かれます。
コース分岐              尾根から山頂
P1040366 P1040370
回り道になっても緩やかな一般コースを選択し、ブナやク
マザサが茂った道を尾根沿いに進むと、途中行者コース
と合流するとまもなく山頂ですが、標高1,300を超えると、
登りに2時間半かかります。
山頂には「後山」と別名の「板馬見山」の看板と祠・三角
点が設置されています。
P1040379 P1040411
展望は抜群で、兵庫・岡山両県の山々がぐるりと見渡せ
ます。
北東に以前登った三室山、その向こうには氷ノ山、西は
播磨の1,000m級の山群が確認できます。
P1040380 P1040389
P1040392 P1040416
帰りは、東回りの平成之大馬鹿門コースを選択、今は昔
となった大騒ぎを思い起こしながら、大馬鹿門到着。
もと来たそーめん滝分岐を経て、駐車場所に2時間かけ
て下山しました。
「宍粟50山」として整備が行き届いていて、随所に看板や
赤テープの目印があります。
長い行程にも迷うこともなく、気持ちよい登山が楽しめる
のは、関係者の皆さんの尽力の賜物ですね。

この日、後山山中では誰一人会うこともなく、林道まで降
りて散策中の男性とお会いしたので、この日の後山人口
密度は2.0人でした。
後日南にある日名倉山1,047mに登るべく、道を確認し
て帰路につきました。
 

2011年9月 9日 (金)

おおばかもん

「平成之大馬鹿門」騒動から、はや15年経ちました。
兵庫50山を完登すべく、播磨北西部を目標にして、県下
3位の高峰である後山(1345m)に登りました。

山行は後述しますが、ここには例の「平成之大馬鹿門」
が山頂近くに鎮座ましましていました。
P1040429 P1040430
「平成之大馬鹿門」騒動というのもあった。
これは、彫刻家の空充秋が佛教大学に寄贈した石造りの
門柱にこの語が彫り込まれていたのが発端である。
佛教大学は「馬鹿という言葉は大学には不適切」としてこ
の語を削ることを求めたが、空がこれを拒否したことなど
により大騒ぎに発展した。結局門柱は佛教大学から撤去
されたが、空の思想に共感した兵庫県宍粟郡千種町(現
:兵庫県宍粟市)がこの門柱を引き取り、町内の2つの山
の山頂に1本ずつ移設された。
(Wikipediaより)

空のもとには全国の企業、自治体などから五十件を超え
る譲渡の申し入れが殺到、その中から兵庫県千種町が
選ばれて、もう一つの柱は近くの「空山(そらやま)」901m
に置かれています。
これをを造った作者の真意はわかるようなな気がしますが
拒否した「大馬鹿」な大学、それを引き取って1,000mを超す
山中に設置した千種町の「大馬鹿」、登山コースの一つで
すが、それを見に行く「大馬鹿」な私がいました。
後山は「西の大峰山」として、修験の場で知られていますが
本来は若者の修行の場であるべき大学に置かれるのが、
一番似合っているような気がします。

2011年9月 7日 (水)

霧一番

これから秋に向かい霧が発生する時期ですが、今朝はこ
のシーズン最初の川霧が発生しました。
川面の霧              山裾まで広がります                 
P1040340_2 P1040334
西の空は晴れ、風が無く快晴の朝、放射冷却によって地
面が冷やされ、川面との温度差によって水蒸気が発生し
生ずるもので、これから但馬の各所で発生します。
以前天気予報で予報士が放射冷却のことを、「雲のふとん
が無くなるので、地表はぐっと冷え込みます」と言っていまし
たが、うまい表現ですね。
大規模なものは「雲海」として、幻想的な世界を演出してく
れます。

伊佐屋三木のblog「天空の城 竹田城跡」 ↓

http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-11fc.html
 
 

2011年9月 6日 (火)

遅れて台風一過

台風通過後、寒気が入ったことでしびしびと雨が降り続き
ましたが、今朝から晴天模様がしばらく続きそうです。
久しぶりの青空          やや倒れがちな稲
P1040329 P1040333
風はなかったもののたまに降る強い雨に、収穫間近の稲
が倒れ始めています。
「コケヒカリ」と揶揄されるほど、収穫時期に倒れやすいコ
シヒカリを植えている我が家もすこし倒れ加減です。
中旬の稲刈りに備え、昨日落水を終えました。
排水口を開き、暗渠の止水弁からも水を抜いて、圃場を
乾燥させ、コンバイン作業がしやすいようにします。
いよいよ収穫の秋の到来です。
 

2011年9月 4日 (日)

台風12号通過しました

心配された円山川の増水も水位観測データでは、昨晩7時
のピークを境に徐々に下がり始め、日高町内の一部に出
ていた避難勧告も朝7時過ぎに解除されました。
台風も鳥取県倉吉を通過して山陰沖に出たことで、強い雨
風の被害は免れました。
朝6時の水位
P1040290 P1040320
今回情報収集に活用したのは・・・
①携帯に流される「ひょうご防災ネット」のメール
兵庫県と豊岡市から防災情報が流れます
②国交省 ホームページ 「円山川河川情報」
「水位・雨量・カメラ映像」が数値やグラフでも見られます。

③豊岡市ホームページ災害対策情報
避難情報・避難所・通行止めの箇所など災害対策など。
居ながらにしてパソコンとスマートフォンでリアルタイムに
防災情報が取れ、大いに役立ちました。
国交省府市場水位水量観測施設
P1040294_3 P1040287_2 P1040283_3 
雨も時折強く降るくらいで、風も気にならないくらいでした。
勢力や規模・通過位置からみて、被害が少なかったのは
いい意味で予想外でした。
収穫期を迎えつつある水稲は、強い風と雨に遭うと倒伏
が懸念されますが、さしたる被害もないようです。
ただ増水により堤外の畑が冠水し、大きな被害を受けま
した。
堤外にある府市場区沖野々の冠水被害
P1040305 P1040311
P1040307 P1040309
ここは台風や長雨により3年おきくらいに冠水するのと
最近は鳥獣被害に悩まされています。
防獣柵や網も流されて、作物の被害と合わせて防獣対
策を一からやり直す必要があります。
耕作者の高齢化とあいまって、耕作意欲を無くさせる
増水被害は深刻です。
P1040318_2一方堤内にあるマイファー
ムの様子です。
水は溜まっているものの、
全く被害はありません。
生育のよかった小豆・黒
大豆・ちび黒・七夕豆が
無事で一安心です。

2011年9月 3日 (土)

上郷橋付近の水位

台風12号のアジア名はタラス (Talas) だそうで、04年の忌ま
わしい23号はトカゲ(Tokage)でした。
意味の「鋭さ」とは反対に、ジョギングスピードで北上していて
朝から降り続く雨で、円山川が増水しています。
朝7時頃の上郷橋水位
P1040275 P1040277
午後7時前の水位
Cctv031_4夕方国府北分の4地区で避難勧
告が出されました。

暗い中で判断するとどうやら「は
んらん危険水位」近くに上昇して
います。

防災拠点になるはずの公民館は建設中で役に立たず、区民
各自で避難等の準備をするしかないようです。
府市場区の避難場所は区内の「善応寺」に指定されてい
ます。
台風はまだ瀬戸内付近で、接近するにつれ風雨がさらに
強くなることが予想されます。
避難場所といっても高台にあるわけでもなく、自宅二階で
様子を見る選択肢もあり、迷うところです。
 

台風襲来

昨日午後から雨脚が強くなってきました。
今朝には台風12号が四国に上陸し、中国近畿を北上す
る気配です。
  Typha_2
               (yahoo台風情報)
今度の台風の進路は、直撃方向なのと海上で勢力を保
ったままなのと動きが遅いのが非常に気がかりです。
台風と言えば2004年の23号台風で当地は、洪水・堤防
決壊で大きな被害を受けました。

中学生の頃に経験した昭和34年の伊勢湾台風、36年の
第2室戸台風では、大きな被害はなかったものの川に近
い我が家では二階に荷物を上げたり、戸に板を打ち付け
たり大変でした。
父が役場職員だったことで、家族が頼りにしたいときに
緊急招集で家にいませんでした。
中学生ながら男の子の私が頼りにされたのを、心細いな
がらも誇らしく思ったものです。

防災拠点となる府市場区公民館は建設中で、本来の
動きはできませんが、今後の情報に気を配りながら対
策を考えていくつもりです。
昔は100m離れた上郷橋まで、頻繁に水位を確認しに
いきましたが、今は国交省河川国道事務所のライブカ
メラが設置され、10分毎に情報をインターネットで確認
できるようになりました。
国交省豊岡河川国道事務所 「円山川河川情報」 ↓
「川の水位」「雨の量」「えいぞう」が確認できます。
http://www2.maruyamar9-bosai.go.jp/kasen/index.html
 

2011年9月 1日 (木)

絶好調のグリーンカーテン

省エネ・節電で各職場や家庭でグリーンカーテンが大流行
でしたが、にわかガーデニングではカーテンにまで育てられ
ないケースも目にします。
我が家は、朝顔・風船蔓・ツルムラサキそして定番のゴー
ヤを各窓に配していますが、皆それぞれ見事に成長しまし
た。
「我が家のグリーンカーテン(8月1日) ↓
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-692e.html
32の花をつけている朝顔
P1040250 P1040251
ゴーヤ           風船蔓
P1040255 P1040254
ツルムラサキ
P1040260 P1040258
昨年に較べて晴天も少なく、気温も低い日が多かった今
年ですが、プランターでなく地植えにして水やりなどケア
を怠らなかった嫁さんの成果ですね。
 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ