但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 上郷橋付近の水位 | トップページ | 遅れて台風一過 »

2011年9月 4日 (日)

台風12号通過しました

心配された円山川の増水も水位観測データでは、昨晩7時
のピークを境に徐々に下がり始め、日高町内の一部に出
ていた避難勧告も朝7時過ぎに解除されました。
台風も鳥取県倉吉を通過して山陰沖に出たことで、強い雨
風の被害は免れました。
朝6時の水位
P1040290 P1040320
今回情報収集に活用したのは・・・
①携帯に流される「ひょうご防災ネット」のメール
兵庫県と豊岡市から防災情報が流れます
②国交省 ホームページ 「円山川河川情報」
「水位・雨量・カメラ映像」が数値やグラフでも見られます。

③豊岡市ホームページ災害対策情報
避難情報・避難所・通行止めの箇所など災害対策など。
居ながらにしてパソコンとスマートフォンでリアルタイムに
防災情報が取れ、大いに役立ちました。
国交省府市場水位水量観測施設
P1040294_3 P1040287_2 P1040283_3 
雨も時折強く降るくらいで、風も気にならないくらいでした。
勢力や規模・通過位置からみて、被害が少なかったのは
いい意味で予想外でした。
収穫期を迎えつつある水稲は、強い風と雨に遭うと倒伏
が懸念されますが、さしたる被害もないようです。
ただ増水により堤外の畑が冠水し、大きな被害を受けま
した。
堤外にある府市場区沖野々の冠水被害
P1040305 P1040311
P1040307 P1040309
ここは台風や長雨により3年おきくらいに冠水するのと
最近は鳥獣被害に悩まされています。
防獣柵や網も流されて、作物の被害と合わせて防獣対
策を一からやり直す必要があります。
耕作者の高齢化とあいまって、耕作意欲を無くさせる
増水被害は深刻です。
P1040318_2一方堤内にあるマイファー
ムの様子です。
水は溜まっているものの、
全く被害はありません。
生育のよかった小豆・黒
大豆・ちび黒・七夕豆が
無事で一安心です。

« 上郷橋付近の水位 | トップページ | 遅れて台風一過 »

お天気・気象」カテゴリの記事

コメント

ある程度までいったら落ち着きましたね。
思ったより被害がなかったんで
よかったかと。
ただこの畑の冠水はひどいですね。

こちらは4日午前1時半に市川が避難判断水位に達し、町の緊急放送で避難勧告が出され、寝ていたところを起こされました。日高町の実家が気になっていたので、前日から円山川河川情報を監視していましたが、まさか足もとでこんなになっていたとは知らず、あわてました。円山川河川情報と同じものが市川にもあるだろうと姫路河川道路事務所の該当ページにアクセスするも、なぜかつながらず。きっと誰もが殺到したのでしょう。そこでNHKのDボタンから河川情報を見ると、福崎町の市川の水位が15分間隔で更新されていることがわかりました。さらに、兵庫県の河川の殆どがカバーされていることも分かりました(測定ポイントは限られますが)。姫路事務所の他のページに、雨量のレーダーがあり、何とピンポイントで、5分毎に、雨量の推移が色分けで、見やすく表示されるではないか!これをみると、雨の程度と範囲がよくわかり、推移も一目瞭然。上流域の雨がもうすぐ小降りになることが素人でも予想できたので、避難せずこのまま雨量レーダーとNHKのDボタンを監視しながら朝まで起きていました。円山川も市川も今回はおとなしくしてくれましたので、まずはヤレヤレ。

公ちゃん 被害が無くてよかったですね。
今回は兵庫中南部に影響が大きかったようです。
NETが万能とは思いませんが、今ある情報を素早く広く提供することは、災害対策の基本だと思います。
当地では各戸に配備された防災無線が後追いで情報を流していましたが、インターネットは東北大震災でも災害に強いことが証明されました。
ユニバーサル性を基本におきながらも、効果的に正確な情報を早く伝達するシステムを開発してもらいたいと思います。
テレビのDボタンの活用方法は知りませんでした。

かなり規模の大きな台風が直撃するコースで進んでいたので、いつもブログで拝見している菜園など心配しておりました。大きな被害はなかったとのことで安心致しました。
今年は地震・台風と災害の多い年となりましたね。

10月1・2の山行ですが、涸沢をご一緒できればと思い、日程を調整いたしました!Tさん夫妻は難しそうなのですが、私と妻は1日の朝に上高地から涸沢に登り小屋で一泊。翌日は屏風ノ頭を通って上高地に戻り夕方のバスで東京戻りとしようと思っております。
小屋は涸沢ヒュッテと涸沢小屋のどちらを予定されていますか?

今年は涼しいので、その時期に紅葉が楽しめると良いのですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上郷橋付近の水位 | トップページ | 遅れて台風一過 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ