但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 不思議な話 新聞公正販売 Ⅰ | トップページ | スマートフォン マニュアル »

2011年1月21日 (金)

不思議な話 新聞公正販売 Ⅱ

新聞においては発行部数増が販売収入に結びつくのは当然
で、発行部数が多ければ広告媒体としての新聞の価値が高
まり広告収入の増加が期待できます。
増紙促進活動においては、新聞社側のインセンティブが強く
働くことは予想できます。

宅配を基本とする新聞制度ですが、発行部数は1997 年をピ
ークに減少傾向にあり、販売及び広告収入は縮小傾向にあ
るといいます。
市場が縮小しているのだから競争が激化するのは当然で、
当地でも販売員の訪問が目につきます。

ひところY新聞は2ヶ月無料に加え野球観戦チケットをサービ
スというのは、公然の秘密でえげつないほどの読者拡大は
有名でした。

新聞業の景品制限告示(景表法告示)及び業界の自主基準
である「新聞業における景品類の提供の制限に関する公正
競争規約」で規定される上限は、6 ヶ月分の購読料金の8%
となっているそうで、それを守っていては競争にならないので
しょう。

最近但馬と神戸に住む知人によると、かのA新聞が2年間
購読すると2万円の商品券をサービスすると言われ、誘惑
に負けたと言っていました。
(購読料合計は2年で7万2千円~9万3千円)
但馬ではM新聞、神戸ではK新聞が減らしたわけですが、K
新聞は、2年後は是非うちにと再セールスしたそうです。

紙面を競う新聞社間本来の競争の他に販売店間の仁義な
き闘いが行われています。
景品につられて購読紙を変える読者も読者だけど、そんな
売り方は自分で自分の首を絞めるだけだからやめなさい!
と言いたいところです。
新聞を選ぶ基準に、「政治スタンス」や「地元記事の充実」
などから、「景品サービス」の要素が大きくなっりました。
逆に言えばそれほど独自性が無くなったのでしょう。

景品商法を見聞きするにつけ、永年A新聞の読者であって、
何もサービスしてもらってない私が損した気になるのは、ま
だ修行が足らないかも知れません。


伊佐屋三木のblog 過去記事
「新聞考 Ⅰ」  「新聞考 Ⅱ」もどうぞ!
 

« 不思議な話 新聞公正販売 Ⅰ | トップページ | スマートフォン マニュアル »

マスコミ・出版」カテゴリの記事

コメント

新聞会社は襟を正すと入っても、売っているのは別会社ですからちゃんと管理されていませんよね。
 都会では更に下請けに出しているので、ひどいところはチンピラみたいな売り方をしてきます。
 東京では販売員と解かったのでドアを閉めようとすると足を入れて締めさせないようにしてきたことがありました。それでも無理やり追い出して締めたところ、翌日「アニキ」とよばれる方が来て、「怪我をしたようだ」と恐喝まがいに対応されて、長い間押し問答したことがあります。
 田舎でも競争が激しくなってきたのですから都会ではもっとひどくなっていると思います。

いろんな意味で競争が激しくなってきますね。
たしかに過剰サービスの先端です。
なにがそんなに儲かるの?
と思ってしまいますが、
そこはそこ、何かあるんでしょうね。
でもさすがはizayamikiさん。
きちんとオチがありますね。
「損した気分!」ですか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議な話 新聞公正販売 Ⅰ | トップページ | スマートフォン マニュアル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ