但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

AERAの過ち

AERA(アエラ)は朝日新聞社が毎週発行する週刊誌で、19
88年創刊以来愛読してきました。
従来の週刊誌にはない斬新な装丁と事実を中心に政治・経
済・文化・スポーツなど写真を多く取り入れ、リベラル視点で
編集してきたからです。
最近はキャリアウーマン向けの記事が多くなりました。

先週号(3月19日)で、防毒マスクをつけた人物の顔のアッ
プに、赤い文字の「放射能がくる」を表見出しにしました。
さすがにこれには違和感を感じましたが、中見出しを見る
と、「東京に放射能が来る」「最悪ならチェルノブイリ」「放射
能疎開」の文字が踊っています。
中味を見ると、その危険性・可能性を訴えたものですが、さ
したる根拠もなく、被害をあおっているようで不愉快でした。

Epson_0426_1_2    Epson_0428_1_3
早速メールで意見を言っておきました。

『定期購読をしていますが11.3.28のNo13は驚きました。
おまけに目次の言葉にも。
まるで月曜発行の週刊P社・G社、木曜のB社・S社と同類
の煽り記事中心のメディアと変わりません。
むやみに危険をあおるような記事には疑問を感じます。
批判を今後の紙面作りに生かしてください。』

さらに批判者がいて、今週号に劇作家の野田秀樹氏が、今
週で連載コラムを自主的に打ち切ることと、先週号の批判を
載せています。
     Epson_0427_1_3 
「ひつまぶしは」なかなかユニークで、劇作家らしい「言
葉」を駆使したコラムは楽しみの一つでした。

「風評被害を助長する」「恐怖心をあおってどうするのか」な
ど批判の多さに編集部は謝罪のコメントを載せました。
『AERA今週号の表紙及び広告などに対して、ご批判、ご意
見をいただいています。
編集部に恐怖心を煽る意図はなく、福島第一原発の事故の
深刻さを伝える意図で写真や見出しを掲載しましたが、ご不
快な思いをされた方には心よりお詫び申し上げます。』

れら読者や執筆者の声を今後に生かして欲しいものです。
 

2011年3月29日 (火)

みまもり隊

父兄や教員だけでなく、小学生や園児の登下校の安全を
見守る「みまもり隊」の活動が地域で行われています。
下校時に地域の防災無線で時間の連絡が入ると、玄関先
や畑・辻などで見守る役目です。

先日府市場区掲示板に児童のお礼の言葉をポスターにし
て貼ってありました。
P1020057 P1020058
P1020059
子ども達の感謝の気持ちが
書かれていて、見守り活動
に参加された皆さんのご苦
労も報いられることでしょう。

2011年3月28日 (月)

国府ランニングコース

豊岡市日高町府市場には格好のコースがあります。
円山川沿いの上郷橋から西芝水門まで約2.6kmの堤防を
往復5km強で、歩くと1時間、ランニングで30分の距離です。
堤防補強を兼ねて、内側の法面を広く取り、桜や紅葉ほか
様々な花木が植えられていて利用者を楽しませてくれます。
春はソメイヨシノに始まり、八重桜が咲き、クチナシの花の
甘いに香りや秋には萩の花が咲き、紅葉も楽しめます。

先日堤防天端の南側のアスファルト舗装が完了し全コース
がフラットの走り易いコースとなりました。
P1020074 P1020079
河岸の野原や畑そして四方の山々とともに季節を感じさ
せてくれる安心なコースで、散歩の方々も増えてきました。
彼岸を過ぎても雪が積もる寒い日が続きますが、5月に予
定されている「浜坂麒麟獅子マラソン」に向けてそろそろ始
動することにします。
 

2011年3月27日 (日)

たんぽぽ

近くの堤防にたんぽぽが咲いていました。
うたごえ喫茶の人気曲「たんぽぽ」の歌詞そのものですね。
  
P1020076_4 【作詞】カドクラ サトシ
【作曲】堀越浄

1.雪の下の 故郷の夜   
  冷たい風と 土の中で
  青い空を 夢に見ながら
  野原に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう

2.高い工場の 壁の下で
  どれだけ春を 待つのでしょう
  数えた指を 優しく開き
  空き地に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう

3.ガラスの部屋の ばらの花より
  嵐の空を 見つめつづける
  あなたの胸の 想いのように
  心に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう

2011年3月25日 (金)

春の七草と野草の採取、そば会

府市場環境保全会 尾藤さんの報告を掲載します。
<野草の採取>
彼岸に入った3月19日午後4:00より、府市場環境保全会
が子供会と一緒に、春の七草と野草(ゆきのした、ふきの
とう、よもぎなど)の採取を行いました。
採取した野草をたまねぎと合わせてかき揚げにします。
Img_1666 Img_1667
<そば会>
野草採取の後、府市場の減反対象の休耕田でとれたそば
を使って、そば打ちを家族で楽しみました。
ねった後一人ひとり麺棒で伸ばし、麺きり包丁で自分の分
は自分で切りました。
子どもが打ちやすいように7:3の配合で、14回分を10家
族33名で仕上げました。

野草とタマネギを揚げたかき揚げを自分たちが打ったそば
にのせて頂きました。
麺の太さが揃わずになかには、硬いのもありましたがみん
なで打って食べると美味しいらしく、とくにかき揚げが好評で
した。
残った麺は各家庭に持ち帰りました。
Img_1671 Img_1672

2011年3月24日 (木)

第5回但馬検定

3月6日に実施された第5回「但馬検定」の結果が出ました。
今回は 1級・2級・3級に約125名の方々が受けられました。
但馬検定は、但馬の自然・歴史・文化・観光・産業など但馬
に関する多分野にわたる知識を学び、但馬を発見・再発見
するとともに、但馬通・但馬ファンを増やしていくために実
施されてます。

        1級   2級    3級    全体

受験者数  47名   29名   49名  125名
合格者数   8名   10名   35名   53名
合格率   17.0%   34.5%   71.4%

今年は山陰海岸が、世界ジオパークに指定されたこともあ
って、関連の問題が増えたそうです。
過去全級を受験したものとして、毎年その年の問題をチェ
ックしています。

第5回1級試験問題 http://www.tajima.or.jp/uploads/booth/173.pdf
第5回2級試験問題 http://www.tajima.or.jp/uploads/booth/171.pdf
第5回3級試験問題 http://www.tajima.or.jp/uploads/booth/165.pdf

ご当地検定全体に言えることですが、年々受験者が減って
います。
ふるさと但馬ですが、意外と知らないことが多いものです。
解答もホームページに載っているので、チャレンジしてみて
下さい。
結構歯ごたえがありますよ。

2011年3月22日 (火)

卒会

3月は卒業・退職・別れの時期、4月は入学・入社・出会いの
時期ですね。
この度16年所属した「日高經友会」を卒業しました。

<日高經友会スローガン>
    ◎日高經友会会員は、地域社会における業界№1をめ
   ざし、経営者としての修練・研究に努力する。
    ◎日高經友会会員は、経営者としての、情熱・勇気・実
      行力を養成する。
    ◎日高經友会会員は、各企業を通じて、地域社会の発
   展に寄与する。

自主的自発的な集まりなので、特に停年はないのですが、
年齢的な衰えもあってスローガン実践に自信がなくなり、規
約にある「卒会」(卒業)を申し出ました。

日高經友会の歩み→ 「ayumi_digest.doc」をダウンロード

入会したのは1995年、windows95の年でした。
それ以降経営を学ぶのと、経営者間の交流ができたのは
大きな財産になりました。
「よく学び、それなりに遊び」がぴったりの16年でした。
会の仲間の皆さんには大変お世話になり、感謝の気持ち
で一杯です。
これからはOBとして、会を見守っていきたいと思います。
 

2011年3月20日 (日)

手辺の初午祭り

出石の初午祭りは三丹一の祭りと有名で、多くのお参拝者
を集めていますが、府市場区(手辺)でも初午祭が開催され
担当の5隣保の方がお世話されていました。
場所柄存在そのものも薄くなり、お祭りの人も年々少なくな
ったようですが、今年は由来も加えて回覧板がまわされ、P
R効果が期待されるところです。
P1010991 P1010993
        P1010994_3          
府市場には他に観音堂・薬師堂・妙見堂が置かれ、日蓮宗
講中がお祭りする妙見堂を除き、手辺・国府府市場の各隣
保が交替でお祭りしています。
比較的歴史が浅い「妙見堂」を除いて、大切にされている割
にほとんど由来が残されていません。

稲荷社の由来・・・・(菅村駅一氏 匂うふるさと1 より)
今からおよそ四百年前、この手辺に上郷から、上村三郎
左衛門という人が移り住んでおりました。
とてもの豪族で、白壁のみごとな邸宅が、今の観音堂前の
国府市場にはいる道路から、北へ善応寺門前の稲荷街道
まで続いて建っていました。
その屋根棟の、からすおどしが二十の上もあって、「長棟」
さんという別名が付いていたほどでした。
そして、井戸の数が七ヶ所もあり、倉や納屋も整然とならん
でいて、とても大きく、立派だったといいます。
ですから道行く人は「これが手辺の長棟さんよ」とおどろい
て、しばらく、たたずんだということです。
上村家が地神にしてまつったといわれる社が、今も稲荷街
道のほとりに、「上村稲荷大明神」として鎮座しています。


但馬侵攻した羽柴秀長が、山から目に入った「長棟さん」の
白壁の家並を手指をかざして、「手のあたり」を問うたところ
から手辺と名が付けられたといいます。
稲荷社と手辺の由来に、関与しているほど上村家が「分限
者」だったのでしょう。
 
 

2011年3月19日 (土)

ラジオドラマ 加藤文太郎

但馬浜坂町(現在新温泉町)生まれの登山家で、単独行を
貫きながらも、唯一パーティを組んだ吉田氏と冬の槍ヶ岳で
北鎌尾根で遭難し命を絶った加藤文太郎のラジオドラマが
今晩放送されます。

加藤文太郎については新田次郎の小説「孤高の人」、最近
では谷甲州の小説「単独行者」で有名です。
    Img_3728_2
<神戸新聞文化面のの紹介記事>
戦前に活躍した但馬出身の登山家、加藤文太郎(1905
~36年)の遭難死を描くラジオドラマ「山の声~ある登山
者の追想」が19日午後7時半から毎日放送で放送される。
吹雪の中で道に迷い、死に至るまでを、一緒に亡くなった
後輩との会話で構成する。(中略)
山の美しさや、当時未登頂だったエベレストへの憧れ、残し
てきた家族への思いなどを語り合う2人。
最初は減りゆく食料を分け合いながら冗談を言い合うが、
風雪が強まるにつれ、悪天候にもかかわらず登山を続けた
後悔を口にする。
「不死身」といわれた加藤は、自身の臆病さを告白する。
(後略)

●3月19日(土曜日)19時30分~21時まで 90分番組
●毎日放送(MBS)ラジオ1179Hz 

但馬で夜間の放送は、大陸からの電波が邪魔してクリア
な受信ができません。
インターネットラジオ(radiko) http://radiko.jp/ にアクセ
スし、MBSラジオを選択して下さい。
但馬好き、山好きの方、お楽しみ下さい。

 
 

2011年3月18日 (金)

震災地支援の活動

2005年の台風による洪水被害を受けた豊岡市では、いち早
く支援体制が組まれ、これまでに消防援助隊、水道給水隊
灯油輸送、小型重機・粉ミルク・オムツ・哺乳瓶等生活必需
品と自転車が被災地に送られました。
合わせて今朝は防災無線によって、粉ミルク・缶詰・単一乾
電池に絞って提供を求め、宮城県大崎市に出発しました。

一度被災者になった身には、支援をしたい思いが特に強く
かっての支援に対するお礼の気持ちもあって素早い対応が
できていると思います。
18日朝には粉ミルク136缶、食用缶詰1,266缶、単一乾電
池744個が235人の市民によって持ち込まれました。
(この後、店頭では単1電池は姿を消したそうです)

市のホームページには、三つのお願いが記されています。
①救援物資提供のお願い
②義援金のお願い
③豊岡の平常の維持について
「私たちまで元気を失っては被災地の支援を続けることが
できません。
そのようなことから、市で予定している行事は、特別の事情
がない限り実施いたします。
皆様方のご理解をお願いします。
 
被害地域の広がりと被害の拡大につれて、予定されている
行事開催が検討されています。
城崎温泉や城下町出石を始め数々の観光地がある豊岡市
にとって影響が大きいのと、かって被災地であった経験から
得た教訓でもあるのでしょう。

先日紹介した3月20日開催の「鳥取マラソン」は、参加者等
の意見を参考にし、予定通りの開催を15日に決めました。
同じ日開催予定の「徳島マラソン」はいったん開催としなが
ら延期とになりましたが、それぞれ苦渋の決断だと思います。
鳥取マラソンには府市場区からも若手が参加します。
主催者もランナーも、この時期に開催して良かったと思える
ような内容にしてもらいたいと、結果に注目しています。
 

2011年3月17日 (木)

買い溜め 品不足

東日本大震災の影響で、首都圏の計画停電が始まった
のに合わせるかのように、一部商品の「買い溜め」による
品不足が心配され、関西圏にまで広がりつつあります。
何かの制限が始まると、不安が妄想を生み確保に走らせ、
店に品物が減ったりなかったりすると、さらに別の人が買い
に走るという悪循環です。

直近の例では、新型インフルエンザ対策のマスクがそうで
した。
あれ以降マスクは有り余るほど供給され、いまは誰も見向
きもしません。

そもそも、この現象が大規模に起こったのは、1973年(昭
和48年)。
第4次中東戦争が勃発し、OPEC諸国の値上げや減産で、
原油価格が高騰し、中東石油に依存した経済に不安を抱
えた国民は砂糖や洗剤を買い溜めに走り、トイレットペー
パーも店頭から消え、狂乱物価が生まれました。

 不安→買い溜め→品不足→不安の増幅→品切れ→
 パニック

過去も何度かあった負のスパイラルは一体いつまで繰りか
えされるのでしょうか?
オイルショックは就職して3年目、スチール事務机の工場
に勤務していた私は、買い占め・便乗値上げのお先棒を
担いでいました。
「石油危機は千載一遇のチャンス」だと社内に通達した反
社会的な石油会社も生まれました。
これらはその後の大不況で見事にしっぺ返しをされました。
 

2011年3月16日 (水)

Pray for japan

東日本大地震を知った海外の人々が日本を応援するメッセ
ージや画像を投稿しています。
それらのトップには「Pray for japan」(日本のために祈ろう)
が書かれています。
Youtubeで「Pray for japan」で検索しました。

世界から届いた感動のメッセージ ↓(8分23秒)
(twwiterへの投稿を編集しています)

http://www.youtube.com/watch?v=C77tDZ3Z5kE

「we are the world」 「Pray for japan」(5分27秒)
http://www.youtube.com/watch?v=hsrpWBARvdA&feature=related
わずかな字数の中に、温かい気持ちが伝わってきます。
便利さだけでなく、他者への攻撃も目立つインターネットです
が、感動や癒しの効果もあるのですね。 
歳を取ると感動の言葉や画像・シーンについ涙が出てしまい
ます。
 

2011年3月15日 (火)

いますべきこと してはならないこと

今回の地震の呼称が「東日本巨大地震」と「東日本大震災」
になりそうですが、次々に明らかになる惨状に何かできるこ
とがないかと考えさせられます。
いろいろいわれる中で、これはもっともだなということを挙げ
ておきます。

・むやみに被災地へ向かおうとしない
 交通機関は遮断され、救助や支援の妨げになる
・回線や道路や鉄道を混雑させない
 東日本では特に必要で、マスコミからの情報収集に努める
むやみに情報を拡散させない
 チェーンメールや未確認のブログ記事の転送には応じない
むやみに物を買い込まない
 関西でも一部動きがあるとのことでこれは厳禁
むやみに救援物資を送ろうとしない
 個人による救援物資はまだ受け付けていません
 豊岡の洪水でも中越地震でも品物が重複したり、滞留した
 りして、ゴミとなったと聞きます
・被災地のことを考え不自由でも我慢しあう
 
計画停電についてもしかり、不急な携帯を控えるなど、いろ
 いろあるけど我慢しましょう

・政府や行政を信じて協力する
 この期に乗じていろいろ批判する輩(一部マスコミも含む)
 がいますが、非常時にはまず信頼し合うことが大切
可能な人はいまできる日常をしっかり果たす
 何もかも中止や自粛では経済も回らず、元気も出ません
・できる範囲内で募金に応じる
 地域や団体・企業・グループなど募金活動が始まります
 自分ができる範囲で、お見舞いと連帯の心を届ける
  
3月20日開催予定の「鳥取マラソン」に対し、開催の是非が
寄せられています。
http://219.166.24.90/event/marathon/ouen.php
私は出場しませんが、開催する中で被災者に思いをいたし、
支援できる方法を考えたらよいと思います。 

  

2011年3月13日 (日)

人は弱い、弱いから支え合うほかない

2011年3月13日(日)付  天声人語(転載)

一時(いっとき)まどろんで、夢であってくれと思った。
でも心身は正直だ。
余震とも身震いともつかぬ揺れが抜けない。
東北の被災地まで及ばない想像力に代わり、CMの消えた
テレビが翌朝の現実を伝えた
▼岩手県から福島県にかけての太平洋岸は、水火に攻め
られ、ほぼ壊滅状態という。
凍る街に船が転がり、畑に車が散乱する。
潮は引かず、逃れ来た屋上は孤島と化した。避難所にたど
り着いても家族はちりぢり、食料や日用品が足りない。
死者・不明者は1500人を超えて増え続けている
▼福島県下の原発では、急場に炉心を冷やす装置が使え
なくなった。
住民が避難する中、放射能が漏れ、建屋が爆発する不穏
な事態に。
非常時ほどありがたい電気だが、危うい綱渡りの産物と思
い知る
▼東京では数万の帰宅難民が出た。
夜の甲州街道を、新宿方面から郊外へと、早足の人波が
車道にはみ出して動いていた。
ベビーカーを押す男女がいる、黄色帽にランドセルの少女
がいる。
都心の公共施設で夜を明かした人も多い
▼自民党幹部は「全面協力する。与党のやりたいようにや
って」と、民主党に政治休戦を伝えた。
卒業式や入試、各種の催しも延期や中止となった。
あまたの教訓は後回しでいい。日常をいったん断ち切り、
まずは国を挙げての救援活動だ
▼政治が迷い、経済はまだもろい。
そこに「観測史上最大」である。テレビを抱えて揺れなが
ら、揺られるしかない無力が悔しかった。
人は弱い、弱いから支え合うほかない。
長い災害の歴史が、日本という国の地力を試している。


筆者の強い思いに共感しました。
夕方のニュースで、県警本部長の「宮城県内の死者は
1万を超える」というコメントが伝えられ、一瞬我が耳を
疑いました。
あの阪神淡路大震災の死者が6,434名といわれます。
これから明らかになる被害の大きさに覚悟を決め、皆で
支え合う気持ちを持ちたいものです。
  

2011年3月12日 (土)

「東日本大震災」について

11日に起きた大地震・津波は、東北関東を中心として未曾
有の被害をもたらしました。
休日でもあったので、これほどテレビを見続けたことはかっ
てありませんでした。

今回の「東日本大震災」は、広範囲に及ぶ地域に、巨大な
地震と津波が合わさって壊滅的とも言える被害と、海岸に
ある石油コンビナート・原子力発電所に被害が及ぶという
複合した悲惨な状況を生んでいます。
死者・不明者が1,500人を超えると予想され、日が経つに
つれさらに広がる可能性があります。

私は戦後生まれのため、戦争や戦災の記憶もありません。
災害と言えば、子供の頃の第2室戸・伊勢湾台風と阪神淡
路大震災と2005年の台風23号を体験したくらいです。

震災後、福島原発の「炉心溶融」や「爆発」による被爆が
心配されます。
今のところテレビ・ラジオ・新聞・インターネットを見て、災
害の収束を願うのと、被災した方々にお見舞いと今後の無
事を祈るしかないのがもどかしいです。
 

2011年3月11日 (金)

東日本巨大地震・津波

東日本巨大地震ですが午後3時頃の一報から、夕方までの
報道によると東北と関東に大被害をもたらしようです。
過去最大規模のM8.8、震度7に大津波と合わせて大被害
が予想されます。
明朝になるとさらに明らかになるでしょうがとても心配です。

震源地と離れている東京も震度5とか、横浜に住む娘と連絡
が取れました。
地震の時はマンションの外に居たそうで、母子とも無事。
帰宅してもエレベーターは動かず、子供をだいて10階まで階
段を上がって帰宅したとのこと。
自宅も壁に少しヒビが入ったり、ものが落下したくらいで心配
ないようですが、東京都心に勤務している主人とやっと連絡
が取れて、電車が不通で帰れないと言っていました。

2011年3月 9日 (水)

我が家の梅見

早春には梅が似合います。
玄間前には紅梅を、裏庭には白梅を配していて、いまを盛
りとばかり咲いています。
Img_0125 Img_0116
これに黄色の蝋梅が入ればよいのでしょうが、生憎こちら
は正月に咲いてしまいました。
Img_3715_2
家の中には上海で求めた掛け
軸の白梅が咲いています。

これに続いて、紅と白の沈丁
花が蕾をふくらませています。


 

 

  

2011年3月 8日 (火)

ドラム缶ヤナギの雪折れ

会社近くの稲葉川河口に架かる尾川橋近くのヤナギの話は
過去話題にしました。
2005年の台風23号では、稲葉川と円山川の合流地域で、赤
崎・浅倉・岩中地区は堤防もなかったため大きな被害を被り
ました。

増水したときに流れ着いたドラム缶がいまでも引っかかった
ままにしてあるので、「23号のドラム缶ヤナギ」として知る人ぞ
知る存在です。
幹周り4m、直径1.3mのカワヤナギですが、大雪で大枝が折
れています。
P1010949 P1010956_3 
樹木の専門家の話では、これだけの大木は珍しいとのこと。
春になると芽を出し緑の葉に覆われて、ドラム缶を隠しますが
後半の築堤工事の邪魔になる場所なので、大洪水の生き証
人であるドラム缶ともども行く末が案じられます。
 

2011年3月 7日 (月)

放水訓練

昨年秋から日高町内で火災が続いていて、地域消防団も夜
間パトロールや住宅用火災警報機の設置促進など大忙しで
す。
新しく購入した吸水管の試運転も兼ねて、日曜に府市場区
役員参加の下、放水訓練が行われました。
エンジンポンプは昭和52年3月購入で、手押し移動式の古い
ものながらまだまだ現役を務めていますが、機動力に欠ける
ことから出動するのは近隣だけのようです。
昭和52年謹製           富士ロビン
P1010918 P1010922_2
吸水管も順調に作動       筒先は新人が担当
P1010934 P1010928 
いざ火災となると消防本部の消防車が主力ですが、地元
消防団の役割は、初期消火のほかに次々と到着する消防
車の案内・整理と消火栓や防火水槽への誘導が重要なよ
うな気がします。

薪や炭を燃料として煮炊きや暖房をしていた昔、火事は度
々発生していて、ポンプといえば、シーソーのように両側か
ら交互に押し下げしながら水を送る方式で、その様子から
子ども達は「ガッチャンポンプ」と呼んでいました。

最近は高齢者夫婦や独居老人世帯が増えていて、人命が
失われるケースも少なくありません。
財産も命も一気に失ってしまう火事には特に気をつけたい
ものです。
 

2011年3月 6日 (日)

春の菜園

雪が消えると冬野菜の片付け、越年野菜への中耕施肥、土
の天地返しなど忙しくなります。
土曜の好天で乾いた畑に出て、玉ネギ・ニンニクには施肥・
除草、エンドウは施肥・除草・支柱たて、イチゴのマルチかけ
を終えました。
玉ネギ                イチゴのマルチかけ
P1010944 P1010941
エンドウの支柱立て
P1010938_2
今週の予報は雪マークがで
ていますが、畑では芽が動き
出し、着実に春が近づいてい
るのがわかります。

2011年3月 4日 (金)

ブログコミュニケーション

ここ二・三日過去記事に対して、遠方にお住まいの方から
コメントを頂いています。
同級生のY君はブログの存在に気付いて、昔懐かしい地元
記事にコメントを入れてくれています。
奇しくも同じ3月3日に日高町宵田にある熊谷山蓮生寺出身
のMさんからも、同じ 「蓮生寺 熊谷直実 青葉の笛」 
コメントを頂きました。

多分YahooやGoogleのキーワード検索で、私のblog記事
が引っかかったものと思われます。

つい先日も、長野県須坂市のAさんから、イリタマモクケヤキ
 (入玉杢欅)
についての問い合わせを頂きました。

大した勉強もせずに思いついたことを書き綴っているだけな
ので、間違いや失礼はお許し頂きたいと存じます。
このように感想を頂くと緊張する反面、これからもコミュニケ
ーションが広がって欲しいとも願っています。
Y君・MさんそしてAさん、ありがとうございます
 

2011年3月 3日 (木)

行きつ戻りつ

先週の暖かさで一気に春へと進んだかと思うと、夜来の雪
今朝は数センチの積雪です。
山間は除雪車が出動したと聞きました。
     P1010903_2
三寒四温も同じ表現ですが、3月の雪は但馬では珍しく無い
ことで、彼岸時期の出石初午大祭にみぞれが降ることもあ
りました。
それでも春は足踏みをしているような中に、少しづつ 着実に
近づいているのが感じられます。 
そんなこんなで、「行きつ戻りつ」しながら春が来るのです。
 

2011年3月 2日 (水)

マトリョーシカ

マトリョーシカ」とは、女の子の姿をかたどったロシアの民芸
品で、入れ子式になった人形です。
「入れ子式」とは胴のところで上下に分かれて,中からひと回
り小さな人形が次々と出てくるものをいいます。
P1010872_2 P1010878
P1010884 P1010871
娘がモスクワに1ヶ月ほど滞在したとき、土産に買ってきたも
のが、我が家に残っています。
缶ビールくらいの大きさに、なんと10体が納められています。
100年と少し前から作られ始め、ろくろなどの道具を使って作
るのでしょうが、繊細で丁寧な作りは、大味・大雑把などいう
イメージを持ちがちなロシアという国の別な面を教えてくれま
す。
凝ったものは10数体にも分かれるようで、最後の1体がいつ
出てくるのか楽しませてくれます。
 

2011年3月 1日 (火)

3月の花 デンドロビウム

会社には花がなくて殺風景ですが、隣に住む友人のT君が
温室の中から差し入れてくれます。
先月は水仙でしたが、3月はデンドロビウムで、ラン科のセッ
コク仲間です。
 P1010892   P1010890_2
わりに寒さには強いそうですが、管理温度によって咲く時期
が変わってくるそうです。
派手な花ではありませんが、入り口前のカウンターで、通る
度に目を楽しませてくれます。
 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ