但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 火の見櫓と半鐘 | トップページ | 一般労働者派遣事業許可証 交付式 »

2010年11月28日 (日)

報恩講 安楽寺 山折講話

「報恩講」とは浄土真宗では開祖親鸞聖人の命日に行われる法
要で、宗派にとって重要な行事とされています。
豊岡市城南町にある安楽寺の報恩講で、宗教家の山折哲雄
の講話があると知り参加してきました。
P1000009  P1000008
安楽寺は浄土真宗の寺院で、天和元年(1681年)に栃江の地か
らこの地に遷座したと石碑にあり、昨年本堂新築90周年のお祝
いがなされたともお
聞きしました。
また、境内にエノキの大木があることでも知られています。
高名な学者山折哲雄氏の話が聞けると、檀家以外の人も参加し
て、本堂は超満員でした。
P1000001 P1000004_2
山折氏の故郷花巻市の詩人宮沢賢治の家族や生い立ち、浄
土真宗・日蓮宗・キリスト教を通じて、死生観・世界観を形成し
ていく過程に触れられました。
また賢治の詩や童話の世界から、現代に突きつけられている
環境問題や自然との関わり合いの大切さを示されました。
標準語偏重の教育に対する地域言葉(方言)や文化の大切さ、
「自然・天地万物すべてにいのちが宿っている」という万物生命
観など時間の経つのを忘れるほどでした。

講話の中に出てきた賢治の作品は、書き留められただけでも『イ
ギリス海岸・雨ニモマケズ・春と修羅(オホーツク挽歌)・永訣の朝』
童話では、『風の又三郎・銀河鉄道の夜・グスコーブドリの伝記・
注文の多い料理店・よだかの星・なめとこ山の熊』と豊富です。

この日は親鸞聖人の祥月命日、中川院家(
住職)が懇意にされて
いることから今回の講話が実現したそうで、これも”ご縁”というこ
とですね。
<Web講義  第16回日本人の自然観と宗教 山折哲雄>
=日本人は自然と共生し、共死してきた= 

http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/jul01-6.html
 
 

« 火の見櫓と半鐘 | トップページ | 一般労働者派遣事業許可証 交付式 »

哲学・宗教・芸術・音楽」カテゴリの記事

コメント

けさの新聞にも出てましたね。なかなか大きな講演会だったようで。注文の多い料理店、なつかしいですね。

『よだかの星』を中学生くらいの時に初めて読んだ時は、こんなに悲しい話を子供に読ませて良いのかと思ったものです。
うれしさや楽しさと同じくらい、悲しさや悔しさが人生の宝物なのだと分かるようになってきて、この作品が名作なのだと思えるようになってきました。

浄土真宗大谷派の高校・大学に通っていたので、報恩講はとても懐かしいです。

内緒の話ですが、檀那寺の報恩講にお参りせずに同じ宗派とはいえ、他寺にお参りしてしまいました。

今朝Y新聞但馬版を読んで、講話の内容が上手にまとめられているのに驚きました。
やはりプロですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 火の見櫓と半鐘 | トップページ | 一般労働者派遣事業許可証 交付式 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ